女性の車選びは運転しやすい車を選びがちですが、この選び方も悪くは有りません。

 

なぜならば、運転しやすいだろう車は女性をターゲットにしていることが多くデザインも悪くないからです。

 

ただし、そうでない車を買おうと考えているならば無理に運転しやすい車を選ぶ必要はありません。

どうせ買うならかわいい車か気に入った車が良い

車は安い買い物ではありませんので、一度買ったらしばらく乗ることになります。

 

ですから、買うときには様々なことを検討して買う車を決定するわけですが、あまり一般的な考えにとらわれる必要はありません。

 

女性が日産エクストレイルのようなSUVを買ったとしても良いのです。

 

その理由は運転スキルの向上にあります。

多少ぶつけたりもするが結局運転に慣れる

かわいい車や運転のしやすい車を買ったところで、ほとんどの場合には何度かぶつけますから気にしないでください。

 

大きい車を買っても小さい車を買っても多少損傷するわけです。

 

つまりは、車が運転しやすいものだからといって、ぶつけることを確実に防ぐことは無理です。

 

そしてここが重要なのですが、人間は男性でも女性でも学習能力にほとんど差はないでしょう。

 

ですから、運転していれば嫌でも慣れてしまいます。

 

現代の車は運転しやすいように作られていますから、慣れてしまえば誰でもうまくなれますよ。

 

経験をせずにうまくなることについては才能もありますが、運転経験で誰でもうまくなりますから安心して車を選んでください。

整備オプションなどがしっかりしているところを選ぶ

車自体は好きに選んでもらってよいと思うのですが、整備についてはしっかりとやってくれるところを選んでください。

 

というのも、そうでない方も必ずいらっしゃいますから先に謝っておきますが、女性で整備が得意という方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

 

郊外の乗り物好きな女性でも自分でマフラーのエキゾーストパイプを交換したなんて聞きません。

 

まあ極端な例では有りますが、整備は誰かに任せたほうがいいという方が多いですから、女性が車選びをするときは特に販売店が整備をしっかりしてくれるかどうかについて確認してください。

運転すればどうせ慣れる!運転しやすさより好きな車を買おう!

どうせ車を買うなら欲しい車を買ってください。

 

運転できないかもしれないから軽自動車やコンパクトカーにする、なんていうよりも犬を沢山乗せるならプチバンやミニバンを、親の介護に利用するなら介護に使える車を買ってください。

 

私の姉は運転がほとんど出来ませんでしたが、気が付いたらミニバンを運転できるようになっていまして大変驚いたものです。(逆手でハンドルを握る姿が少し勇ましい^^;)

 

運転しやすい車はかわいい車など女性をターゲットにしている車が多いので、どうしても運転が不安という方はこういった車を選べば分かりやすいでしょう。

 

反面、無理に運転スキルがないからそういった車を選ぶなら、欲しい車を選んでもらってよいでしょう。

 

人間の適用能力は結構高いのですよ!

 

以上、女性の車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】