車を売るときに、事故をして修理したことを言う必要があるのでしょうか?

 

多くの方は、車を出来る限り高く売りたいと考えるので、このようなことが気になるのは当然でしょう。

 

ただ、事故をしていたことを言わないことで、何か賠償問題になったら大変です。

 

こちらでは、車を売るときの事故修理について、告知する必要があるのかということを説明していきます。

基本的には事故暦があることを言うことになる

事故暦は隠したいと考えるユーザーは多いでしょうけれども、多くの場合には事故暦があることを言う必要が出てきます。

 

というのも、車を売るときには査定を行いますが、この事故暦があるかどうかをチェックするといっても良いものです。

 

ですから、あなたが言わなくても査定業者はしっかりと事故車かどうかを確認しています。

 

ただ、事故車であることをあなたは知っていて、それを聞かれたのに隠した場合には、損害賠償される可能性があります。

 

さらに、業者としてはそのような一種の保険のようなものを張っておきたい気持ちもあるでしょうし、商売でやっていますからこの責任は売主にも負ってもらうべきと考えています。

 

そのため、事故車でないかと質問を行うか、もっと確実に書面での確認を行うので、この時点で隠すことは出来ないということになります。

前オーナー以前のことは分からない場合

とはいえ、自分の保有している期間外では、修理したか事故があったのかということは分からないものです。

 

聞いているならばまだしも、個人売買のような状況でなければ、そうそう把握できるものではありませんよね。

 

知っていることについては告知しなければいけませんが、知らないことについていうことは当然できませんから、このような状況が存在しても、あなたが致命的な立場になることはほとんど無いでしょう。

 

そもそも、これを発見するために査定をしているわけで、それを発見できないのはいかがなものであるかと考えてしまいますよね。

事故暦と修復暦の違い

一般に事故車というと、事故をして修理をした車であり、何かしらの欠陥を持っている車という印象ですが、実際のところはそれほど簡単ではありません。

 

まず、大きな事故をして、車の骨組み部分まで損傷が及んでしまった場合に、これを完全に直すことは不可能です。

 

そのため、このような状況を修復暦と呼んでいて、修復暦がある車が一般で言うところの事故車に該当するでしょう。

 

では、事故をして修復しただけの車、つまりは修復暦が無い車について査定は落ちるのでしょうか。

 

部品点数として、損傷が残っているような場合は、その点について評価を落とされる可能性はありますが、車としては修復暦がある車ではないのでそれほど影響しません。

 

知識として知っておきたいのは、大きな事故で骨組み部分まで損傷してしまった場合には、修復暦が付くので車の価値が下がってしまい、軽微な事故ならばそれほど車の価値は下がらないということです。

 

なので、事故車だからといって査定評価を不当に下げられないように注意してください。

欠陥は隠すようなことはしないが吉

質問を受けた点について正直の答えることは、とても大切なことで、もしかするとここで虚偽の告知をすることで、後の損害賠償される可能性も否定できません。

 

聞かれなければ問題ないかといえば、まあ問題ないのですが、知っていることについてはある程度話しておいたほうが良いでしょう。

 

損害賠償の問題になった場合には、争いが法廷まで持ち込まれるとそれはそれで手間です。

 

法的争いをするお金と時間があればまだしも、多くの方は車を高く売りたいだけで、そのような状況は避けたいものでしょうから、こういったリスクを下げておくのは重要なことです。

 

そのため、欠陥を知っているならば基本的には隠すことなく、告知しておくほうが後になって面倒ごとに巻き込まれなくて済むでしょう。

 

情報を集めて誤ってしまうのは、争いになっても勝てるかどうか、正しいかどうかを考えるわけですが、法廷まで争いを持ち込んだ場合には、勝っても面倒は消えません。

 

できれば精神衛生上、欠陥は告知しておくほうが良いと考えていますが、いかがでしょうか。

 

私は車を売ることで、訴訟されるリスクを持っておくというのは避けたいのですが^^;

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】