新車を購入して一番嬉しい瞬間というのは納車されたときではありませんか?

 

ただ、そんなときに傷などを発見してしまったら気分も落ちてしまいますよね。

 

このような新車納車が行われたときにおいて、傷がついていた場合は保証されるのでしょうか?

納車前についた傷ならば賠償を請求できる

まず、納車前についた傷は補償されて当然です。

 

ただし納車前であることを必ず証明する必要があるでしょう。

 

納車を行う前の傷というのは、全面的に販売店側などが負うべき責任であり、これを補償しないとなれば取引という行為自体に疑義が出てしまいますよね。

 

そのため、あなたが関与できない納車前についた傷は補償されるべきであり、必ず補償を請求するべきです。

納車後は基本的に賠償されない

それに対して、納車後についた傷では補償されないでしょう。

 

納車後に気が付いた傷であって、それが納車前についた傷や欠陥であるというならば話は別ですが、納車後の傷まで補償していたら車屋はつぶれてしまいます。

 

重要になってくるのは、傷がついたのは納車前なのか、それとも納車後なのかという点です。

 

この前後を分けるのは、納車されたときですから、このときにしっかりと車の状態を確認しておかなければならないのは明白ですね。

 

さて、納車前ならば補償されるということですが、どのような補償を受けることができるのでしょうか。

どんな賠償になるのか?

結論として、現金による払い戻し、つまりは車体の値引きはとても難しい現状にあります。

 

そのため、何かしらのサービスでこの補償を代用するような状況になると思います。

 

良くあるのは付属品などですが、要らない付属品をもらっても仕方がないために、できればそれ以外のサービスで補償を受けたほうが望ましいでしょう。

 

もっとも嬉しいのは、無料で点検や整備をしてくれる権利などは販売店側の都合上もサービスし易いことや、車検の点検はほとんどの場合に出費になりますので、それを節約できれば実質的にはお金を節約できます。

現金の値引きはとても難しい理由

現金での値引きが難しい理由には、販売上のルールがあるためです。

 

新車を値引きするのは理由が必要で、一番大きな理由は競争状態にある場合に、値引きをすることで売り易くするというものです。

 

これの決済にはある程度範囲が与えられているものの、その範囲を逸脱することがとても難しいのです。

 

この範囲を超えるときには、上位の決済が必要であり、許可なしに値引きなどが出来ないという状況になります。

 

したがって、販売店では下取査定の評価をあげたり、または付属品をサービスすること、また車検や点検サービスなどによって代用することで、値引きを実現している現状にあります。

納車されたら必ず車の状態をチェックする

最後に車を購入した場合に、納車されたときは車の状態を必ず確認するようにしてください。

 

少し厳しい言い方をすると、車の状態を確認して問題ないかを評価するのは購入者の義務です。

 

それを果たさずに後になって傷があったといっても、対応が難しくなるのは当然でしょう。

 

したがって、必ず車の状態は確認して、何か問題があったときには納車前に発生したものであることを指摘することはとても重要です。

 

その期間は限りなく短いので、忘れるということはないでしょうけれども、車は高い買い物なのでいつもより厳しくチェックするようにしてくださいね!

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】