家にある車は動かないわけではないのですが、ライトがつかないという軽度の故障があります。

 

やはり壊れているよりも直したほうが車の売値もよくなるのではないかと思い、ライトぐらいなら私でもなんとかできるような気がしますのでやってみようかと思っています。

 

ただ、このような場合には直してから車を売ったほうが良いのでしょうか?

 

よろしくお願いします。

修理の必要無し!故障車は修理せずに車を売ったほうがお得

軽度の修理から動かない車を直すような重度の修理まで、何もせずに車買取業者に売ったほうが最終的にお得になります。

 

もちろん、直したほうが売値自体はあがる可能性が大きいでしょう。

 

ただし、あなたの思惑としては修理したり交換した費用については査定額の向上で回収するという思惑があるのだと思いますが、実際にこれが難しいのです。

 

そのため、直さずに車屋に売ったほうが最終的には金銭的に得となるでしょう。

なぜ故障車は修理しないほうが良いのか?

車買取店には自社内に修理できる会社を持っているケースや関係会社に安く修理依頼できるケースが多いです。

 

それに対して、あなたは一般価格での修理となりますので、業者に対して高い利益を払う必要があるでしょう。

 

これらを比較するとどうしても、あなたが修理した費用よりも業者が買い取ってから修理したほうが安く済むことがほとんどです。

 

したがって、安く修理できるという見込みなのにあなたは一般価格で高い修理費用を払ったとしても、業者としてはそれを車買取額に反映させる量は小さくなる。

 

このことで、あなたは修理をせずに車買取店に任せてしまったほうがよいということになります。

 

以上が、あなたが払った修理費用を車買取額の金額向上で回収することが難しい理由となります。

高く売りたいと考えるなら故障車はそのまま査定に出せば良い

車を売るためには欠陥を残したくないというあなたの気持ちも分からなくないですが、車を修理するのは買取業者に任せてしまいましょう。

 

そのため、故障をしている箇所があったとしてもすぐに査定に出してしまったほうがお得になります。

 

なお、査定の時に見逃すことは少ないと思いますが、仮に見逃して後々発見した場合には損害賠償される可能性もありますので、分かっている故障場所に関しては事前に告知しておくことが望ましいでしょう。

※売主の瑕疵担保責任(民法566条・570条):売主は買主に対して、売却したものに関しての隠れた瑕疵(この場合故障)についての責任を負うものとする

 

以上、故障車を売るときには修理せずに売って大丈夫です。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】