うちにある車は走行距離10万キロは超えてなんと12万キロになろうとしている日産のキューブキュービックです。

 

このような古く、そして使いつぶされた車を買取してくれるって本当でしょうか?

 

この話を友人から聞くまでは廃車にしようと思って各種手続きなどを確認していたのですが、こんな古い日産のキューブを欲しがる人なんているのでしょうか。

 

もし、車買取を依頼できるのであればと思い、こちらに質問させていただきました。

 

よろしくお願いします。

古い車でも価値がある場合がある

まず動く車や税金が払ってあったり、車検が残っている車ならば少なからず価値があります。

 

最悪動かないとしても資源的な価値として、鉄くずとして1万円~3万円ほどの価値が認められています。

 

さらにあなたは既にリサイクル料金を払っているものと思いますので、自信で廃車手続きを行わないとしたらこの分の価値もあります。

 

つまり、車というのは古くても価値があるのです。

なぜ古い車であっても買取を依頼できるのか?

なぜ世間では登録後10年で査定が0円になる、走行距離10万キロで価値が無くなるなんていわれるかといえば、車買取店側の都合だったりします。

 

そもそも、考えてみると動く車が価値0なんてありえないですよね?

 

でも、世間一般ではそのように納得されている、ここに買取店や輸出業者はビジネスチャンスがあるように思えます。

 

つまり、言葉遊びみたいで申し訳ないですが、査定0円と価値が0円は分けて考える必要があるでしょう。

 

そして、妥協しなければ車は0円以上で、少なくとも3万円ぐらいにはなるのではないかと思います。

輸出先で大人気の日本の車

海外に旅行にいったことがある方ならば、多くの古い日本車を国外で確認できたのではないでしょうか?

 

海外の車ユーザーは走行距離や年式をそこまで気にしません。

 

というのも海外では車は壊れることが前提ですから、壊れて大事になる日本とは少し事情が異なります。

 

海外では特に悪路を走ることが出来る4WDやSUV、ワンボックスなど人気があるようです。

 

実用的な車なら古い車でも買取に期待できるでしょう。

廃車依頼をする前にまずは買取依頼をする

車を買取に出せるなら、廃車依頼するのは大変もったいないです。

 

廃車でお金がもらえるケースはほとんどなく、場合によっては手間賃を請求されるかもしれません。

 

ここまでお話したように、動かなくても車には価値がありますし、動くのであれば数万円、海外需要も考えると十万円台ということも全然ありえます。

 

トヨタハイエースなどの実用的なワンボックスでは40万円という査定に私は驚いたことがあります。

 

軽自動車だと多少厳しいかもしれませんが、普通車であれば買取査定に多少期待してもよいのではないでしょうか。

 

ですので、まずは買取査定、そこで価値が付かないようならば廃車依頼を手配すれば、一番お得になりますのでうまくご活用ください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】