【質問】ネットの記事を見ているとすぐに車を売ったほうがよいだとか、安く売りたくないなら査定をすぐに受けたほうがよいだとかどうして売り急ぐような話をするのでしょうか?

 

確かに早く売ったほうが良いのはわかりますが、実際に売ろうと思って情報を見ると毎回このような記事ばかりで困っています。

 

これらの記事はなぜ売り急ぐような内容なのでしょうか?

事実として早く査定だけ受けたほうが買取額が良くなる可能性が高いから

【回答】車は放っておくと価値がほとんど毎日下落します。

 

これは車の価値が機能的価値、つまり利用によるもの以外にも、ブランドとしての価値が認められているためでしょう。

 

そのため、新しく登場する車によってデザインやブランドが低下すること、また機械的な老朽化によるものも含まれていて、さらに前払いの税金も1日単位で考えれば確実に価値が低下するというわけです。

 

車によってこの下落幅は変わってきますが、一つだけ確実にいえることは少しでも高く売りたいと考えているなら安く売らないようにする努力をしたほうが確実です。

 

このことをしっかり実践して欲しいというのが、できる限り早く車を査定したほうが良いということなのです。

早く査定を受けておくことのメリット・デメリット

ただし、早く査定を受けることについてはメリット・デメリットを知っておくべきでしょう。

 

先にデメリットとしては、

 

  • 車査定業者の相手をするのは手間がかかる
  • 損をしたくないけれどもめんどくさい
  • 他人に言われることに従うことに拒否したい

 

次にメリットは、

 

  • 不確実性が伴う高く売る施策よりも確実に効果がある
  • 査定は無料なので金銭的負担は無し
  • 申し込んで電話に出るだけで申込みに手間無し

 

簡単に言うと、金銭的な得が出来ることがメリットであり、デメリットは手間が掛かったり心理上の弊害といったところでしょうか。

 

これらを総合的に考えると、お金を取るか、気持ちを取るか。

 

これらの2択ですぐ査定に出すか出さないかを決めたら良いでしょう。

確かに「急げ!」という広告にも問題はある

人に言われると拒否したいという心理は誰にでもあります。

 

あなたが今まで騙されたり嘘を疲れたりしたことのない人なら別でしょうけれども、多くの方は良くも悪くもいわれたことを信じるということはしませんね。

 

つまり、人生の経験がこのような拒否を起こしているともいえます。

 

そのため、急げといわれれば拒否したくなる気持ちもあるでしょう。

 

そもそも、広告の書き方が悪いというのは私も同意します。

 

そこであなたは先ほど書いたようにお金を取りたいのか気持ちを優先したのかで決めたら良いでしょう。

数万円程度のお金を気にしないならすぐに申し込む必要は無い

金銭的にはどの程度なのか?といわれたらおそらくは数万円程度の差でしょう。

 

ただ、基本的にはあなたの気持ちを優先させるのに数万円程度と交換していることを分かったうえで選択するべきです。

 

あなたにとって数万円を得るよりも気持ちを優先させるほうが重要ならそちらを選んでください。

 

しかしながら少しでも損をしたくないというならお金を取って査定を申し込んだほうがよいです。

 

広告は嫌な書き方かもしれませんが、査定は無料で金銭的な損はしませんからね。

 

もっとも、フルモデルチェンジ情報などが発表されてしまうと数万円では収まらずに数十万円になってしまうこともありますので、それだけは注意したいところですね。

 

以上、車を売るときにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】