最近はシートアレンジが自由に出来る車が増えてきていることもあって気軽に車中泊できるようになりました。

 

軽自動車でも自由なシートアレンジが出来ますが、軽自動車でこれを行うとなると少し状況は変わってきます。

 

今回は軽自動車で車中泊をするとしたらどんな車がよいのかということをみていきたいと思います。

元から床が平らなエブリイワゴンは最適

車中泊の快適性は足が楽かどうかという点と床が平らかどうかです。

 

変な話、床が平らで足が伸ばせるなら硬い場所であっても快適で、まあ普通はマットを敷くのでそんなこともないのですが、いずれにしてもこの2つの条件が最も大切です。

 

ただ、いくらシートアレンジが自由に出来る車が増えているからといって、軽自動車では若干狭すぎます。

 

これを考えると自由なシートアレンジだけでは足りませんが軽自動車では横幅の制限などがありますから困ったことになります。

 

これを解決するのが商用などで利用されるワンボックスです。

 

もともとフラットな床ならばシートアレンジなど気にしなくてもよいからです。

 

とはいえ、乗員は少なくなってしまうことを考えるとトレードオフになってしまいますが、趣味のための車であれば割り切って格安のエブリイワゴンを買ってもいいかもしれませんね。

ホンダバモスも同様に車中泊向き

エブリイワゴンに引き続き、ホンダバモスもオススメとなっています。

 

特に見た目がバモスは優れているので、趣味で利用するという人で多少お金をかけられるならばこっちのほうがいいかもしれません。

 

ただ、いずれもやはりネックになるのは乗員の数ですね。

 

それを解決したのがホンダのN-BOX+です。

ホンダN-BOX+もよいがちょっと値が張る

前に話に出したエブリイワゴンやバモスと比べるとちょっと値が張る程度ではないかもしれませんが、最近の車かつ乗員についても解決できるのがホンダN-BOX+です。

 

誤解されないために説明しておくと、N-BOXとN-BOX+はカスタムモデルではなく、用途可能性がプラスされていることに由来しています。

 

具体的にはN-BOXをベースにして後方部に荷物を積みやすい機構にしてあるのです。

 

もちろん、車中泊をするとしたらワンボックスほど快適ではないかもしれませんが、それでも最近の車ではもっとも有望株となっています。

軽自動車は狭いので車中泊はワンボックス推奨

車中泊を軽自動車で行うならばワンボックスが最高です。

 

しかもエブリイワゴンとバモスは古い車もあるので、これを中古で買えば安く手に入ります。

 

例えば釣りなどの趣味で利用するといった場合やその他レジャー利用でも気軽に購入することが出来ます。

 

古い車を買うならば、動力面で要求がないとしたらターボなしのほうがよいでしょう。

 

ターボがあることでとても便利ですが、エンジンなどが傷んでいる可能性があるからです。

 

もしあなたがお得な車中泊用の軽自動車を探しているならば、次の中古車検索サービスを使うと便利なので確認してみてください。

 

⇒非公開の中古車情報まで検討できるサービス詳細【利用無料】

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】