軽自動車にしようか、それとも普通車にしようかと考える人は多いですね。

 

なぜかといえば、どうしたって車の維持にはお金がかかりますし、できれば安いほうが良い。

 

でも軽自動車は安全性に問題があるなんていうし・・・

 

というなかなか決めにくい、車を買うなら軽自動車か普通車かという選択でしょう。

 

今回は室内が広いダイハツタントのような軽自動車にするかどうかコンパクトカーにするか、さらに最近出てきたプチバンも混ぜてお話していきます。

 

そのため、100万円を切るような軽自動車とコンパクトカーどちらがという事に関してはあまりお話しません。

 

ただし、そうした場合も年間維持費が許せるかどうかで選んでもらえればよいのではないかと思います。

最近の軽自動車は車体価格が高くなっている

注目して欲しいのが最近の軽自動車の車体価格です。

 

一昔前は100万円を切るのが当たり前で、超えてもやはり普通車と比べれば安かったのです。

 

しかし最近は150万円前後になるような場合も多くなってきました。

 

こうなると軽自動車は安いという考え方が崩れてきてしまいます。

 

ハイブリッドカーで現在一番人気のトヨタアクアは180万円前後ですから、良く考えてしまいます。

実は維持費の違いは年間5万円前後

では維持費はどうかというと税金で考えれば大体年間5万円ほどの違いになります。

 

この差、大きいと感じますか?

 

もしそうならば、軽自動車を選ぶべきでしょう。

 

しかしながら、軽自動車を選ぶのが最初から嫌ということならばこの5万円を我慢すれば普通車に乗れることも意味します。

 

あなたにとってこの5万円は大きいものですか?

今の軽自動車は車内がコンパクトカーよりも広い

よくコンパクトカーと比較しますが、今の軽自動車を新車で買うユーザーはダイハツタントのような室内が広い軽自動車を買うことが多く、コンパクトカーと比較するのは実はナンセンスです。

 

なので、比較するときはプチバンと比較してください。

 

プチバンとは、中型のワンボックスを最近はミニバンといいますが、その小さいものでホンダフリードなどに代表される、コンパクトカーよりも室内高が高い車です。

 

トヨタシエンタというプチバンが車体価格としても180万円前後となりますので、こちらと比較してください。

必要な広さを決めて維持費5万円の差がでかいかどうか

今まで軽自動車とトヨタアクアやホンダフィットなど生活に利用する車と比較する記事は多かったですが、少し時代も変わってきているので、室内が広い軽自動車はプチバンと比較するようにしてください。

 

軽自動車と普通車は車体価格はほとんど変わらないぐらいになってしまいました。

 

そのため、結局年間維持費5万円の差が我慢できるかどうかで選べばよいと思います。

 

なお、当然ですが軽自動車に多くの人数を乗せたらターボ付で無い限りは、パワーが足りないので山が多い地域などでは普通車を選ぶ価値はあります。

 

利用人数やあなたの居住地域、そして維持費の観点で決めてみてください。

 

私は、普通車を選ぶことを前提に軽自動車を選ぶ理由をあげていって、結局は軽自動車を選ぶ積極的な理由がないなら普通車にすればよいという選び方がオススメです。

 

  1. 年間維持費5万円の差は大きいか
  2. 利用地域に山道が少なくや降雪は多くないか
  3. 乗車人数は少ないか

 

どの選択肢も「いいえ」を選択するならば普通車を選ぶ、どうしても決めかねているならやってみてください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】