免許を取ったばかりで車を買うというのは最近少なくなりましたが、それでも地域差はあるでしょう。

 

私が住むのは郊外と都市のちょうど中間なのですが、最初は買わずに友人の車を運転させてもらっていました。(なお、2回ぶつけた)

 

その後、買った車は派手にぶつけたわけではなく、派手にこすり付けました。

 

そのため、どうせぶつけたりこすったりするわけですから、ぶつけてもOKな車を選ぶべきでしょう。

相当用心深い人じゃない限り3回は車をぶつける

ちなみに私は車好きですが運転は下手です。

 

ただ、中型トラックを1年間運転していたので、まあそれなりにはマシになりましたが今でも運転が下手だと思っています。

 

そんな運転下手な私が思うのは、特別に用心深かったり運転がうまい人以外は免許を取ったら3回は車を損傷するだろうと考えています。

 

ですから、練習用の車というとちょっとものが酷いということもあるので、高すぎない車を買う方法をみていきます。

新車はNG!その理由とは・・・

新車のプレミアム価格ってご存知ですか?

 

なんと、ナンバーをつけるだけで2割も車の価値が落ちるのです!

 

というのも、新車として販売できるのはナンバーをつけたことが無い車、厳密にいうと登録をしていない車なのです。

 

そのため、ナンバーをつけてしまうだけで車の価値激減、まだあなたは車をつぶしているわけでもないのにです!

 

どうせなら安い車を買ったほうがつぶしたときの精神的ショックも小さいですよね?

 

そのため、ナンバープレミアムがある新車は買ってはダメなのです。

どのぐらいの車を買うのが理想的なのか?

自ずと中古車を選びたいところですが、新車登録から年式によって大体こんな価格になっています。

 

  • 新車:100%
  • 新車からナンバー取り付け:80%
  • 登録から3年:50%
  • 登録から5年:20%
  • 登録から7年:10%
  • 登録から10年:査定付かない

 

これが車の価値ですから、実際に車を買うとしたらここに店の利益などが乗るのでもう少し高くなります。

 

さぁ、あなたはどの程度の車を買いますか?

 

私なら登録から5年以降の車を買いますね。

 

さすがに7年だと古いという車もありますが、モデルチェンジなどをしていないなら古さを感じない可能性もありますので、そうした場合には7年でもよいかもしれません。

 

あ、そうそう。

 

「修復暦有り」とは大きな事故を経験した車ですが、どうせぶつける予定の車ですからある意味でオススメです。

 

アニメのようにいきなり車が解体したりしません、問題があるとしたらスライドドアが開きにくかったりするぐらい。

 

どうせぶつけますから、もう気にする必要は無いということですね。

 

いずれにしても経過3年ぐらいだとまだまだ高いので、買うとしたら5年以降の中古車を買うと良いでしょう。

運転席に座って周りが見渡し易い車がオススメ

最後にこれは運転のし易さですが、座ってみてシートから前方が見易いかどうか確認してください。

 

冒頭でお話したように私は4トントラックの日野レンジャーという車を運転しましたが、実はトラックってとても運転しやすいのです。

 

それは視界が確保されていることがかなり影響しています。

 

そのため、運転が下手だと思う方は、車の周囲を確認しやすいかどうか、運転がしやすいかどうかを確認したうえで購入するようにしてください。

 

車によってはシートの調整なども可能なので、体格が小柄な方は調整してもらったうえで試乗してみてください。

 

以上が、ぶつけても良い車の選び方です。

 

車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】