新車を購入するとなったときには、車の売買契約を交わすことになりますね。

 

ただ、致し方ない理由があって、この契約をキャンセルしなければいけない状況になったときは、無条件で契約を白紙にすることが可能でしょうか。

 

こちらでは、新車の売買契約をキャンセルする場合に、いつまでにするべきかという点についてお話します。

早ければ早いほうが望ましい

契約をキャンセルする場合には、できれば契約前にするべきで、契約してからでは遅すぎます。

 

とはいえ、契約が完了してしまったという状況での話しですので、つまりは契約解除については早ければ早いほど良いということになります。

 

事はこれほど簡単ではないのですが、例えばメーカーオプションでサンルーフをつけたり、特別な内装を施す場合には、その特定の人の注文で車を製造しているので、途中でキャンセルというのが難しいのです。

 

しかしながら、致し方ない理由がある場合には、早めにキャンセルを行うべきでしょう。

なぜ無条件にキャンセルすることができないのか?

新車の場合には、販売店から車の発注を行いますので、この後にキャンセルとなるとこの車をどうするのか?という状況になります。

 

他方、着工しているならば仕方ないにしても、着工前ならばよいのでは?という考えもあるかもしれませんが、これを認めることが難しいシステムになっています。

 

トヨタでは、注文が入ってから部品を発注するようなシステムをとっていますし、他のメーカーも現在では同様である場合が多いです。

 

つまり、一回注文が入ればもう止められないという状況になるので、基本的に無条件キャンセルは難しいということになるでしょう。

違約金が必要な場合がほとんど

無条件のキャンセルが出来ないということは、違約金を払うことになるのか?というわけですが、ほとんどの場合にはそうなるでしょう。

 

違約金については、契約時の取り決めに応じて行われます。

 

新車を販売しているディーラーが法外な違約金を取ることはなかなかありませんが、もし法外であると考え払うことを拒否するならば、法廷での争いになるでしょう。

 

なお、法外かどうかは主観ではなく、おそらくはキャンセルをしたことによる損害相応額になると予想します。

 

人によってはこの金額が高いと感じるかもしれませんが、やはり一度動き出した商談をキャンセルとなれば、それなりにお金がかかるのを覚悟するべきでしょう。

キャンセルするならお早めに!

このようにキャンセルするには一番良いのは契約をする前であり、契約をした後においては遅すぎることになります。

 

ただ、そのような状況であっても、できる限り早くキャンセルすることで、損害額を小さくでき、結果として両者が穏便に契約解除できる可能性が大きくなります。

 

ですので、キャンセルをどうしてもしなければいけないならば、できる限り早く行うべきであるという点は重要です。

 

どうしても大きくも小さくもトラブルにはなりますので、これはお金で解決する問題ということは覚悟しておいたほうが無難でしょう。

 

世の中、お金で解決できない問題も多いなかで、逆にお金で解決できるならば簡単だ!ぐらいに考えておくと気が楽かもしれませんよ^^;

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】