実は予算200万円~300万円では、大衆車が選び放題!というほどではないですが、かなりの選択肢があるボリュームゾーンとなっています。

 

というのも、100万円~200万円の予算の場合と異なるのは意外に無理が出来るかもしれない、という方が多いのではないですか?

 

つまり200万円ぎりぎりというよりも、300万円で済めばいいなぁ~なんて考えている方も少なくありませんし、ボーナス払いなどを使って300万円台の車を買う方も多いのです。

 

そのため、ここでは大衆車を無理なく選ぶという方からちょっと無理をしちゃおうかなっていう方のためにお話していきます。

実は大衆車を選ぶのにこの上なく有利な予算

このクラスの代表は、現在そんな印象はないでしょうけれども、トヨタカローラが200万円台前半に位置しています。

 

これが言いたいのは、つまり大衆車とは200万円~300万円の車なんだなと考えてしまうところです。

 

現在は、格差が広がっている社会なんていいますから、どんどんひとつのものさしで測るのが難しくなってくる日本国民のお財布事情ですが、ここらへんが中央値ということで判断できるでしょう。

ちょっと魅力がある車は価格設定が300万円

車メーカーもいやらしい価格設定をするなと思うのが、少し背伸びをすると300万円を超える支出になってしまうところです。

 

コレだけ見るとそれじゃ買えないだろうと思うかもしれませんが、実はローンであったりボーナス払いを駆使すると意外に手が届いたりするものです。

 

というのも、200万円台の車を買う方は大体年収が500万円ほどの世帯であることが多く、ローン審査なども意外に通るものです。

 

ですので、車メーカーとしてはこの層に多少無理をしてもらいたいという狙いもあって魅力的な車は少し高め、でも手を伸ばせば届くという設定になっているのです。

無理をしない無難な選択では200万円半ばで中型ミニバン

私の中型ミニバンのオススメはトヨタヴォクシーであり、デザインが落ち着いたものがよいならトヨタノアを選べば良いでしょう。(ただし、中古車相場としてはヴォクシーのほうが強いらしい、トヨタアルファード・ヴェルファイアも同じくヴェルファイアのほうがリセールバリューは上)

 

その選択が、200万円台半ばから300万円ほどの価格帯で設定してあります。

 

先ほどのお話と組み合わせると、ヴォクシーやノアでいいという方には最適なプランを、もうひとつ上の大きさであるアルファードやヴェルファイアに背伸びしてみるという方には300万円超の車をというなかなかいやらしい、でも憎めない設定となっているわけですね。

 

車は好きでもないけれど、そこそこなものが欲しいというなら200万円半ばで手を打つのが得策でしょう。

少し無理をするのも悪くないが計画性は必須

最後に少しだけブレーキを。

 

多少無理も出来る方が多い予算200万円~300万円のレンジですが、ディーラーが提示したからといって無理に高い車を買う必要は有りません。

 

別のページでもお話しましたが、車を無理に買ってお金が無いから節約のため外出しないとなってはせっかくの車が台無しです。

 

予算100万円~200万円の方よりは無理が出来るという方も少なくありませんが、それでも一定の計画性は持つようにしてください。

 

ローンを使う場合には先に車保有期間における返済シミュレーションをしておきましょう。

 

それが出来ているのなら、多少欲の赴くままに、ディーラーで言われるがままにふらふらしながら決めるのも悪くないのではないでしょうか。

 

以上、お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】