結構意外なことかもしれませんが、スノボにいくならば適しているのはミニバンです。

 

人によってはテレビCMなどでクロスカントリーのSUVなどを想像しますが、スノボは多くの場合に大荷物になります。

 

そうなると積載量が必要になり、最近のアーバンライクなSUVでは対応できないケースも多いのです。

 

それでも2人などの少人数ならば、それほど問題になりませんが3人以上の人数になってくると、かなり窮屈になってしまいでしょう。

 

そのため、スノボにいくならばミニバンのほうが望ましいということになります。

 

こちらでは、スノボに適しているミニバンはどういったものかをみていきます。

 

なお、レンタカーでも選び方については変わりませんが保有する場合と一部変わってくる項目もあるので注意してください。

スノボに適しているミニバンの条件は3つ

スノボに適しているミニバンの条件は次の3つになります。

 

  • 人を乗せても広いスペースがあること
  • 収納スペースが多数あること
  • 4WDであること

 

4WDに関しては、通常使い場面では燃費が高くなったり、車体価格が高いこともありますので、重要ではあるけれども現代のほとんどのミニバンはFFなのでそれほど問題にならないでしょう。

 

そのため、中古で買う場合には意外に4WDの車体価格が高くない場合もあるので、そういったときに考慮すればよいでしょう。

 

もちろん、冬の季節が待ちきれないほどスノボが好きならば、新車で4WD購入もありだと思います。

 

では次に上にあげた項目について詳しくみていきます。

荷物を積んでも車中泊が容易な広さ

人によってはゲレンデにいっても車中泊すると言う人もいますが、そうでない人でもパーキングエリアでの休憩のときに楽できればとても充実した旅になることでしょう。

 

その基準は荷物を積んで人数を載せたときに快適かどうかです。

 

荷物をどかしたり、荷物の上に乗っての車中泊は快適性が損なわれる可能性があります。

 

もちろん、荷物の積載量によってや、搭乗人数によってそのような状況はあるでしょうけれど、4人乗ったときにそうなるようならば、そのミニバンはスノボ向けではないということになります。

 

サイズ感としては5ナンバー以上なミニバンが望ましいでしょう。

 

当然ですが、全高が高いほうが車内は広くなりますので、それもミニバンを選ぶ基準にしてください。

床下収納は多いほうが望ましい

床下収納とは、床の下に荷物をつめるものとあわせて、シート下のものも含みます。

 

さて、これらが充実することで荷物を車内に積まなくて良いのでその分広くなります。

 

その結果としてそこに荷物を積んでもいいですし、居住スペースと考えてもいいわけですね。

 

つまり、床下収納が多いことで、車内が広くなるので収納が多いほどスノボ向けとなるでしょう。

 

最近のミニバンは特に充実していますが、一昔前の車だと車種によってかなり状況が変わってくるので、確認するようにしてください。

4WDだと雪道も安定

スノボはグラス、つまりは芝を走るようなものでなければ雪がある地域を運転することになりますので、4WDだと安定して運転も楽です。

 

とはいえ、途中でも申し上げましたが車保有ということになれば、2/3の期間は雪がない時期であって、悪路を日ごろから走るなんていう人も少ないこともあって4WDは選択されません。

 

同時に4WDは、車体価格が高いことや燃費が悪いことからあまり選択されないということもあります。

 

今のミニバンはFF車が多いこともあって、4WDでなくてもそれほど問題にならないのが現状です。

 

しかし、レンタカーでは積極的に4WD車を借りるようにしてください。

 

また、車を中古車で買うならば車体価格はFFの車と変わらないことも多いので、燃費を重要視していないならば選択しても良いと思います。

ルーフキャリアについて

私はルーフキャリアが嫌いです。

 

だってダサいですからね。

 

確かにボードを載せるならば便利で、あったほうがいいのは間違えないですが、オフシーズンでは使われないことを考えるとあまり重要ではありません。

 

レンタカーであればついているものを選択できるなら選んでもらって、そのときも密閉型と露出型がありますので注意して選ぶようにしてください。

 

露出型はせっかくスノボをせっかくワックスでメンテしてもごみなどがついてうれしくない状況があります^^;

望ましいのは人を乗せて物を載せても無理がないこと

最後にまとめるといろんな条件をあげましたが、最近の5ナンバーミニバン、つまりはホンダステップワゴンやトヨタヴォクシー、日産セレナ以上のミニバンであれば問題ありません。

 

人数が少ないならばホンダフリードスパイクのようなものでも問題ないでしょう。

 

ただどのミニバンがいいのか?という具体的な質問に回答するとしたら、三菱デリカ:D5がもっとも望ましいでしょう。

 

この車はまさにスノボに適している、言いすぎかもしれませんがスノボのためにあるんじゃないかなんて思ってもいいぐらい適しています。

 

地味な外観がちょっと残念ですが、オールラウンドに使えるアウトドアミニバンであれば、選んで間違えない一台でしょう。

 

レンタカーで考えている方は三菱デリカ:D5があればキープしておいてください。

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】