ホンダからリリースされた個性的な軽自動車、N-ONEですが私のこの車に対する評価は「高い・重い・個性的」です。

 

分類としては小型の軽自動車に属するものですが、意外に高さもあったりと外観以外の特徴はなかなかわかりづらかったりします。

 

ここでは、N-ONEは買いなのかをこれから購入検討している方に役立つ情報としてお話していきます。

10万円出してまで外観の良さを取れるのか?

N-ONEは車体価格は118万円ほどで、支出するお金とトレードオフの関係になりますが、その目安は10万円を出して同クラス以外を買って納得するかどうかということになります。

 

細部について言及すればもっといろいろあるのですが、この車を選ぼうとしている方は外観が気に入って買うことを考えていますのでまずはそこからでしょう。

 

なおライバル車としてはスズキラパンが107万円、ダイハツミラココアが118万円とラパンと比較すれば10万円の差となります。

 

ミラココアとは実質的な競合車となる一方で、ラパンとは車体価格面で差をつけられている現状となります。

意外に重い車体重量「840kg」

小型軽自動車ですから車体が軽いのかと思いきや、ふたをあけてみるとなんと840kgもの重さがあります。

 

同クラスではないですが、スズキワゴンRが750kgであり、ダイハツムーヴが810kgとなっていますからどこまで重いのかがわかってもらえるでしょう。

 

とはいえ、意外にも全高は1610mmとそれほど低くないことを考えれば意外な数字でもないのかもしれませんが、見た目とは裏腹に重いということを覚えておいてください。

燃費も2015年現在ではそれほど良くない

車体重量が重いことは燃費と走行性能に直結します。

 

ここでは燃費についてみていきますが、JC08モードによる燃費はリッターあたり23.0kmから28.4kmとそれほどいいものではありません。

 

最近の小型軽自動車は燃費性能の向上へ力を入れているので、N-ONEの燃費が悪いとはいいませんが、それほど良くないということを知っておくと購入時にがっかりしなくて済むでしょう。

 

ホンダはスズキやダイハツよりも燃費の面ではかなり遅れをとっているという事実もありますが、特に小型軽自動車なのに・・・と期待しないことが大切です。

ダイハツキラーのN-ONEを選ぶ理由

個性的な軽自動車はどちらかというとスズキよりもダイハツの強みでしたがここにホンダも参戦した形になります。

 

市場のお話になりますが、ダイハツは女性ユーザーの拡大について考えてきたこともあって、どちらかというと男性ユーザー向けではありませんでした。

 

N-BOX同様に男性のユーザーを確保できるような、外観でもった軽自動車を製造販売することで、男性ユーザーの囲い込みをしようかなんていうホンダの思惑が見え隠れしています。

 

最後にこの車を選ぶならば、試乗をして決めてもらうほうがよいのですが、先ほどお話したように重量が重いこともあって、走行性能に不満があればターボモデルを選んでくださいね。

 

NAエンジン(自然吸気:ターボ以外の普通のエンジン)も悪くないので、そこはあなたの好み次第ということになります。

 

男性ユーザーだとどうしても走行性能って気になりますから、出来ればどちらも乗るようにしましょう。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】