ミニバンは当然人気がありますが、最近はどのメーカーもかっこいいSUVがリリースされているので、車を買い替えようと考えている方を悩ませるのがミニバンorSUVどちらにするのか。

 

私の親戚でもトヨタヴォクシーからマツダCX-5に買い替えを行いましたが、やっぱり気になるのは全然性格が異なる車であることと言っていました。

 

そう、両者ともに車体が大きく室内が広いのですが、実は異なる部分も多いのです。

 

ミニバンとSUVの違いについて、特に困るだろう点について確認しますので、車選びの一助にしてもらえたら幸いです。

似ているけれども両者はかなり異なる車である点に注意

大きく異なるのは、乗車人数と足元の高さです。

 

特にこれが影響するのはファミリーカーとして利用するときでしょう。

 

乗車人数が常に5人を超えるような場合にはSUVを選ぶときに注意が必要です。

 

というのも、特に大きいトヨタランドクルーザーなどのSUVを除けば5人乗りというのがほとんどです。

 

また、SUVはあなたが悪路を走る機会は少ないでしょうけれども、そういった車であることを前提に設計されていますので、ミニバンよりも足元の高さがあります。

 

ここで影響が出るのが小さい子供とご年配の乗り降りです。

 

ミニバンも決して低いとはいえない足元の高さですがSUVの場合は本当に高くなります。

 

そのため、ミニバンとSUVをどちらにしようかと考えるときに、特に気をつけないといけないのはこの2点の違いとなります。

所帯持ちなら奥さんに相談は絶対に行う

家族でもめる原因となるのは、奥さんに内緒で話をどんどん進めてしまうことでしょう。

 

とても不思議なことですが、車に対して全然興味が無いなんていう女性も多いですが、ならばどんどん話を進めてしまおう!とすると怒られます。

 

あれ・・・興味なさそうだったのに・・・なんて思ったのが後の祭り。

 

女性が車に興味が無いというのはそれほど珍しいものではありませんが、話を勝手に進められるのは気に食わないというケースが多いので気をつけてください。

 

一番良いのは試乗に家族全員で行くことです。休日のイベントとして家族を試乗に付き合わせてしまいましょう!

ミニバンからSUVに乗り換えるなら乗車人数に気をつける

特に大型のSUV以外は3列目のシートがありません。

 

そう、最近流行りのトヨタハリアーやマツダCX-5は5人乗りなのです。

 

ですので、もし家族が多いなんていう場合や多くなる予定がある方は慎重に車を選んでください。

 

その中でどうしてもSUVが良いというならばトヨタランドクルーザーのような車を選ぶ必要が出てきます。ちょっと高くつきますね^^;

SUVは乗り降りするのに高さが気になる

SUVは足元高さがあるので、ご年配の家族がいる場合には大変不評でしょう。

 

やはりここでも試乗は家族を巻き込んで行うのが効果的です。

 

試乗範囲でご自宅までいけるなら、家に居てもらって評価を聞くというのも有りなので、買う直前や買ってから文句を言われても困るので事前に見せておきましょう。

 

先ほどと同様ですが、もし嫌がるほどの高さがあったとしても、最終段階で見せるのと先に見せておくのでは不思議なもので印象が違うので、できるだけ早い段階で見せておくようにしましょう。

SUVはファミリーカーになりえるのかどうか

ミニバンと比べてSUVの是正論になってしまいましたが、ミニバンかSUVかで考えている方はつまりそういうことですよね?

 

ミニバンはちょっと退屈だし、かっこいいSUVに乗りたい!というところで悩んでいるのではないかと考えています。

 

そうなるとミニバンよりも小さくなるSUVについて、家族が文句を言うことが多いですね。

 

奥さんの反応としては、「なぜあなたの趣味のために車を狭くしなければいけないのか?」というところで大体もめる^^;

 

でも、一気に進めた話ではなく相談を小出しにすると、決まってしまった事実が多くなるので、反発も小さくなります。小出し相談法を利用してみてください。

 

何度も申し上げますが、勝手に決めるとたいてい反発されるので、車選択を一緒に行うというプロセスを大切にしてあげてください。

 

あと、SUVは荷物を置くスペースなどもミニバンに比べたら狭くなりがちですので、こちらも合わせて確認しておくと文句も出ないでしょう。

 

以上、車選びに合わせて奥様の説得にお役立てください(笑)。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】