国内でハイブリッドを買うならトヨタ車で間違えないでしょう。

 

他のメーカーのハイブリッド技術もすばらしいものはありますが、どうしてもトヨタと比較すると見劣りしてしまうのです。

 

詳しい説明は他に譲りますが、アシストするだけのモーターというのがホンダなどのハイブリッド技術、そしてトヨタはガソリンとモーターを調和させる真のハイブリッド技術なのです。

 

フィーリングによってどちらが好きかは好みが別れますが、トヨタプリウスとホンダインサイト、トヨタアクアとホンダフィットハイブリッドを比較すれば、その勝負は車にちょっと詳しい人なら分かるでしょう。

 

そんなハイブリッド技術の頂点にいるトヨタですが、車のサイズ違いで購入を悩むという声を聞きましたので、簡単に比較をしていきます。

アクアはプリウスの小型版ではない!

「プリウスは大きいから弟分のアクアで良い」なんて考えるかもしれませんが、それはちょっと違います。

 

確かにハイブリッドカーでトヨタの車ということで考えればそうなのかもしれませんが、開発陣の言い分では異なるようです。

 

特に確認して欲しいのは大きいサイズの車に設備を積むのは簡単ですが、小型化された車に設備を積むためには何かを犠牲にしたり、技術革新をしなければいけません。

 

そんな事情からある意味では、トヨタアクアのほうがサイズ制約が大きい分、作るのが難しかったのかもしれません。

 

ここまでは理念的な話で、ある意味ではドライバーにとってはどうでもよいという方もいらっしゃいますね。

 

次は具体的な価格などについてみていきたいと思います。

価格で両者を比較!

アクアとプリウスでは当然ですが、アクアのほうが安上がりです。

 

車体価格としては、グレードやオプションによっても変わりますが次のようになります。

車体価格
アクア 176万円~237万円
プリウス 223万円~343万円

注目して欲しいのがプリウスの価格幅です。

 

なんとグレードによって120万円も変わります!

 

これはレザーシートになったり、その他装備が豪華になる場合の最上級「1.8 G ツーリングセレクション レザーパッケージ」というプリウスになります。

 

プリウスではあまりこのグレードは人気があるわけではないのですが、なんとアクアでは最上級グレードもよく売れています。

 

次に個別にそれらをみていきます。

アクアの特徴

過去にはホンダとトヨタでコンパクトカーのシェア争いをしていました。

 

現在では、ホンダフィットが販売台数でいえば敗退し、トヨタアクアがこのクラスの勝者となりました。

 

ホンダフィットに比べるとトヨタアクアは全高が低いが、全体的にスタイリッシュになって小さくまとまっている印象です。

 

アクアは見た目もフィットより落ち着いた外観で、対してフィットはスポーティーな外観を持っています。

 

どちらがよいかはその人の趣味によるでしょうけれども、ホンダユーザーがトヨタに流れたという意見を見る限りだと多くの方は落ち着いた外観を好んでいるようです。

プリウスの特徴

今回のプリウスは3代目になります。

 

話題性だけでいまいちパットしなかった1代目と同様に印象の薄かった2代目、それに対して3代目はエコカー減税などもあって大変売れました。

 

ちょうどエコカーに対する関心が大きくなった時期だったこともあります。

 

ただし、燃費が良いことが維持費の節約になると思っている方も少なくないようですが、それはあまり期待しないほうがよいです。

 

エコカーは趣味で保有するというぐらいの認識であれば良いでしょう。

 

正直どちらがオススメなの?

2015年9月現在、どちらを買うべきかといえばアクアでしょう。

 

その大きな理由はプリウスの新型を控えているからです。

 

ウワサでは2015年12月あたりにリリースされるのではないかとささやかれています。

 

そして、車的にどちらがというところでいうならば、私はアクアを選びます。

 

というのも、プリウスであることにそれほど利点を感じないからです。

 

車体の大きさが多少大きくなることで得られる利点は2つ。

 

リアの荷物置き場とリアシートの快適性が向上することです。

 

ここでひとつ疑問があります。

 

この2つのどちらがよいか悩んでいる方にとってリアシート周りを充実させることが重要でしょうか?

 

重要だと考える方はプリウスを買うほうがよいです。

 

ただし、私の知る限りでは多くの方は重要でないと考えるようです。

 

そして、小型車と少し大きい中型車ではブランド価値がどの程度異なるかどうか。

 

この違いはほとんどありません。

 

というのも、アクアを見てもプリウスを見ても多くの方が抱く印象というのは「トヨタのエコカー」ということだけなのです。

 

これは、アクアがただのコンパクトカー以上の印象があるのに加えて、プリウスに中型車としての印象よりエコカーであるという印象を受けるからだと考えています。

 

つまりは、どちらが良いのかといえば、広さと価格で考えて積極的にアクアを選択できるならそれでよいということになります。

 

プリウスに関しては消極的選択に加えて、2015年12月に新型が出るといわれていますので、こちらも考慮して選ぶとよいのではないでしょうか。

 

新型プリウスはリッター40km走るなんてうわさされていますので、地球環境にこだわりがある方は検討してみてください。

 

先ほども言いましたが、良い燃費で維持費が節約できるなんて、くれぐれも考えちゃダメですからね!

 

以上、車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】