従来は軽自動車といえば安い車というイメージで、例えば120万円前後の予算では軽自動車、150万円ほどならば普通車のコンパクトカーなんていう住み分けでした。

 

しかしながら、最近ではその関係が少し崩れてきています。

 

というのも軽自動車の相場が高くなってきているのです。

 

ならば、コンパクトカーを選べるならばそれでいいのですが、実は近年は魅力的なコンパクトカーが存在しないことや、軽自動車の万能性からあまりこの予算では普通車を選ばれない傾向にあります。

 

もちろん、コンパクトカーも売れてはいるわけですが、これはハイブリッドカーなどのエコカーを購入する層で、軽自動車を検討する層とは少し違うのです。

 

  • 小型軽自動車:80万円から
  • 中型軽自動車:110万円から
  • 大型軽自動車:120万円から
  • コンパクトカー:130万円から

※ここから諸費用などが加算されるので最安値で買えることは少ない

 

軽自動車とコンパクトカーの価格分布としては大体こんな形になります。

 

価格も大きさも、外観でさえも多様化している軽自動車ですが、ここで価格と大きさを軸に比較してみたいと思います。

外観が特殊なものは高い可能性がある

まず、概略的なものとしては外観が特殊なものは同じようなクラスであっても高くなるケースが多いです。

 

厳密にいうとサイズ的には少し異なるわけですが、ホンダN-ONEやダイハツミラココアは118万円の小型級の軽自動車ですが、安い小型軽自動車は80万円前後からなので、なんと40万円ほども変わってくることになります。

 

昔は我慢の車であった軽自動車なので、安く買えることが一番大切でしたが、現在は個性の時代であって軽自動車も積極的に選ばれることを考えるとメーカーもこのニーズを掴んで儲けたいと考えるのは当然のことです。

 

ですから、それを理解したうえで個性的な車を購入するならばまだしも、そうでないとしたら今一度考え直す必要があるでしょう。

 

次に大きさと価格を軸に比較したときの詳細についてみていきたいと思います。

大型軽自動車は120万円から200万円

タントやスペーシアなどの近年人気の大型軽自動車については最安値では120万円とそれほど高くはありません。

 

しかしながら、売れているのは150万円前後の車です。

 

これは、旧来はセカンドカーとして購入していた軽自動車をファーストカーとして購入する層が増えてきたための、どうせならばそこそこなものを購入したいと考えからではないかと思っています。

 

120万円台では外観や性能も地味なものが多いので、購入するとしたら150万円程度は覚悟するべきであるということをお伝えします。

中型軽自動車は110万円前後から180万円ほど

一昔前のトレンドである中型のワゴンタイプ軽自動車、具体的な車種ではダイハツムーヴやスズキワゴンRといった車になりますが、この車は最安値で110万円からということになります。

 

先ほどの大型とは異なり、現在のトレンドを外れたこともあって、最安値の車を生活車として購入する層も多い印象です。

 

他方、若者向けのカスタムモデルの外観がそうでない場合よりもかなり派手になり、一部では購入されている現状です。

 

また、長年ロングヒットしたクラスだけあって、特にダイハツとスズキの車の性能はとても洗練された内容になっています。

 

このクラスでは、ダイハツかスズキの車を選べば間違えなく、次点でホンダという選択をすることをオススメします。

小型軽自動車では80万円ほどから140万円

小型車については2分された価格設定になっているのではないかと思います。

 

旧来は80万円ほどで買える軽自動車がここのトレンドとなっていましたが、スズキアルトRSのようにある程度しっかりしたつくりの上位モデルも存在します。

 

そのため、価格差が極端でありますので、明確な目的を持って購入検討することが求められます。

個性的だと中身は変わらないか高くなるかもしれない

途中でお話しましたが、近年の軽自動車に求めるユーザーニーズは多様化していて、それに合わせて個性的な車もリリースされています。

 

当然ですが、個性的な車の利幅は大きく設定されていることが多く、似たようなモデルよりも高いこともしばしばです。

 

とはいえ、スズキは価格設定が良心的なイメージがあり、例えば近年人気があるスズキハスラーは107万円ほどの価格設定となっています。

 

対してダイハツについては5万円から10万円ほど高い価格設定になっていて他メーカーも変わらない状況です。

スポーツモデルは200万円前後を覚悟する

軽自動車のスポーツモデルといえば、ダイハツコペンと古くはホンダビート、新しいものであればホンダS660です。

 

これら車は競合する市場がないことや、そもそもメーカーが競争する気がないこともあって、200万円ほどの価格とかなり割高になっています。

 

そのため、わざわざ軽自動車購入でスポーツモデルを選ぶユーザーが価格を気にすることや、コストパフォーマンスを気にすることはないでしょうけれども、普通車のそこそこなモデルが買えるほど高いことということは頭の隅にいれておいてくださいね。

全体的にスズキが価格で優位か

最後に総評的なコメントですが、軽自動車を価格と大きさ、そして性能面からお得なのはどれかといえばスズキ車が良いということになります。

 

ただ、個人的な見解ではありますが、車種によっては見た目が地味なところがたまに傷ではあります^^;

 

ですが、スズキハスラーやスズキラパンのように価格が安いけれども個性的なんていう車も存在するので、コストパフォーマンスを考えるとスズキから車を探すのがよいでしょう。

 

とはいえ、実は軽自動車はそれほど性能差が出にくいので、見た目が気に入った車を選べばよいのですが、それでも何かの指針が欲しいという方は参考にしてみてください。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】