国産車を買うなら予算を300万円~400万円、そして400万円から少し頑張ればほとんどの車を買うことが可能ですので、多くの選択肢から自分の好みの車を選べばよいでしょう。

 

とはいっても、買い方や将来乗換えを予定しているなら多少の注意点が必要です。

 

今回はそちらをお話していきます。

少し頑張れば国産車ならほとんどの車を選ぶことが可能

まず、ほとんどの車を選ぶことが可能ですから、そういったときにはどのような順番で選ぶのが妥当なのかといえば、ずばり車の形状か使い方で選ぶのが良いでしょう。

 

例えば、大人数を乗せるならミニバンの中で選ぶということや、ステータスが欲しいというならばセダンが良いでしょう。(ただし、ステータス性を考えると少し予算が超えることが多い。⇒ステータス性で選ぶセダン例

 

その中で自分が気に入った車を多少値引きをして買うというのがこの予算帯の方の車の買い方でしょう。

乗り換える予定があるならばトヨタ車がオススメ

リセールバリューという言葉をご存知ですか?

 

車を売るときの価値という意味なのですが、車を乗り換えるときには多くの方は下取りに出したり買取に出したりしますね。

 

このとき、できる限り高く売れたら、高い評価を得られたら次に買う車の資金に充てたり値引きを受けられるので、できればリセールバリューの高い車を買うときから考えたほうが良いでしょう。

 

ここで、凄く簡単な見分け方では、メーカーとボディーの色には注意してください。

 

メーカーではトヨタ車が最も高くなるので、特にどこが良いと考えていないならトヨタ車を選ぶ、とまではいいませんが試乗など購入検討の中の軸にトヨタは入れてください。

 

続いてボディーの色は、一般性のある色である「黒・白・銀」の基礎カラーが最もよいといわれています。

 

というのもあんまり奇抜な色では、中古車の価値が下がってしまうからです。

 

スポーツカーに赤というのは合っていますが、ミニバンに赤というのは少し落ち着かない印象ですよね。

 

多くの方が欲しいと思う色ほど中古車売却額は良くなりますので、参考にしてください。

管理人の2015年のメーカー別評価

私が独断と偏見で勝手に国産車の評価をさせていただきます。「違う!」と思う方は自分の信念に従って車選びをすれば良いでしょう。

 

まずは主要メーカーの評価です。

 

トヨタは日本最大の自動車メーカーで世界的に見ても最大級でしょう。リセールバリューも高いですが、デザインが少し退屈に思えるときもありますね。まあこれについては国内市場向けのメーカーは似たような感じなのであまり目立たない印象ですが^^;

 

ホンダは最近本当に欲しい車がなくなりました。ミニバンブームに乗ってオデッセイも結局大型化し、ステップワゴンも使い勝手はいいのですが、それほど面白みがある車でもないです。5ナンバー周辺の車が強い気がしますが、大型の車には弱いという印象です。最近軽自動車ばかり力を入れているのは、300万円over予算の方には「ふーん」って感じですね。

 

日産は国内2位のシェアのはずですが、どうにも存在感を感じないのは私だけでしょうか?私の好きだったメーカーだっただけに、超辛口で申し上げると電気自動車と安全装備に力を入れているだけのメーカーでしょう。ミニバンのセレナだけは人気ですね。

 

主要メーカーは以上となりますが、オススメ順位としては「トヨタ>ホンダ>日産」となるでしょう。

 

次に海外シェアについて力を入れているメーカーで300万円~400万円前後の予算帯メーカーの評価を申し上げます。

 

マツダは近年、とてもブランド価値をあげたメーカーで、スカイアクティブテクノロジーが昔のブランド価値が低い時代を忘れさせるほど良い評価です。国内で唯一、乗用車でディーゼルエンジンに力を入れているメーカーであり、車体価格はガソリン車と比べて1.5倍ほどになりますが、高いトルクはガソリン車と比べて2倍ほどの排気量と同等です。(CX-5の2.2Lディーゼルエンジンは4Lガソリンエンジン級の力がある)

 

燃費ももちろんすばらしいのですが、車体価格が高いのでそれほど気にしなくて良いでしょう。それに加えてデザインが現在の日本車とは異なるので、変な言い方ですが国産メーカーなのに見た目はヨーロッパのメーカーのようですね。

 

スバルは、エンジン性能と良質な足回りで走行性能が高いのに安価と海外で定評があります。近年は欧米向けに車体を作っていたこともあって、少し大きめのボディーという印象があります。

 

同社は固有のファン、スバリストがいて乗り換えのときにはずっとスバルを乗り続けるほどの熱狂的ファンがいることでも有名です。車を走らせるのが好きという方にはオススメのメーカーですね。

 

マツダとスバルはどちらが良いというわけでもなく、少し性格も違うのであなたが選べばよいでしょう。なお、最近の人気ではマツダが優勢といったところでしょうか。

気に入った車を買えばよいがローン方法などには注意

最後に車の買い方について気をつけてください。

 

残価設定型クレジットは、一見有利に見えて実はそれほど有利ではないことが多いので注意してください。

 

というのも、契約期間満期の時には、車を処分するかどうかというのは契約したディーラーに委ねられるからですね。

 

そして車体料金が据え置かれているということはその分多くの利息を払っていることにも着目して欲しいと思います。

 

私としては銀行系のローンを利用したほうが自由度も高いのでオススメです。

 

なお、家のローンと車のローンはあまり競合しないので、家を購入したからといって諦める必要はないです。

 

むしろ家を買えるほどの信用力があるならば、銀行としても審査しやすかったりする場合もありますから、一度相談しにいってください。

 

そして頭金が多く用意できるならそれに越したことはないでしょうから、頭金を出来る限り用意して、残価設定型クレジットよりもまずは銀行ローンを検討するという手順で検討してください。

 

以上、車を買うときにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】