あなたが車に求めるものはなんですか?

 

機能性ですか?ステータスでしょうか?または娯楽性などもありますね。

 

近年は、車を目的別に保有できる人ならばいいのですが、そうでない場合には1台で車保有の欲求を満たす必要があります。

 

少し前ではミニバンがこれらを総合的に満たすオールラウンドカーでしたが、やはり皆が良いと考えて保有するならばそれを避けたいと考えるのも仕方がないものです。

 

そこで注目されているのがSUVのいうクラス。

 

スポーティーでありながら車内は広く、車体は大きいですが生活で使うことも申し分ないです。

 

ただ、課題としてこの車、結構高いのです。

 

まあ、保有や利用することでステータスを求めるならば高いほうがいいのですが・・・(他の人からは高そうに見えて安いほうが望ましい)

 

そこで、今回は人気があるSUVを価格別に比較してみたいと思います。

価格帯は200万円から1000万円+α(軽自動車除く)

SUVの価格帯は非常に広くなっています。

 

ミニバンユーザーがSUVに乗り換えるケースが多いのですが、趣味性が高いことや高くてもステータスを求めることを考えると売れているのですよね。

 

そんなこともあって、メーカーにとっては人気が出ればドル箱状態(表現古いか)の事業になりますから、各社力を入れているわけです。

 

さて、この価格帯について国産と外車で少し事情が異なりますので、それぞれでみていきます。

国産は250万円から500万円がメジャーな範囲

国産で2015年末現在、人気があるのは低価格帯でマツダCX-5、中価格帯ではトヨタハリアー、高価格帯ではトヨタランドクルーザープラドという構図になっています。

 

特にマツダCX-5についてはブランディングがうまかったことや、高価格帯のグレードが支持されていることもあって、中価格帯のトヨタハリアーとの比較状況も発生しています。

 

値段の範囲としては次のようになります。

 

  • マツダCX-5:250万円から350万円
  • トヨタハリアー:300万円から400万円
  • トヨタランドクルーザープラド:350万円から500万円

 

プラドを購入検討しようとしている方は外車にするか国産にするかなんて考えている場合も多いですね。

 

ここではお話に出していませんが、200万円前後から買える小型SUVも近年人気ですが、こちらはどの車が人気があるということもないようで、デザインで選ぶ人が多いようです。

 

しかしながら、マツダにはディーゼルエンジンモデルがあることや話題性もあって、CX-3が優勢という構図のようです。

外車では500万から1000万円ほどで考える

外車の範囲は広く、選択の集中も国産車ほどではありませんが、やはり人気があるのはドイツ車のようです。

 

外車の中で低価格帯なのは、レンジローバーイヴォーク・アウディQ5であり、次にはポルシェマカン、メルセデス・ベンツMクラスなどがいて、ポルシェカイエンにメルセデス・ベンツGクラスといった具合です。

 

具体的な金額にすると次のようになります。

 

  • レンジローバーイウオーク:500万円から
  • アウディQ5:600万円から
  • ポルシェマカン:600万円から
  • メルセデス・ベンツMクラス:700万円から
  • ポルシェカイエン:900万円から
  • メルセデス・ベンツGクラス:1000万円から

 

外車では国産車以上に車価格の範囲が広く、グレードなどの違いによって数倍の価格差ということは珍しくありません。

 

一例をあげると、メルセデス・ベンツGクラスは1000万円から3000万円以上ととても範囲が広いのです。

 

そのため、メジャーなイメージから順番に並べましたが一様に揃うわけでないことを申し上げておきます。

2015年末ではマツダCX-5のコスパが良い

最後に冒頭にお話したことについて、高そうに見えて実はお得なんていうSUVについてお話します。

 

300万円前後であれば、マツダCX-5が一番よいでしょう。

 

ディーゼル車だと300万円を超えてしまうので、予算に敏感な方はガソリン車を検討すれば250万円前後からということになりとてもお得です。

 

欠点としては人気があるので、多くの人が乗っていることでしょうか^^;

 

ただ、車好き同士ならば差別化が難しくてもあまり詳しくない人にとっては近年人気のかっこいいマツダ車程度にしか思っていませんのであまり気にしなくても大丈夫でしょう。

 

次に500万円ほどであれば、断然レンジローバーイヴォークでしょう。

 

500万円を下回る価格から購入できるアドバンテージはとても大きく、外車であるという点からも一目置かれます。

 

ステータスを求める人ならば、国産のランドクルーザープラドよりもイヴォークのほうがお得なんじゃないかと思いますがどうでしょうか。

 

次ではポルシェマカンでしょうか。

 

ポルシェボクスターを除けば、ポルシェを600万円台からの低価格で手に入れることが出来るマカンは大変魅力があります。

 

お金がある人はカイエンを購入すべきなのは当然としても、コスパで考えるとマカンに軍配があがるでしょう。

 

近年登場したこともあって話題性も大きいですしね。

 

ということで、お得なSUVはこの3台ということになります。

 

あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】