あなたが高級なセダンを買うとしたら外車を買いますか?それとも国産車?

 

現在ではほとんどの方が外車を買うというでしょう。

 

それもそのはず、セダンを買おうと思う方のほとんどはブランディングを意識しているからなのですね。

 

なお、ここでは自分で運転する高級セダンのお話をしています。

 

もし、あなたが自分で運転しない高級セダン、つまりは運転手を雇って運転させる車を想像しているのなら、こちらのページを確認してください。

 

⇒V.I.Pカーは自分で運転してはいけない!超高級セダンのお話

セダンはセルフブランディングをするのに適している

車を利用するだけなら、軽自動車であったりミニバンで良いでしょう。

 

車の基本的な機能は物や人を運ぶことです。

 

ですから、それを満たせるならトラックやバスが一番良いのでしょうけれども、実際はそうはなりませんよね?

 

やっぱり程ほどに安いものが良かったり、そんなトラックやバスを利用するほど運ぶものや人はないというのは当然ですね^^;

 

そう考えるとなぜ高い車が必要なんだ?となればそれはもう自分の権威のためといわざるを得ないでしょう。

 

そんな中で国産車を選ぶのか、それとも外車を選ぶのかを問われたらあなたはどちらを選びますか?

 

私はブランド力でいえば外車をオススメします。

 

⇒私は国産車が良いんだ!国産車セダンについて知りたいという方はこちら

外車と国産車の違いについて

まずは機能的な、性能的な側面からお話します。

 

かなり雑な言い方をすれば、日本は現在エコカーと軽自動車、ミニバンの文化になっています。

 

対して欧州は昔も今もセダンを造り続けています。

 

ここは私が感じていることをはっきり申し上げさせていただきますと、日本向けに積極的に高級セダンを作っているメーカーはトヨタクラウン関連を除けばないでしょう。

 

国産車メーカーでもマツダやスバルはセダンを作っていますが、欧州向けに作っている印象があります。

 

このようにその国の国民が必要としている車種は、日本と欧州でかなり異なっていることがわかりますね。

 

自動車メーカーは儲けたい市場でのニーズによって製造する車の種類を変えていくというところを確認してもらいたかったというわけです。

「フォルクスワーゲン」VS「国産高級セダン」どちらが上?

次に他の方が抱くイメージについてです。

 

先に結論を言うと、場合によっては国産高級セダンのほうがブランド価値が上だ!という方もいらっしゃいますが、往々にして外車のフォルクスワーゲンのほうが有利な場合が多いです。

 

というのも、残念なことに多くの方は車種の序列など知りません。

 

ただ、メーカーについてはある程度知っています。

 

フォルクスワーゲンは外車であって、日産は国産車であるということです。

 

さすがにこれはないだろうという例では、トヨタクラウンとベンツAクラスなどのエントリークラスを見ても、外車だからベンツのほうが上なんていう人も少なからずいます。

 

車のサイズが違いますから、ほとんどの方はクラウンを選んでくれるとは信じていますが、このようなことも起こるわけですから、ブランディングのために車を買うなら外車のほうが良いということが分かってもらえるでしょうか。

ブランディングでは外車のほうが印象は上!絶対に外車を選ぶ

どうしても日本車が好きだという方以外は、どうか高級セダンによるブランディングを狙っているなら外車も検討してください。

 

その結果として国産車を選ぶというのは有りだと思います。

 

ところでここは私の意見になるのですが、レクサスも高級ブランドであって、国産車というよりも外車に近いものがあると思います。

 

ただし、多くの方がイメージするのはやはり国産車よりも外車のほうがイメージが良く、国産車であるレクサスは事実としてメルセデスベンツやBMWよりも下と見られがちです。(audiについては混乱を避けるために言及しません)

 

今後、レクサスブランドがどのように日本国民に認識されるか分かりませんが、国産車メーカーであるということで認知されるのであれば、しばらくは外車を買ったほうが良いでしょう。

 

まとめますと、ブランディングをするためにセダンを買うなら外車まで必ず検討してください。

 

以上、車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】