車の慣らし運転必要性についての質問です。

 

車の慣らし運転は今も必要なのでしょうか?

 

最近、新車を購入したのですが職場の上司から慣らし運転についてちゃんとするように言われました。

 

過去においては、確かに車が壊れやすいこともあり、慣らし運転をしっかりしなければいけないということを聞いたことがありますが、現在の車でも気にする必要があるのでしょうか?

 

慣らし運転が必要ならば、その方法などについても教えてください。

 

よろしくお願いします。

質問者は新車を購入して慣らし運転の必要性とその方法について聞いていますので、こちらでは簡単に答えていきます。

昔ほどではないが現在も重要

車は機械部品の集合体ですから、慣らし運転はどんなに技術が高くなっても必要でしょう。

 

というのも、新車購入から初めのエンジンオイル交換はとても汚れているのです。

 

ディーラーの点検関連がある場合には、早い段階でのオイル交換が勧められることから、慣らしが必要なのはわかってもらえると思います。

 

ただ、昔のように極端に気にする必要はありません。

慣らし運転の方法は無理な運転をしないこと

慣らし運転の方法としては、車に負担をかけないように乗ればよいだけです。

 

車に負担が掛かる例としては、次の3つが代表的です。

 

・エンジン回転数を上げ過ぎない

・マニュアルならクラッチを強引につながない、オートマならキックダウンを多用しない

・車が冷えている状態で酷使しない

 

主にエンジンとミッションやデフなど、機械的に負担が掛かる部分について、無理をしないということが重要です。

 

大体走行距離5000kmほどは慣らし運転期間になるので、それまでは特に車をいたわってあげてほしいですね。

定期点検があればメンテナンスに関しては問題ない

慣らし運転中には、エンジンオイルなどが特に汚れます。

 

これは工場から出荷されて、機械的な部品同士があたりをつけている状況で、お互いにちょうどいいように削れていることなどから、オイルの汚れが酷い状況になるのです。

 

新車で買ったときには、早期にオイル交換などをするように言われるので、定期点検にいけばそれほど心配はないでしょう。

 

あまりこのような人はいないと思いますが、面倒だからといって早期の定期点検を怠ることの無いようにしたいものですね。

特に長く乗りたいなら慣らし運転を気にしたい

慣らし運転は現在も重要です。

 

機械部品はどうしても利用しながら、慣らしていく必要がありますから、この期間は車に無理をさせないようにしたいものです。

 

特に最近は、車を買って3年ほどで売るというより、10年近く長く乗るつもりで購入している方も多いようです。

 

売るから荒く使ってよいというわけではありませんが、逆に自分で長く乗るならばしっかりと車をいたわることで、長く安全快適に乗ることができますので、そのスタートラインがこの慣らし運転ということになります。

 

5000kmぐらい慣らせば、機械部品同士ある程度慣れてくるので、特に最初ほど車を丁寧に扱ってあげてください!

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】