ハスラーはスズキが製造販売している軽自動車で、個性的な外観を備えるアーバンライクな小型SUVです。

 

同社にはジムニーという本格SUVがあるわけで、悪路を走破するということならば新たにいらないのでは?なんて思うわけです。

 

しかしなら、近年は普通車においても都市で使えるアーバンライクなSUV、例えばトヨタハリアーやマツダCX-5などが人気を博しているので、軽自動車でもどうか?というところでハスラーが登場しています。

 

スズキがうまいなと思うのは、ただアーバンライクなSUVを小型化するのではなく、個性的な軽自動車にしたところと雑に作らなかったところでしょう。

 

というのも、このハスラーはただの個性派軽自動車ではなく、動力性能も優れているのです。

 

今回はこの個性派軽自動車、ハスラーについての評価をしたいと思います。

乱暴だがワゴンRのスポーティーなモデルと考えるとわかりやすい

大雑把な言い方ですが、意外にしっくりくるので使わせてもらうと、スズキのワゴンタイプの軽自動車「ワゴンR」の走行時にょっと気になる点が改善された車なんて思ったらいいのではないかと思います。

 

概要としては、室内高がワゴンRよりも少し小さいために、コーナーのときのロール感が感じなくなっている点です。(ワゴンRも昔と比べるととても良い)

 

ワゴンRのモデルチェンジが2012年で、ハスラーが後に出てきたことも考えると、次のモデルチェンジでワゴンRもハスラー級の走りができるんじゃないかなんて思いますが、現状ではハスラーのほうが上であると感じました。

街乗りから悪路までいけちゃうオールラウンドカー

この車、4WDならグリップコントロールシステムがついているので、慣れていない人であっても悪路に挑戦できるところがまた遊び心があるなぁと感心しました。

 

もちろん、人によってはいらないと感じるでしょうから、ボタン1つで解除できるのもうれしいところです。

 

燃費については、良いグレードでリッターあたり32.0kmとスズキのお家芸である低燃費を実現しています。

 

これはワゴンRにも搭載されているリチウムイオンバッテリーによるもので、動力から消費電力まで総合的にアシストするものになります。

室内はワゴンRよりも若干高さが低い

人によっては室内高が15mm小さくなった分だけ、狭く感じるかもしれませんが、私は許容レベルだと思っています。

 

この恩恵は走行面では有利に働き、コーナリング時のロール、感覚的にいうともっさり感がシャープになっている感じです。

 

とはいえやはり最近のトレンドは軽自動車の車内を広くすることなので、しっかりと許せるか確認したほうがよいと思います。

生活に使うとしても十分使える内容

スズキの本格的なSUV軽自動車ジムニーは良い車ではありますが、万人受けするような内容ではありませんでした。

 

しかし、このハスラーは小型SUVでありながら、生活にも十分使うことができる反面、しっかりと使っていることもあってスポーティーな走行も期待できます。

 

はっきりいって悪路走行性は当然ジムニーのほうが上ですが、快適性や使いやすさでは比べるまでもないと思います。

 

最近のスズキ車は本当によく作られているものが多く、軽自動車はスズキを中心の探せば間違えないんじゃないかなんて思います。

 

参考にしてもらえたら幸いです。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】