オフロードを走るわけでもないのに、なんでSUVが流行っているかといえば、広い室内にミニバンのような退屈さがないからでしょう。

 

何より若年から青年ならモテますし、家族持ちなら奥さんも子供も大喜び。(しかし、SUVはミニバンと引き合いに出されると買うときに「どこにそんなお金があるの!」と奥様に反対される可能性大)

 

かっこいい車に乗る事で漢が立つというのもまああることでしょう。

 

どんな思惑を抱こうが、かっこいいものはかっこいい!それが最近のSUVですが、どんな車が人気があるのか、管理人の独断と偏見でお話していきます。

SUV選びは予算の幅に合わせて国産車か外車かを先に選ぶのが良い

SUVは基本的に同クラスの生活車よりも高いです。

 

このことはメーカーの売り方などが影響しています。

 

というのも、生活に利用するためならミニバンか軽自動車があれば十分では有りませんか。

 

どうせオフロードを走るわけでもないのになぜSUV?と思いますが、そこにはミニバンや軽自動車には無い魅力があるからでしょう。(ほとんどの場合、外見がかっこいい!という理由)

 

そんな少し高く付くSUVは、特にどれがよいと選択するよりも予算に合わせて選ぶほうが妥当になります。

 

ところで、色々な意見があるでしょうけれど、私の独断と偏見で選びますのでもし同じクラスの車があればそれで補完してください。

 

なお、予算の幅は200万円台~2000万円ほどになります。

国産車のラインナップは500万円までで考える

国産車はほとんどが200万円~500万円ほどの予算になります。

 

ちなみに、トヨタランドクルーザー系はこの予算を飛び出して700万円近くになることもあります。

 

ここでは、マツダ・トヨタ・スバルで見ていきたいと思います。

 

マツダ:CX-5

最近メーカーブランド価値をあげているマツダのスカイアクティブ技術が搭載されたCX-5は250万円~350万円の価格帯となっていて、特に低価格帯と高価格帯に注目してください。

 

CX-5ほどの車体の大きさで、250万円前後で手に入るSUVは費用対ブランド価値が非常に高く、ライバルのトヨタハリアーと比べると30万円ほど価格が違いますので、非常にお得なのが分かると思います。

 

それに対して、国内乗用車で唯一ディーゼルエンジンを推しているマツダですが、CX-5に搭載されたモデルは車体価格こそ350万円近いのですが、その動力性能は4Lのガソリンエンジン並みのトルクを発揮するとあって、同価格帯のSUVを押しのけて近年注目度No.1のSUVとなっています。

 

正直、燃費がよいとしても車体価格が高いのでそれだけで選ぶのは決定事由に欠けますが、動力性能を一度体験してしまうと、他と比べても体がそれを忘れられないので、試乗したらこれに決めるオーナーが多いと聞きます。

 

車が良いのでマツダディーラーも割りと強気ですね。

 

トヨタ:ハリアー

300万円~400万円と中価格帯では不動の人気であるトヨタハリアーですが、2013年にモデルチェンジを行ってさらにラグジュアリー感が増しています。

 

安価なものであれば280万円前後で手に入り、ハイブリッドも含めると470万円ほどと結構な価格の開きが有ります。

 

物としては良いのですが、先ほどお話したマツダCX-5のディーゼルモデルに市場を奪われぎみで、車は良いけど注目度は低くなってしまった残念なモデルとなっています。

 

ただ、トヨタのリセールバリュー(中古車として売ったときの価値)は非常に高いので、特にメーカーは気にしないけどSUVが欲しいということならハリアーはオススメですね。

 

なんて、消極的に申し上げていますが、車は良いので試乗で乗り比べてください。

 

スバル:フォレスター

マツダにスバルと日産やホンダを差し置いて日本では比較的マイナーなメーカーを紹介してきましたが、そもそもSUVというのは日本向けではないのです。

 

スバル車は固有のファンがいるほどで、その秘密は水平対向エンジンでしょうか。

 

あの「ブロロロロ」というサウンドと良く出来た足回りでスバル車に慣れてしまうと、他の車に乗ってもどうもしっくりこないというのがスバルファン、通称スバリストの言い分です。(スバリストとは、スバルのファンでありスバル車のリピーター)

 

フォレスターは価格帯がなんと200万円台前半から300万円と大変リーズナブルです。

 

他方、紹介してきた車とは少し性格が異なり、スポーツよりになっている点に注目です。

 

そのため、若年層から青年層で、デートカーに使うには少し退屈かもしれません。

 

反面、ファミリーで使うにはスポーツよりの外観も気にならないでしょう。

 

同じサイズの国産SUVを比較したら、価格的にコレに決まってしまうので、スバルは嫌だという方は価格で比較することはしないようにしましょう^^;

外車のラインナップは1000万円前後で考えると妥当

実は国産車よりも外車のほうが選び放題なSUVですが、予算としても割高になってしまいます。

 

サイズとしてもほとんどの車は日本のSUVよりも大きめであり、せっかく紹介するのだから本国でいうところの小型車よりも標準的なところで紹介しています。(向こうの小型SUVが日本の中型SUVほどのサイズ)

 

今回ご紹介するのはBMWとメルセデスベンツ、audiとポルシェ。

 

つまりドイツメーカーとなります。

 

それに合わせてランドローバーも評判が良いのでご紹介します。

 

BMW:X5

車前方のグリルに好き嫌いが別れるメーカーですね。

 

あれがかっこいいという方と「豚っ鼻」という方がいらっしゃいます。(確かに豚の鼻のようだ!)

