最近の軽自動車は屋根を高くして車内空間を大きいため、若年層を中心に生活車として人気があります。

 

このような状況ですが、何か不満があるかといえば軽自動車のマーケティング上の都合かもしれませんが、外観の地味さです。

 

軽自動車は比較的安価で販売しなければ競争優位を確保できない、もっと簡単ないい方をすると売れない可能性があるので、出来るだけ他メーカーよりも安く作って価格を抑えたいのです。

 

そうなると外観まで豪華にする余裕はなくなり、どうしても地味な見た目になってしまう状況があります。

 

こんな状況の打破はカスタムモデルを選択することで解決します。

 

ここでは大型の軽自動車についてカスタムモデルの内容を見ていくとともに、どういった傾向があるかをみていきます。

 

なお、価格差としては通常モデルが120万円スタートのところ、カスタムモデルの多くは150万円前後スタートなので、30万円ほど高くなると思ってください。

外観に不満があるならばカスタムモデルを選択するべき

外観の変化はカスタムモデルを選ぶことで大きく変わります。

 

どのメーカーでもフロントグリル周りをメッキ仕様にしたり、ライトにLEDを利用する、または形状が変わっているなんていう場合もあります。

 

また、アルミホイールを標準装備しているモデルがほとんどでまさに魅せるためのモデルという印象です。

 

ただ、場合によってターボが搭載されているなんていうケースもありますが、基本的にカスタムされるのは外観であって、性能面では変化がない場合が多いです。

一番大きな変化があるのはスペーシアカスタム

大型軽自動車でカスタムモデルを選んだ時に一番効果があるのは、スズキスペーシアです。

 

標準モデルがちょっと地味であることを考えると、カスタムモデルを選択したときの変化が大きいからです。

 

特に大型軽自動車は「タント・スペーシア・N-BOX」で選択比較されることが多いですが、見た目は地味でも性能面ではスペーシアが優位である場合が多いです。

 

性能面で有利で、さらに地味な外観を何とかしたいなんていうときには積極的にカスタムモデルを選びたい車です。

 

⇒「タント・スペーシア・N-BOX」の比較が見たい方はこちら

カスタムが選ばれ易いのはN-BOXカスタム

N-BOXにカスタムモデルを選ぶ方が多いのは、この車をファーストカーにする男性ユーザーが多いからでしょう。

 

また、タントもスペーシアもどちらかというと奥様のセカンドカーという位置づけが多いため、そのようなときにはなかなかカスタムモデルを選ぶということが起こりにくいことも理由です。

 

もちろん、スペーシアもタントもカスタムモデルは男性でも気に入るような外観なのですが、N-BOXはボディー形状とメッキ部分の魅せ方がうまいこともあって、男性ユーザーに支持されやすいのではないでしょうか。

 

私が大型軽自動車を買うならば、やはりN-BOXカスタムを選択すると思います。

 

なお、N-BOXとN-BOXプラスは別の車であって、カスタムモデルはそれぞれ、「N-BOXカスタム」「N-BOXカスタム」です。

 

⇒N-BOXとN-BOXプラスの違いはこちら

カスタムモデルの外観変化は男性向き

N-BOXの部分でお話しましたが、カスタムモデルで変わる外観は男性向け、かつ若年層向けになります。

 

軽自動車販売上の問題として、価格を高く出来ないこともあって、カスタムモデルと普通モデルを用意しているのではないかと思います。

 

そのため、車には個性が必要と考える若年層がファーストカーとして購入するときに選ばれる傾向があり、男性層が多いことからもそのような外観変化となっているのでしょう。

 

もちろん、ちょっとつくりが安すぎるという理由で若年層以外がカスタムモデルを選ぶこともよいですし、男性向けなんて申し上げましたが女性でもシャープな印象を与えるカスタムモデルは選ぶ理由があります。

 

いずれにおいても、外観が気にいらないことや地味に感じてしまったらカスタムモデルを選択してみてください。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】