よく3ナンバーだから税金が高いとか、維持費を節約したいから5ナンバーにしなさいなんていわれますね。

 

出来れば車の維持費は安くしたいものですし、特に予算ぎりぎりなら気になりますよね。

 

これ、ほとんど正解なのですが実はナンバーによって維持費が変わってくるわけではないのをご存知でしたか?

車の大きさと維持費は厳密には関係なし

大きい車ほど維持費が高い印象ですが、直接的には影響が少ないのです。

 

後に説明する駐車場ぐらいかもしれませんね。

 

一方で大きい車は3ナンバーに該当しますが、ナンバーによって税金が変わってくるわけでは有りません。

税金に関係するのは排気量と重さ

車の税金は、様々な名目で徴収されますが、自動車税と自動車重量税については、排気量と重さによって比例的な関係があることをご存知ですか?

 

3ナンバーであっても排気量が2000cc以下なら自動車税は5ナンバーの2000cc以下の車と同じです。

 

そもそもナンバーというのは大きさと排気量に規定があって、例えば排気量では2000ccを超える車は3ナンバーという区分なだけです。

 

ですから、税金はナンバーによって規定されているわけではなく、車体の大きさ規定が3ナンバーのものでも排気量が2000cc以下なら自動車税については想像しているよりも安く済みます。

 

同様に自動車重量税についても、重くないけれども車体は大きいなんていうケースもありますので、3ナンバーだけれどもそれほど税金は高くない、なんていうこともあります。

 

昔は日本向けに車を作っていたメーカーも最近は欧州向けの車を日本で発売しているケースがあり、ナンバーで税金額を想像していた昔の感覚だとずれた額の税金となります。

大きさが関わってくるのは駐車場

ただし、駐車場についてはナンバーによる規定を受ける可能性があります。

 

というのも東京都の特別区では土地が少ないこともあって、5ナンバーを想定した駐車場などがあるためです。

 

3ナンバー用の駐車場は少し広めに作らないといけませんから、割高になったりするといった具合ですね。

 

ただ、特に都市ではこういったこともありますけれども、郊外ではそれほど気にならないでしょう。

 

あなたの住んでいる場所によって車の大きさによって駐車場の維持費が変わってくるということを覚えておいてください。

 

当然ですが、自前の土地を用意できるなら話は別ですね。

現代の車はあまりナンバーにこだわりすぎないほうが良い

途中でお話したように、近年は大きいけど車のい税金は安いなんていう車も増えてきています。

 

ナンバーだけで判断することは最適とはいえずに、特に税金は排気量と重さで決まるということを覚えておいてください。

 

そのため、維持費を安くしたから小さい車を選ばないといけないなんていうことはありませんから、特に欲しい車があるときは詳細に確認するようにしてくださいね。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】