新車を買ったときには、納期が安定しないことが多くあります。

 

特に人気がある車ではその傾向が顕著であり、ディーラー側も目安として納期を伝えている状況になるでしょう。

 

ただ、購入側から考えれば納期が遅れることで、エコカー減税が受けられなくなったり、予定していたレジャーに車を利用することができなくなるなんていうことも起こりますよね。

 

こういった納車の遅れによる損害について、値引きやサービスを受けることは可能なのでしょうか。

相手が納得する理由を伝えて妥当なサービスを受ける

納期遅れによる損害については、何について困っていてその問題における解消法として、交渉に持ち込むのが妥当でしょう。

 

例えば、エコカー減税に間に合わないことが納期遅れによる部分であれば、エコカー減税相当額の値引きでも良いです。

 

また、レジャーに新車を利用する予定だったのに納期が遅れるのであれば、代車を無料で手配させるということも大切でしょう。

 

このように、納期の遅れによってどのような問題が生じているのか、という点で相手が納得できて、その賠償に要求する値引きやサービスがあることが大切です。

強硬姿勢をとると損をすることもある

一番やってはいけないのが、クレームを付けるとしても強硬姿勢をとることでしょう。

 

そもそも、車の納期については販売店側では、納期遅れによるクレームを付けられない、または付けにくいように、契約書には明記していない場合が多いです。

 

契約書にある程度の目安として書いてある場合においても、納期が前後することについては承諾している旨の記載がある場合がほとんどでしょう。

 

納期の遅れについては、販売店がどうにかできない部分が多く、このようなことについて必要以上にリスクをとらないとするのは当然です。

 

そのため、納期遅れについて文句をいうことはできても、それが効果的に交渉に役立つかどうかということは難しい面があります。

 

このような状況を考えると、強硬姿勢をとっても納期遅れについてはあらかじめ契約上で対処されていることが多く、サービスなどの交渉は相手ありきである場合が多いということになります。

 

ですから、強硬姿勢をとっても良いことが無いのは明白ですね。

 

納期遅れについては、販売店に同情してもらうぐらいの気持ちで交渉をしたいものです。

納車遅れはキャンセルの理由になるか

ただ、どうしても許せない状況があるということもあるかもしれません。

 

例えば、販売店の担当者に特定の時期までに車を用意するような状況で、引き合いに出されて購入したというようなケースです。

 

このようなときには、強硬姿勢をとって車の売買契約をキャンセルするということは十分に考えられますし、怒りをぶつけるにはちょうどいい方法かもしれません。

 

ただし、この場合にも多くの場合には納期遅れはキャンセルの理由とならない場合が多いです。

 

というのも、やはり契約書において納期を明記することが少ないためです。

 

また、納期が明記されている場合においても納期が前後することがあることや、それによる損害については賠償しないということが契約書に盛り込まれているはずです。

 

この状況下では、納期遅れによるキャンセルはあなた都合の契約解除とされる場合もあり、そうなると損害賠償を受けるのはあなたということになりかねません。

 

そのため、納期遅れがキャンセルの理由になるかは、契約した状況によるというわけで、多くの場合にはわざわざ車を購入することを決めているわけで、怒りに任せてキャンセルをする必要は合理的に考えると妥当ではありません。

 

考えられる損害については、妥当な交渉をすることで解決するようにしたいものです。

しっかりとクレームを付けることが大切

最後に納期の遅れについては、販売店側においても想定されていることです。

 

ですから、納期遅れが申し訳ないとしつつも、責任については販売店が負わないような契約になっていることがほとんどでしょう。

 

とはいいつつも、やはりレジャー利用を目的としている場合や、エコカー減税を目的としている場合には、多少の損失がありますので、これについてはクレームをつけることで、多少対応してもらえる可能性があります。

 

賢い人は、このような納期遅れが起きた場合には、減税相応額の値引きをするように、条件を盛り込むことが一番でしょう。

 

ちなみに、消費増税やエコカー減税が終わったあとは、その前の駆け込み需要によって、その後の販売量が落ちますので、ここで値引きを充実させるような動きになります。

 

このような状況がありますから、納期が間に合わなくても値引きする土壌は存在するということは、交渉するうえで少し楽になるのではありませんか。

 

いずれにしても、究極的にいえば納期遅れについて、販売店には直接的な責任はありませんし、契約上も責任を負わないように作られています。

 

これを考えると、値引きやサービスを受けるのは交渉ありきということになるので、事前に購入前に交渉できるならば越したことはありませんが、何かあった後でもしっかりと理由をつけて交渉をするようにしてください。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】