近年はミニバンブームから、大型の車が選ばれるような傾向が続き、ミニバンよりも外観が良いSUVが好評です。

 

さらに、これが小型化してコンパクトカーよりなSUVが人気を博しています。

 

マツダCX-3を皮切りに、スバルXVなど2015年から2016年以降も各社盛り上がっている市場です。

 

ここでは、その市場の中でもスカイアクティブのクリーンディーゼルで幅を利かせているCX-3のレビューをします。

CX-3の特徴はかっこいい外見と狭い車内

マツダCX-3を一言で言うなら「かっこいいけど、狭いよ!」ということです。

 

私はCX-5も乗りましたがミニバンユーザーだとこちらでも狭く感じてしまうかもしれないぐらいです。

 

CX-3の車内サイズ感でいうと大人4人乗って荷物を載せたらとても狭く感じてしまうほどというところでしょうか。

 

ですから、近年話題の車だけあって注目度も高いと思いますが狭いことを理解したうえで検討する必要があります。

 

次に車の制御面でのお話です。

FFと4WDで乗り味が違うことに注意が必要

最大の特徴は駆動形式によって乗り味が変わってしまうことでしょう。

 

まず、FFでは乗り心地は悪いのですが、ハンドルの切れがある。

 

そして4WDでは乗り心地ご良いのですが、ハンドリングはFFに劣るといったところです。

 

また、1.5リッターのディーゼルエンジンは力に関しては2.8リッタークラスのガソリンエンジンと同等であるといわれていますが、私としてはもうちょっと良いと思っていたので残念に思いました。

 

とはいえ、力不足というほどではないので、不満まではありません。

 

動力性能に期待するならば、CX-5の2.2リッターエンジンのほうが良いでしょう。

 

これらについて懸念があるならば、試乗すれば違いがわかってもらえると思います。

CX-3とCX-5にするかならばほとんどはCX-5を選ぶべき

CX-3とCX-5では市場が違うから、この比較に意味があるのか?なんて思っていたのですが、実際迷われている方が多いのでこちらで取り上げました。

 

その最たる理由についてもわかったことが、意外に価格差が小さいとこでした。

 

どちらも価格帯が近くCX-3が230万円~300万円、CX-5が244万円~350万円というところが原因でしょう。

 

100万円台では、50万円ほどの価格差も大きく感じますが、300万円台ではそれほど大きく感じるものでもないから、せっかく車を買うならどうしようか、というところなのだと感じています。

 

さて、ここで先に結論ですが迷っているならばCX-5を買うほうが良いです。

 

理由は価格差が気になるほどではないのに、車内の広さが大きく違う点と動力性能の違いです。

 

逆にどんなことが制約になりえるかといえば、駐車場のサイズぐらいではないでしょうか。

 

維持費も気になる要因かもしれませんが、実のところぎりぎりの家計でSUVを買うという方は少ないのでたいして気にする必要は無いはずです。

 

つまり、どちらがいいか納得いく要素が欲しいときには、車内の広さを第一に考えるべきなんじゃないかなと思います。

狭いと感じない方ならCX-3は良い選択

CX-3もシャープで洗練されたエクステリアがありますので、好みによって選択するということであればよいのではないかなとも思いますので、実際にディーラーにいって試乗なり触ってみるなり乗ってみるなりしたら間違えないでしょう。

 

なお、FFと4WDの乗り味の違いについては今後改善されていくということなので、この記事を書いている2015年の後期段階では問題になっていますが、マイナーチェンジなどでよくなっていくのではないかと思っています。

 

最後にまとめると、CX-3を選ぶならば車内の狭さは覚悟のうえ購入すること、そしてCX-3とCX-5で迷うならば多くの場合にはCX-5を選んだほうがいいということでしめさせていただきます。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】