子供が産まれたら、または産まれるから車を買い替えるという方は多いですね。

 

昔は、2シーターのスポーツカーでは子供を乗せられないということで、ミニバンやセダンに買い換えるという状況も多く見ることが出来ました。

 

今は経済的に堅実な人も多く、車を購入する段階から家族が増えることを考慮して、車を購入するケースも多いのが特徴です。

 

こちらでは、子育て世代に有利な車選びについて、どのようなポイントに気をつけたらよいのかをみていきます。

取り回しと乗り降りのしやすさが大切

とても重要な点は取り回しと乗り降りのしやすさです。

 

取り回しとは、車を操作しやすいかどうかという点であり、一般に大きな車ほど取り回しが難しいとなります。

 

乗り降りとは、そのままの意味で車の乗り降りがしやすいかどうかという点ですが、ここには車の高さやドアの自動開閉なども含まれています。

 

これらの要素に注目して車を選ぶことはとても重要であり、逆にこれを無視すると子育てをするうえで使いにくい車となってしまいます。

車のサイズ以上に重要な視認性

取り回しのしやすさは、基本的には車の大きさに比例しています。

 

つまり、大きな車であれば当然に取り回しが難しく、逆に小さな車ならば取り回しが容易ということになります。

 

ところで、この取り回しについてですがなぜサイズによって悪くなるのかといえば、大きくは視認性があげられるでしょう。

 

車を運転して間もないならば、運転技能について考える必要がありますが、ある程度車を運転しているならば、見えているものについて気をつけるのはそれほど難しくないはずです。

 

車のサイズが大きくなればなるほど、基本的には視認性が悪くなるという状況になります。

 

ただ、現在の車設計については、運転席から少なくとも前方部分については良く見えるように、三角窓を設置して視認性を向上させたり、後方モニターによって死角もサポートしています。

 

つまり、何が言いたいかというと基本的には車サイズに比例して取り回しが良くも悪くもなるのですが、最近では視認性が良い中型車も増えていることから、サイズでは判断が難しくなってきているということです。

 

試乗などを行ったうえで、扱いやすいかを判断するということが大切です。

乗り降りのしやすさはドア形状と高さ

次に乗り降りのしやすさはとても重要なポイントです。

 

まず、子供が乗り降りをするときには、ドアがスライドタイプでないならば、隣の車にドアをぶつけてしまったりという心配は絶えないでしょう。

 

また、ドアに挟み込まれてしまったりと子供が車に乗るうえで乗り降りの危険というのは、運転中と同等にとても大きな課題なのです。

 

これらの心配事がひとつ減るのが自動スライドドアであり、子育て世代に支持される車は例外なく電動スライドドアを選ぶ傾向にあります。

 

他方、母親が車に子供を乗せるときも電動であれば片手で簡単にドアを開けられるので、親としてもありがたいというわけです。

 

あわせて確認して欲しいのが、車のステップ高さです。

 

ステップ高さが高すぎる場合には、子供の乗り降りが難しくなり、その都度危険が伴いますので、確認しなければいけません。

 

ステップの高さは当然低いほうが良いということになります。

 

これらを勘案すると、常に子供に目を見張れるならば良いですが、常にというのはとても難しい課題であり、実質問題としてそのように出来ないことが多いです。

 

ですから、子供が車の乗り降りをするうえで心配事が少なくなるような設計の車を購入するということが大切になってくるということになります。

その他ラゲッジルームも注目

車メーカーはここについてよくフォーカスしますが、実はその他程度の問題であったりします。

 

というのも、そもそも荷物がつめないような車は、子育て世代で支持されることも無く、当たり前の要素であるからです。

 

ただ、荷物スペースが使いやすいかどうかという点については、しっかりと確認しておくべきです。

 

ベビーカーを難なくつめるのか、また出すときも一苦労ないのかという点はとても重要です。

 

あわせて、ミニバンでは2列目にチャイルドシートを付けることが多いのですが、外すことなく3列目が乗り降りできるのかということは、とても重要な要素です。

 

つまりは、荷物スペースの使い勝手とシートアレンジについては、一通り見ておくべきであるということになります。

子供と車に乗るということを意識しておく

車を利用するうえではどうしてもその基準は運転者の基準になってしまいます。

 

これは当たり前のことであり、運転者が満足できない車というのは、そもそも選びたくないものです。

 

ただ、子供が乗り降りするという点についても、子育て世代が行う車選びでは注意しなければならないポイントになります。

 

最大の懸念ごとはドア開閉による事故であり、これを電動スライドドアにすることである程度は防ぐことが可能になります。

 

新車を購入する場合には当然に選ばれるわけですが、中古車から車を探す場合には意識して確認しなければいけないポイントになります。

 

あわせて、車自体の使い勝手も良いのかを確認するということは大切ですから、自分目線での車選びはもちろんのこと、子供視点での車選びということも意識して車を探すようにしてくださいね!

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】