今やミニバンや軽自動車が最もポピュラーな車となってしまいました。

 

確かに大人数を乗せるには合理的な車ですし、軽自動車も最近は室内が広くなりましたので気軽に乗れてよいでしょう。

 

でもあえてセダンを選びたいそこのあなた!

 

セダンを選ぶからにはカローラなどの見るからに大衆車!という車を選んではいけません。

セダンを選ぶのは今は少数派

なぜここまでセダンが少数派になってしまったのか、私はとても不思議ですがミニバンや軽自動車が便利なので仕方ありませんね。

 

ただし、過去では最も多い車種はセダンタイプであって、ミニバンなどはむしろ少数派だったのです。

 

このご時勢ですから、周りの人はあなたに言うかもしれません。

 

セダンはやめておきなさいと。

 

ですから、そんな周りを納得させるほどのセダンを買わないといけないのです。

かっこいいセダンの選び方は色が重要

車種が一番重要ではありますが、その次に重要なのが色です。

 

ここで変な色を選ぶと一気にダサくなるので気を付けてください。

 

基本的には「黒・白・銀」を選べば間違えはないですが、車種に似合う色があればそれを積極的に選んでみてもよいでしょう。

 

目安としては、広告などで利用されている色なら奇抜な色を選んでも大丈夫でしょう。

 

例をあげるとしたら最近のマツダで赤を選ぶのですが、艶やか(あでやか)な赤を選ぶように、普通の赤はダサいです^^;

家族がいるとセダンは猛反発にあうかもしれない

なぜ室内が広い車を選ばないのか?と家族は不満を口にするかもしれません。

 

周りの理解は得られなくても家族の理解は得られるように努力をして欲しいと思います。

 

軽自動車からセダンならばまだよいですが、ミニバンからセダンに車を買い替えるには相当苦労するかもしれません。

 

ただし、SUVの場合にはなぜかうまくいくことも多いので、ミニバン以外からの乗り換えは思ったよりも楽かもしれません。

古いセダンを中古で思い出買いするのは良くない

かっこいいセダンを買うならできる限り新しいものが望ましいでしょう。

 

よく古いトヨタセダンを思い出買いするような方もいらっしゃいますが、あれはあまりかっこよくないです。

 

そういったものは思い出にしまっておいて、ちょっと無理をしてでも新しい車を買うことをオススメします。

私の勝手なセダン価格帯オススメ車種

ではどのような価格帯になっているかといえば、私はこのような感じで考えています。

 

マツダ<フォルクスワーゲン<<<アウディ・BMW<メルセデスベンツ

 

本来はベンツもアウディやBMWと同じところに入れたいのですが、ベンツは日本販売価格が高いので仕方なく少し上に配置。

 

そのおかげもあって高い車というイメージが日本ではついていますが、ドイツ本国だと大衆車から高級車まで扱っている総合メーカーです。

 

日本価格は本国の1.5倍ぐらいですから、その補正を掛けてあげるとそれほど高い車でもないですね^^;

 

国産メーカーでマツダだけなので他のメーカーのセダンがどうしてもマツダデザインと比べると見劣りするためです。

小出し相談作戦で家族の了解を得よう!

ミニバンを乗っている方は、相談を小出しにする作戦を利用してください。

 

ある程度決まったことについて報告すると猛反発をされるのです。

 

「なんで私に相談もなく勝手に進めたの?」大体このように奥様に言われます^^;

 

だって興味なさそうだったじゃん・・・と思うのですが、興味が無くても相談しないといけないみたいですよ。

 

まあ、何かと引き換えにねだられる可能性も無くは無いですが、話がまとまってからいうと同意が得られないかもしれませんので、局所局所でもう決めていても、場合によっては相談するフリでもよいので了解を得ながら進めましょう。

 

セダンは中途半端なところで妥協して車選びをするとたいていよくない結果に終わります。

 

もちろん、その車が好きならばよいですが、今の時代に日本でセダンを買うなら高級車志向のものを選ぶとよいのではないでしょうか。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】