車が好きな人がまず車の改造というとマフラーの交換をすると思います。

 

アクセルの開閉を音で実感できるというのは、車を操作しているという気分に浸れる。

 

車好きにも色々なタイプが居るでしょうけれども、車の排気音が好きだ!という方は少なくないでしょう。

 

マフラーを変えるのは比較的簡単に行うことが出来るライトチューンですが、ここでひとつ疑問があります。

 

マフラーを変えるような軽い改造であっても、やはり車を売るときに不利になるのでしょうか?

 

もし車を売るときに苦労しないような、ほどほどなラインなんていうのがあれば教えてください。

マフラーの音量と車の種類によって異なる

車は欲しい人がいて初めて市場がありますので、改造車でも欲しい人がいるかどうか。

 

車種と改造の度合いに見ていくことになります。

 

また欲しい人という観点では、販売店と購入者という分け方も出来ます。

 

まず車屋の立場と多くの人の趣向についてお話させていただきます。

実は車屋は改造車を取り扱いたくない

車屋は車検に通らないような車を売ることを避けます。

 

その理由はこういった車は無条件で修理する必要があったり、何か事故や事件が起きたときには世間に叩かれるためです。

 

前提条件として、車を販売する側は車の基礎的性能が発揮できる車を売らなければいけません。

 

車の基本性能というのは、「走る・曲がる・止まる」といったところですが、これに合わせて適法性があるかどうかも関わってきます。

 

そのため、どうしても改造した車を売るようなときには競技用に利用することを承諾するなんていう一見すると面倒な手続きをしなければいけない、車屋からするとこれは免責手続きとなるでしょう。

 

たとえマフラーひとつであっても、大音量の車を販売するわけにはいかないというわけです。

 

ですから、車屋として改造車を仕入れると結局ノーマルに戻さないといけない可能性があるので避けたがりますし、改造するような車を保有しているオーナーは車を大事にする方とそうでない方が両極端なので嫌がるという趣向もあります。

購入者は改造されてあって嬉しいのか?

車を買う方はいろんな方がいらっしゃいます。

 

免許を取り立ての方や年金暮らしの方、会社経営者が節税に利用したり、子供が生まれる夫婦など。

 

マフラーが改造されている車は、どんな人が喜んで買って、そういった人はほどほどにいるものでしょうか?

 

もしいないと思ったのなら車を売ることについて苦労するかもしれません。

 

逆に欲しい人は必ず、しかも多く居る程度の改造と思えるなら売ることに苦労しないでしょう。

 

このことは、実は車を改造する方も薄々感づいているはずです。

 

あなたの車を欲しがる人は多くいますか?

車の種類に合わない改造は苦労する可能性大!

軽自動車に対して派手な改造をするような車は間違えなく売ることに苦労するでしょう。

 

多くの軽自動車ユーザーはそれを望んでいないからです。

 

また、最近流行のミニバンもあまりマフラーを変えることは望ましくありませんが、郊外にいくとそういった車も多く走っているので、それほどうるさい音でなければ若年層狙いで市場はあるかもしれません。

 

少なくとも、軽自動車に対してマフラーを交換するよりも、ミニバンのほうがまだマシでしょう。

逆にマフラーを変えても困らないようなケース

スポーツカーならばマフラーを変えていても、欲しいという方が多いので市場が存在するという点に関しては問題は少ないです。

 

極端な例ではポルシェのスポーツマフラーは中古車であっても価値がほとんど下がらない、もしくは価格が広すぎて分からないという現状でした。

 

身近な例では、少し古い車ですがホンダS2000なども、あまりにもうるさいマフラーで無ければむしろ喜ばれる傾向にありました。

 

当然、車検に通らないようなマフラーでは話になりませんが、その範囲の内であってスポーツカーなどマフラーを変えることに適合している車なら問題ないケースが多いです。

純正マフラーがあるならば一緒に引き渡せば問題なし

正直、マフラーを変えて車を売るときに苦労しますか?と質問があるのは、スポーツカー以外でのマフラー交換は影響がありますか?という質問なのかもしれません。

 

はっきりいって影響はあります!

 

だって多くの方はマフラーが変わっているファミリーカーなんて興味ないですから^^;

 

でも、車を売るときに純正のマフラーも一緒に引き渡せば車を売るという点に関していえば問題ありません。

 

出来る方は査定前に純正に戻しておいて、社外マフラーをヤフーオークションなどで個別に売るということもするようです。

 

なぜこのようなことをするかといえば、車買取査定においてはあまり社外品は評価されず、場合によってはマイナスになるからです。

 

そのため、対個人においてはある程度の価値で売れるものに関しては個別に売るというのが通例のようです。

 

もし、少しでも車を高く売りたいと考えるならば、純正パーツに戻して社外マフラーは個別に売りましょう。

 

そのときの注意点は、査定前に交換すること、査定後には外してはいけないこと。

 

これを守ってください。

 

以上、マフラーを交換した車を売るときのお話でした。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】