新車を選ぶうえでも中古車の信頼性を見抜くうえでもお金という基準は大変使い勝手がよいことをあなたはご存知でしょうか?

 

つまり、こういうことです。

 

量的に比較を行うにはお金という単位が非常に使い勝手が良いということ。

 

これで比較をすることが車の価値を大雑把に推し量るための指標に最適ということです。

金銭的評価で車の価値を表していると考える

安かろう悪かろうではないですが、安いものは品質が悪いだろうと考えるのは当然のことで、車も製造コストから販売コストまでお金を使って売っていますので、コストが高いものは価格を高くせざるを得ません。

 

そのため、高いものにはある程度は品質について期待が持てますが、同様に安いものに対してはある程度品質に難があるのではないか?と当たり前ですがこのような印象を持つのは誰でもそうですよね。

 

ただし、少しこの考え方に修正をすると、高いからといって必ずしもよいものではないこと。

 

対して、こちらが重要ですが安いからといって必ずしもダメというわけでも無い、ではなく安いことには理由があるのだろうと常に考えるようにしてください。

 

利益を大きく取りたかったり、ブランド的な価値があったりするとこの価格での表し方に少しノイズが生じますが、価格によって商品の価値が表されているという現実を正しく理解して欲しいと思って申し上げました。

安い中古車に注意!おいしい話には必ず落とし穴

続いて、安い中古車にはそれなりの理由があります。

 

車で分かり易い例が、安いと思って買いに言ったら整備手数料が車体価格よりも高い!なんていうケースで、5万円の軽自動車を買いに行ったら乗り出しで40万円といわれるようなケースです。

 

これは、もうどうしようもないというかおいしい話には必ず理由があるというわけですね。

 

この例では、広告としての価値と整備手数料で儲けるという構造があったわけです。

 

ここまで露骨なところには引っかかる方は少ないでしょうけれども、中古車情報誌で同じような条件の中古車よりもなぜか安いものが見つかるときがあります。

 

このような車が欲しいと思ったときには必ず安い理由について裏づけを取ってから買うようにしてください。

 

ちなみに、私はそういった相場よりも安い物件は調査が面倒なのとどうしても取り除けないリスクが存在するために避けています。

過剰な評価については常に注意をすること

途中で高いから品質がよいだろうという期待があると申し上げましたがその裏返しには気をつけてください。

 

つまり、どこまでいっても価格が高いことが品質の良さに対して必ず全面的に影響することではないということです。

 

私はブランド的価値というものがあまり好きではなく、車についてのブランド価値でもっとも大きいのは「新車ブランド」です。

 

新車というのはナンバーをつけていない車のことを指しますが、ナンバーをつけただけで新車価格から価値が2割も減ることをあなたはご存知でしょうか?

 

ナンバーをつけただけですよ?

 

新車として取り扱えないことがここまで影響するなんて・・・と思いますが、世の中こんなものは山ほどあります。

 

こういった自分が欲しくもないブランド価値には注意を払ってください。

お金は公正に価値を比較する基準に出来る

最後にお金は評価比較する基準になるということを再度申し上げたいと思います。

 

あなたが車を目利きできる能力が備わっていれば話は別でしょうけれども、多くの方はそうではありませんね。

 

新車でも同じような種類の車がなぜか30万円も違うというケースだってあります。(SUV最安値でトヨタハリアーは280万円前後、対してマツダCX-5では250万円前後)

 

このような差はどこから来ているかということを常に金銭的な基準から考えるようにしてください。(上の例ではおそらく多くの差はメーカーブランド価値)

 

以上より新車を選ぶうえでも、中古車を選ぶうえでも、同クラスでの価格比較をすることであなたの車選びがよりすばらしいものになるでしょう。

 

車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】