融資が通るか通らないかというのは、精神衛生上あまり良い状態ではないですね。

 

私もそういった経験がありますが、ほとんどは通りました。

 

逆に通らなかったこともありますが、とても悔しい思いをした記憶が有ります。

 

というのも、融資の審査は何度も申請すると門前払いをされてしまうので、一発で決めるつもりで行かないと結局車を買うことが出来なくなるからです。

 

そのため、ローンやクレジットの審査が通らないと思うなら少し慎重に動かなければいけません。

過去にいわゆるブラックだったが今は大丈夫か確認する方法

信用情報に自信がないという方は少なく有りません。

 

私もそのようなときがありましたので、凄く気持ちは分かります。

 

実は現在は、あなたがインターネットで自分の信用情報を確認することが出来るのをご存知ですか?

 

⇒パソコンやスマホでCICという団体の信用情報開示はこちら

 

確か融資関連は信用機関が複数あったと思いますので、気になる方はwikipediaを確認したほうが早いでしょう。

 

⇒wikipedia:「信用情報」について

 

500円ほどで信用情報が取得できるのと、審査を行う前には必ず信用情報について同意があるのでその信用機関を参照したらよいと思います。

 

正直、金融事故情報が消えるまでの年数や集中的な申込みについては信用機関によっても異なりますし、融資会社での取り扱いも変わってきますので、一概に言えないところが審査の難しいところでもありますね。

 

自分で確認するのが一番でしょう。

住宅ローンは車ローンに大きな影響はない

住宅ローンは金額が大きいので、車ローンへの大きな影響が無いのが特徴です。

 

つまりこういうことです。

 

住宅ローンを組んでいるので家計が圧迫しているから融資が難しいというのは、住宅ローンの金額的大きさを考えると当然に車ローンを組めないことになります。

 

ただし、それは住宅をローンで買っている方はほとんど該当してしまうので、これについては多少考慮がされるということになります。

 

したがって、住宅ローンが大きいからといって車ローンが必ず通らないようなことはありません。

 

ただし、反対に車ローンが大きくて住宅ローンを通そうとすると若干困った状況になりますので注意しましょう。

信用力が心配だからといって高い金利を選ぶ利点は乏しい

一般に金利が低い融資ほど審査が緩やか、言い方によっては甘いといえます。

 

それは当然で、貸し倒れのリスクが大きいからこそ大きな金利を要求するというのでこの倫理は正当なものです。

 

ただし、私としてはこのような状況に入ってしまうことはお勧めしません。

 

あなたが家計が厳しく、信用力が足りなくて高い金利の融資しか受けられないような状況であれば、その融資を選ぶことについて考え直したほうが良いでしょう。

 

というのも、車というのは保有するだけでお金がかかりますので、せっかく買っても家計にお金がないのでは使えないからです。

 

その結果、車を手放すことになるという方は少なくありません。

 

仕事や生活でどうしても必要という場合以外、レジャーや趣味で保有するときには必ず余裕を持って車を買うことをお勧めします。

 

基本的に引く手あまたな取引のように思えますが、実のところ車はいつ買おうがそれほど変わらないですし、後で買ったほうがお得な場合がほとんどです。

家計が厳しいときほど返済期間が長くて金利が高くなるのはご法度!

以上の理由より、家計が圧迫しているときには金利が高く、返済期間が長い融資を組んではいけません。

 

特に、クレジット契約でこの返済期間が無くて金利が高いというのは最悪なので、絶対に避けるようにしましょう。

 

クレジット契約では所有権はあなたにありませんので、いざというときにも車を手放すのは大変苦労します。

 

審査が厳しいと感じるなら信用情報を開示して、頭金を出来る限り用意できるように下取車があるなら買取査定も検討して、3ヶ月からボーナス1回分ぐらいまでお金を貯めてから車を買うようにしたほうが無難です。

 

何度も申し上げますが、欲しいという気持ちが大きいときには今を逃したら手に入らない車なんて思いますけれども、後で買ったほうがほとんどのケースではお得ですから、急ぎすぎる取引はしないようにしてくださいね。

 

以上、車を買うときにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】