 

しかし、そんな豚っ鼻もサイズが大きいとそれほど気にならないというか、大きな豚なら凛々しくも見えるものです。

 

オススメの色はやはりBMWといえば真っ青のボディーカラー。

 

車保有者にもよりますが、正直モテます!

 

それほどBMWって人気があるのですね。

 

なお、価格帯は1000万円前後ですので、若年層や青年層では何かに成功するか相続する、もしくは家にお金が無いとちょっと厳しいですかね。

 

モテるハードルは高い。

 

メルセデス・ベンツ:Gクラス

通称ゲレンデヴァーゲンと呼ばれているメルセデスベンツのGクラスですが、この車の特徴はなんといっても外観でしょう。

 

ここまで四角い車は現在では数えるぐらいしかなく、ラダーフレーム採用と本格的なSUVです。

 

価格としては1200万円前後なので、やはり高いですが芸能人などにも乗られていることもあって人気がある車です。

 

また、このGクラスは小さなモデルチェンジはしても大きく変わることはなく、数十年前から形の変わらない数少ない車となっています。

 

モテ車というよりも、家族で利用したりモテるモテないの年齢から少し経った青年期後半に乗りたい車ですね。

 

この車は黒以外似合わないと考えるのは私だけでしょうか?(たまに白なども見かけるが洗車が大変そう)

 

なお、メルセデスは日本において高級車というイメージがありますが、実は同社は日本ではわざと高い値段で車を販売していて、実際のところは6割~7割ぐらいが本国価格といわれています。

※本国でのメーカーイメージは大衆車から高級車まで扱うトヨタのようなブランド

 

audi:Q5

私の印象ですが、audiの車は個性を主張することが無いので、車=権威と考えられてきた過去には人気がそれほどありませんでした。

 

しかしながら、近年は車を使って権威を主張することがそういったことがかっこ悪いという風潮もあってか、この主張しない存在感が人気を博しているようです。

 

価格としても外車では安価な650万円ほどで、若年層でも手が届く価格なのではないでしょうか。(もちろん普通の使用人だと厳しい)

 

この車が凄いと感じたのは、結構女性ウケをするところで、「価格が安い」「女性ウケする」という2つの要素からモテ車として最適なのではないかと思っています。

 

なお、当然ですが車だけでナンパが成功するようなこともありませんので、少し力不足と感じる方は車に似合う立ち振る舞いやルックスを整えましょう。

 

車自体は主張無しでかっこいいと私も思うのですが、エンブレムは「オリンピックみたいだねー」なんていわれても落ち込まないように。普通の人は車に詳しくないと割り切りましょう。

 

なお、audiQ5のオススメのボディーカラーは銀か白です。

 

ポルシェ:カイエン

若い女性から奥様までみんな大好きポルシェのカイエンです。

 

今回紹介しているSUVでは最も高い車で1500万円代を中心に一番高いと2000万円を超えます。

 

ポルシェのエンブレムは割りと分かり易いことと、カイエンとなんとなく読めることから一定の認知がある車です。

 

価格さえ許せば、全ての方の要望を満たしてくれるような、そんな素敵なSUVですね。

 

オススメの色は白。まあ走っているのは白ばっかりです^^;

 

ポルシェ:マカン

カイエンの弟分といっていいかわからないですが、日本ウケしそうな大きさのポルシェマカンです。

 

価格は800万円前後とポルシェにしてはリーズナブルとなっています。

 

カイエンはとても大きいので、日本で運転するならマカンぐらいがいいかも?と思えるような出来の良い車です。

 

ポルシェボクスターのような安価なイメージが付きまとわないので、そういった点でもオススメです。

 

登場が2014年後半ということもあって、まだ街で見かける機会は少ないですね。

 

オススメの色は黒です。

 

ランドローバー:レンジローバーイヴォーク

ランドローバーは私はノーマークだったのですが、近年では非常に良い車があるということでご紹介させていただく運びとなりました。

 

ランドなんだかレンジなんだかよくわからん!という感じなのでイヴォークとさせていただきますが、この車はレンジローバーの安価版だと思ってもらってかまいません。(レンジローバーは2000万円前後するSUV)

 

安価だからどうなの?と思いますがその造りはとてもよく、悪いということは好みを除けばそれほど聞きません。

 

値段も600万円前後と外車SUVでは比較的安価で、少し変わったデザインを良しとするならば選択肢のひとつに入れておいてもよいでしょう。

 

オススメの色は白かオレンジ(しかし日本だとどうかな^^;)。

サイト管理人のオススメはaudiQ5

挙げれば枚挙に暇が無いSUVですが、今後はしばらくトレンドになるでしょう。

 

というのも、ここは隠さずにはっきりいいますが、お金がある層は近年のミニバンブームに愛想を尽かしているのでしょう。

 

確かにミニバンは便利ですが、ロマンが足りない!そんな印象を受けます。

 

あと、ミニバンにお金をかけても支持されないところが、お金が多少余っている方、またはミニバンをつまらないと思っている方のSUVを選ぶポイントになっていると思います。

 

ミニバンがここまでブームなのはアジア圏内だけで、欧州では仕事の車の領域を超えていないそうです。

 

最終的には個人の趣味になりますけれども、多少他の車を批判して自分の車を持ち上げるというのは悪いことではないと私は考えています。

 

そんな中で、誰でも気に入るのと、予算的な問題もあって私はaudiQ5をオススメします。

 

お金があるならポルシェカイエンが良いですね。

 

SUVは多少高めの予算になりますが、国産車では200万円台から選べて、デザインも外車と変わらないほどかっこよくなっているので、まずは試乗をしてください。(マツダは最後がオススメ)

 

以上、SUV選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】