軽自動車最大の大きさを引っさげて登場したダイハツのウェイクですが、同社では近年女性ユーザーの支持を受けているのですが、男性ユーザーはホンダにとられてしまっている状況でした。

 

そんななか、男性ユーザーを意識した新型軽自動車がダイハツウェイクでした。

 

この車最大の特徴は全高1835mmを活かした大きな車内スペースで、今後どうなるかわかりませんが、少なくともしばらくはこれ以上大きい軽自動車は出てこないなんていわれています。

 

特に最近は軽自動車をファミリーユースするという方も増えている昨今、車内スペースが広い車はとても関心が集まっています。

 

そんなとにかくでかい!というダイハツウェイクについて、「居住性が高いのはわかったけれども運転のほうはどうなの?」というところをみていきたいと思います。

コンパクトカーよりも広いかも?ただもちろん車体重い

ウェイクの車内については全高が高いこともあって、コンパクトカーよりも車内は広く感じることがあるでしょう。

 

従来はコンパクトカーか軽自動車にするかなんて選択肢でしたけど、今はあらかじめ決まっている方が多く、軽自動車が優勢であることが多いです。

 

コンパクトカーを積極的に選ぶという方は、エコカーであるハイブリッドカーを選ぶという目的があることで、ユーザーの市場ニーズが重ならないこともこのような選択に一因でしょう。

 

ただ、気をつけなければいけないのが、どんなに車体が大きく車内が広くても、軽自動車であることは変わりなく、やはり設計に制約があることで耐久性に懸念があったり、出力に不満があったりということがあります。

 

ウェイクを購入するなら、耐久性については仕方ないにしても、出力についてはターボエンジンモデルを購入することでいくらか解決しますので、特に試乗では予算が厳しくても乗り比べて決めてほしいと考えています。

 

なお、ターボモデルとそうでないモデルでは価格差が20万円ほどあるのですが、ウェイクの車重は1000kgであり、車内が大きいことで人を乗せる機会も増えます。

 

そのため、ここは節約せずにターボモデルを買うようにしてくださいね。

外観はN-BOX系で男性向けの車か

冒頭でお話したように、車内が広い大型軽自動車市場は、女性ユーザーをダイハツタント、男性ユーザーをホンダN-BOXで二分しています。

 

そこで、ダイハツとしては男性ユーザーも欲しいということで、このウェイクをリリースした流れがあるのでしょう。

 

ただ、同じような外観のものを出しても売れるわけではありませんので、軽自動車最大の広さということで、テレビCMで広告をして宣伝していました。

 

カスタムモデルはないのですが、もともとが派手な外観ですので、最初からカスタム状態といってもいいかもしれません。

 

特にこの車を買おうか考えているならば、ホンダN-BOXとは比べて購入検討すべきでしょう。

レジャー利用や生活車にうれしい収納スペースが多い

次に内装面についてみると、広い車内をいかすべく収納スペースがいたるところにあります。

 

荷物を車内に置くということは車内がその分だけ狭くなるということを、ご存知でしょうか?

 

さすがダイハツ!こういった点にも抜かりないなと感じるところです。

 

床下収納に関しては90Lも入るほどのスペースが用意されていて、特にラゲッジルームには2Lペットボトルが24本入るほどとかなり充実しています。

 

また、収納は床下のみならず、カスタマイズによっては車内天井内側にネットを引いてそこを小物置き場に出来るなど広いスペースを有効に利用できるようになっています。

ウェイクを買うなら絶対ターボモデルを買うこと

最後に大切なことなのでもう一度申し上げると、ウェイクを買うならば絶対にターボモデルを買うようにしてください。

 

車体が重いのは当然としても、この車をわざわざ買うならば人を乗せ、荷物を多く積載することが予想されますから、そうなったときに自然吸気エンジン(ターボじゃない普通のエンジン)では、ちょっと心元ありません。

 

燃料も多く食いますし車体価格も20万円ほど高くなってしまうわけですが、そこは仕方なしと思ってください。

 

どうしても迷っている方はターボモデルとそうでないものを乗り比べてから決めるようにしてくださいね。

 

思ったやりも高くついてしまった!なんて思ってもそのほうが正しい選択が出来ると思いますよ。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】