一昔前のことですが、軽自動車の一般的な形としてワゴンタイプが流行っていました。

 

ダイハツのムーヴとスズキのワゴンR、ホンダからはライフというラインナップでしたが、現在ではより大型の軽自動車が人気があります。

 

そのため、どちらかというとマイナーになってしまった軽自動車のワゴンタイプですが、車としての完成度が高いのはご存知でしょうか?

 

今回はホンダのN-WGNについてお話していきます。

耐久力を前面の打ち出しているN-WGN

軽自動車に乗るときに懸念されるのが、耐久性ではありませんか?

 

というのも、ニュースなどで報道されるときには車で事故があると比較的軽自動搭乗員の死傷が多いからです。

 

軽自動車が限られた規格のなかで限られた予算で製造されていることを考えると危険なのは仕方のないことだということである意味あきらめて軽自動車に乗っているような気持ちはあると思います。

 

しかしながら、N-WGNはユーザーが懸念していることについての解決を図っています。

 

とはいえいくら安全性が高くなったとはいえ軽自動車でしょう?という心配もあると思いますが、軽自動車が危険であることが懸念事項で仕方なく乗るなんていう人にとっては選択肢が増え、決して悪いことではないはずです。

ムーヴやワゴンRと比べるとやや訴求力が欠けるか

次に同クラスの比較をするとちょっと地味な内容となってしまうのは残念なところです。

 

お世辞にも外観がよいということもなく、それはカスタムモデルであっても同様です。

 

とはいえ、ホンダは一度軽自動車開発から外れていたこともありますから、ずっと作ってきたスズキやダイハツと比べるのはちょっと酷なのかもしれません。

 

つまり、性能関連でいえばN-WGNを選ぶ理由はなく、耐久性を積極的にメーカーが宣伝していることで、これに関心があるユーザーか、ホンダが好きな人が選ぶという形になるでしょう。

軽自動車の燃費性能はホンダはあまりよくない

燃費についてはスズキ>ダイハツ>ホンダで、このN-WGNについてはJC08モードにおいて、リッターあたり29.4kmとクラス間では低いものとなっています。(スズキワゴンRは33.0km)

 

軽自動車の燃費についてはメーカーとしてスズキがひとつ飛び出している形で、ダイハツがこれを追随しています。

 

ホンダに関しては、全体として燃費が悪いのですが、私は燃費が車維持費に与える影響は極端の例を除けば、それほど大きくないの考えています。

 

もちろん、燃費が良いに越したことはありませんが、車選択基準の中ではそれほど重視しなくてもよいでしょう。

 

あなたが求めているエコカー減税に適合できているかどうかだけ確認しておきましょう。

ホンダが好きなら選択するのも有り

ここまで説明したように同じような車のクラスと比較すると、見劣りしてしまうN-WGNでしたが耐久性については他も強化しているところですが、N-WGNがもっともよいのではないかと考えています。

 

これについてはホンダの公式ページで確認することができますので気になることは見てみてください。

 

⇒ホンダ公式ページ:N-WGNのカタログ情報

 

ということですから、スペックを比較して考えるならばホンダN-WGNは残念ながら2軍に位置してしまうため、選択する理由はホンダが好きか耐久性について特に懸念がある方にオススメということになります。

 

ここまで、N-WGNについてあまり良い印象を受けない方は多いでしょうけど、車の出来としては良いので気になる方は試乗で乗り比べてみてください。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】