過去においてはコンパクトカーの覇権争いをトヨタとホンダで行っていました。

 

トヨタはヴィッツを、ホンダはフィットで戦っていて、他のメーカーは日産マーチやマツダデミオなどがいましたね。

 

残念なことに、日産マーチは新型がダサいので市場ウケしなかったことと、マツダデミオはブランドイメージの悪い車という印象がありました。

※現在、マツダデミオはスカイアクティブ技術と外観を一新したことによってブランド価値を取り戻しました

 

そこから、エコカーへの需要が強くなり、トヨタはヴィッツにかわってアクアを、ホンダはフィットハイブリッドを用意してずっと戦ってきました。

 

現在はこの勝敗、しっかりと決着が付いています。

人気があるのはトヨタアクア

この2台で悩んでいる方は既に知っているように、人気があるのはアクアです。

 

地域差ももちろんあるでしょう。

 

ホンダが強い地域ではフィットが、名古屋周辺ならアクアが多いでしょうけれども、販売台数としてはトヨタアクアのほうが多いという結果となっています。

ハイブリッド勝負でも勝者はアクア

大体の場合にはエコカー対決となるのですが、より厳密にハイブリッド技術としてはどちらが上なのかといえばやはりトヨタのほうが上でしょう。

 

というのも、ガソリンエンジンと電気モーターのハイブリッドという意味で達成しているのはトヨタの技術であって、ホンダのハイブリッドはただのガソリンエンジンのアシストに過ぎないからです。

 

極端に申し上げているので異論もあるでしょうけれども、どちらが優秀かといえば確実にトヨタのほうが優秀であると断言できます。

 

この違いは試乗したら、多くの方が実感されるのではないでしょうか。

ホンダフィットが強いのはどういったところなのか?

ここまで酷い言われようなホンダフィットですが、よいところももちろんあります。

 

価格や金利などの販売戦略を除いて車だけのことで言いましょう。

 

ずばり、天井の高さです。

 

トヨタアクアはスタイリッシュな外観のために、天井が低いのです。

 

対して、ホンダフィットはダサい外観(失礼!)ですが、天井が高いので室内が広く感じるし、事実広いでしょう。

 

特に、運転席に乗ったときはそれほど感じないかもしれませんが、後部座席や助手席などの「乗せられる人」からするとかなり影響があるのではないでしょうか。

2015年現在買いなのは「トヨタアクア」

アクアの人気の要因は、無難な外観と完成されたハイブリッドシステムです。

 

外観に関しては意識的に選ぶ方が多い半面、ハイブリッドシステムの出来については試乗などを通して無意識に選択している場合が多いと言われています。

 

ホンダフィットのちょっとスポーティーな外観のおかげで、ホンダユーザーがトヨタアクアを選んだ!なんていうケースもあるようです。

 

私もその選択基準については同意しますね。

 

最後に私が申し上げたいのは、リセールバリューについてです。

※リセールバリューとは、中古車として売りに出したときの価格のこと

 

どちらも良い車ではありますが、トヨタというメーカーの車は他のメーカーの車よりもリセールバリューが良いのです。

 

ですから、車をとりあえず買うならトヨタ、といわれているかはわかりませんが、私はオススメします。

 

ホンダも好きなんですけれどもね^^;

 

ちょっとフィットのデザインは受け付けません。あなたはどうですか?

 

以上、車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】