車を下取に出したときに、思ったよりも査定が安いと感じることはありませんか?

 

多くの車オーナーがいうには、下取査定の金額に不満があるということです。

 

近年では、これを解決するために他の業者にも査定を依頼して、競争させると良いということを言いますよね?

 

ただ、新しく買う車は商談が進んでしまっています。

 

下取については、新車の値引きという評価で査定されるのですが、ここで買取査定が有利であった場合には、下取をキャンセルすることは可能なのでしょうか?

 

こちらでは、下取をする算段で進んでしまった新車購入の商談について、キャンセルできるのか?そしてお得に買うならばどうすれば良いのかを確認していきます。

契約の前ならばキャンセルは可能

まず、車を購入することや下取をするという約束事を契約していなければキャンセルすることは可能です。

 

もちろん、下取をすることでその転売分を利益として考えているので、ディーラーは良い顔をしないわけですが、契約前であれば特に問題はありません。

 

そのため、下取査定金額に不満があるならば、契約を気軽にしてはいけないということになります。

契約によってはキャンセル料などの違約金が取られる

他方、契約をしてしまった場合には、契約をあなた都合で解約するためには、違約金を取れらることがあります。

 

多くの場合には、契約書による契約を交わすことになりますので、口約束程度では違約金を請求されたりすることはありません。

 

ただ、例えば特別な改造を施すなど、特定の人しか使えないような状態にすることを依頼した場合には、損害賠償請求をされる可能性はあります。

 

とはいえ、このようなケースはほとんど考えられませんし、ここでは下取についての話ということですから、そんなこともあるぐらいで考えておけば問題ありませんね。

下取値引き分を車体価格に含ませる理由

ところで、ディーラーなどで下取を依頼したときには、いくら値引きがあるのかということが分離されていないケースがあります。

 

つまり、総額としてこの金額!という表示になっているので、下取評価がいくらで、車体価格からいくら値引きされているのか判断することが難しいということです。

 

このような方法は、下取評価を他の査定と比べられないように、もしくは比べにくくしているといってよいでしょう。

 

基本的には、車体価格と下取評価額による値引きは分離して表示しなければいけないのですが、業者も商売ですからここは比べて欲しくないのでしょう。

 

とはいえ、客側から要求されれば説明しなければいけない義務がありますので、不明瞭表示になっていた場合には確認するようにしてください。

最もお得なのは下取査定も買取査定と比較すること

わざわざ下取をキャンセルするということですから、多くの方は下取査定とは別の業者に査定を依頼するでしょう。

 

このときに重要なのは、最終的に下取評価による値引きも、買取業者に車を売った場合も、どちらも新車にお金を充てるならば変わらないということです。

 

つまりは、下取と買取の査定は競合状態にすることができるということ。

 

多くの場合には、買取査定のほうが金額的に有利になるのですが、下取を依頼する場合においても査定を比較することは大切なことです。

 

下取は新車を買う場合には、登録業務などを代行してくれることが多く、買取業者に任せてしまうと手間が多く掛かることもありますね。

 

ですから、最終的にディーラーとの付き合いで下取に出すとしても、この下取評価の交渉を有利にするためにも、査定額を比較するために他の業者の査定を受けるべきでしょう。

 

これについては、業者は意味もなく利益を削ったりしないということを覚えておいてください。

 

つまり、値引きするというのは売る目的があるからするわけで、善意でわざわざ利益を減らすようなことはないということです。

 

50万円の価値がある車を100万円で買いたいという客に、実質的な価値は50万円だから利益を上乗せして60万円で結構ですよ!とはなりませんよね?

 

あなたが逆の立場ならば、多くお金を払ってくれる相手にわざわざ利益をあげるなんてことはしないはずです。

 

話は長くなりましたが、値引きをするためにはそれ相応の理由が必要なので、下取をすると決めていても査定は比較してくださいね!

 

もちろん、下取よりも買取業者に車を売ったほうが、ほとんどの場合は条件が良いことが多いのですけれどもね^^;

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】