アクアの顔をしたプチバン、それが新型シエンタです。

 

2015年も12月を迎えることになって、そろそろ新型なんていっても車自体が一般的になってきているわけですが、それでもどうしたって注目してしまいます。

 

結構人気もあるようで、納期が他の車種と比べて遅れているようです。

(2015年12月現在で3ヶ月前後)

 

どうしてこれほど注目があるかといえば、プチバン市場に与える影響でしょう。

 

プチバン市場は、ずっとホンダフリードの独壇場であり、トヨタは車の属性を変えたりいろいろな試みをしてきましたが、この牙城は崩すことが出来ませんでした。

 

ですが、フリードが来年フルモデルチェンジをするタイミングでトヨタは勝負に出てきたということになります。

 

これは、車業界の話でどうでもいいと思いますから、ユーザー視点でいうとつまりこういうことになるでしょう。

 

「シエンタとフリードはどっちがいいの?」

 

または、

 

「シエンタは今買いなの?」

 

私もプチバンを購入するとしたら気になります!

 

気になって夜も眠れないぐらいに・・・ってほどじゃないですが、職場でサボってカタログを見るぐらいには気になります。

 

ですから、今回は

 

  • フリードのモデルチェンジを待つか、シエンタを購入するか
  • シエンタを購入するならどんな点が良いのか

 

ということについてみていきます。

まずは新型シエンタの特徴を理解する

新型シエンタの特徴は、ハイブリッドモデルがあることです。

 

ガソリンモデルもハイブリッドモデルもガソリンエンジンは1.5Lで、車体重量が1320kgあることを考えると、フル乗車時にはガソリンエンジン1.5Lだけでは力不足でしょう。

 

ただ、駆動輪の選択については残念ながらハイブリッドモデルではFFしかなく、4WDの選択はガソリンエンジンモデルにしかありません。

 

これは積雪するような地域では問題になってきますね。

 

たいして、市街地走行ではほとんど影響がなく、価格差以外でハイブリッドモデルを選ばない理由は無いかもしれません。

 

なお、ハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差は54万円と結構大きいので、ガソリン車を選ぶには大きな理由になっています。(事実、納期の遅れはガソリン車のほうが大きいので売れているか、予想外に注文が入ったかのいずれか)

 

エコカー減税については、ハイブリッドモデルでは取得税・重量税ともに免税であるのにたいして、ガソリン車では取得税60%と重量税50%となっています。

 

残念なことに4WDモデルにエコカー減税の適用はありません。

 

燃費については次のようになっています。

 

  • ガソリンFF:20.6km/L(グレードはXVパッケージ)
  • ガソリン4WD:15.4km/L
  • ハイブリッド:27.2km/L

 

どれもJC08モードの通称カタログ燃費であって、実燃費は4WDを除いてここまで大きな差かつかずにリッターあたり20kmで落ち着いています。

 

とまあ、概要についてはこのようになっています。

 

次に旧シエンタからの変更点でどのような車になったのか、特に車内についてみていきます。

旧シエンタからの変更点(良い点・悪い点有り)

ハイブリッドモデルの追加が大きな変更点であるのは当然ですが、ここでは車内の状況についてみていきます。

 

プチバンは乗るときに横にずれていくような動きがありますので、2列目シートの中央レールがなくなったのが大きいです。

 

特にご高齢であれば大きな負担となりますが、この中央レールが無くなったことによって相当楽になったは間違えありません。

 

また、3列目を使ったときに従来であれば窮屈さはどうしても感じてしまいますが、ひざ部に余裕が出来て身体的にも精神的にも快適で、またベンチシートを採用したのでここでも横間の移動が容易になっています。

 

ここまでが良い点です。

 

それにたいして、この良い点に伴う代償なのかもしれませんが、2列目シート下の収納スペースがなくなりました。

 

もちろん、使わないという人にとってはどうでもいいことですが、便利に使っているという人にとってはマイナスでしょう。

 

とはいえ、シート後ろのポケットに入るものも多いので、致命的な欠陥ではなく総合的に考えれば快適性が増して便利になったのではないでしょうか。

フリードは来年フルモデルチェンジを予定している

ここからは特に重要ですが、フリードは2016年中にフルモデルチェンジが控えています。

 

新型シエンタも注目度は高いわけですが、新型フリードも注目度は高く、どのぐらいのものかというと、2年前からずっと新型についてうわさされているほどです。

 

簡単な概要でいうと、新型フリードはダウンサイジングターボエンジンが搭載されることやホンダ特有の低い床の車で縦の空間が広かったりと注目度は高い車となっています。

 

ですから、今すぐどうしてもシエンタが欲しいと決めていたり、トヨタブランドしか信じないという方は別として、まだ様子を見てもいいのではないかと考えています。

 

というのも、現在のシエンタ納期が2016年4月前後ですから、この頃にはフリードも現実的な話が出てきて十分に比較できるからです。

 

シエンタも良い車ですが、ホンダフリードがこのプチバン市場を独占していただけに、いい車を買いたいと考える方はまだまだ様子見のほうがいいのではないかなんて考えています。

 

待てない方は試乗や見積りだけはしておいてもいいかもしれませんが・・・私なら納期の都合もあるので待ちます。

 

ということで、シエンタとフリードはどちらがいいのというと保留ということになります。

 

なお、現行のフリードの場合には3列目のシートアレンジもあって、シエンタのほうが有利なので当然シエンタのほうがいいのかもしれません。

 

現行フリードの3列目は跳ね上げシートであって、シエンタは下に格納できるタイプですからね。

 

ただし、格納タイプの3列目の質は悪いことが多いといわれているので、ここでもトレードオフがあります。

 

普段3列目を利用するような状況ならばフリードにも良い点があるかもしれませんし、普段3列目を利用しないとしたら荷物置きスペースとしてシエンタのほうが有利でしょう。

シエンタを購入するなら断然ハイブリッドモデルが良い

最後にシエンタを買うならばどのグレードが良いのかという点です。

 

断然、ハイブリッドモデルが良いと結論付けます。

 

理由としては、動力性能でガソリンエンジンでは非力だからです。

 

プチバンを買う方は結構人や荷物を載せる機会が多く、そうなるとどうしても動力性能が気になります。

 

大人数で乗ってしまうと、ガソリンエンジンでは1320Kgの車体重量と人や荷物で車を快適に動かせるとは思えません。

 

もちろん、ガソリンモデルとハイブリッドモデルでは価格差が54万円あることもかなり大きいわけですが、もしあなたがよく人を乗せるような状況ならばハイブリッドモデルを選ぶべきでしょう。

 

最後に新型シエンタのスペックについては次のようになっています。

エンジン 駆動形式 グレード 燃費(km/L) 価格 エコカー減税

取得税

重量税

ハイブリッド FF G 27.2 2329855 100%

100%

X 2226763
ガソリン G 20.2 1980327 60%

50%

X 1816363
XV

パッケージ

20.6 1689709
4WD G 15.4 2121709 適用無し
X 1957745
XV

パッケージ

1831091

こうやって並べると4WDのエコカー減税適用が無いのがとても目立ちます。

 

ここらへんがシエンタの弱点なんじゃないかなんて思っているのですがどうでしょうか。

 

価格は高いですが、シエンタを買うならばハイブリッドモデルを検討する、そのうえでさすがに高すぎるということならばガソリンモデルでも良いでしょう。

 

ただ、最低グレードのガソリンモデルと比べると価格差は目立ちますが、上位グレードならばそれほどでもないことに注目してもらえると大きい気がしないかもしれません。

 

まとめると、来年にフリードのモデルチェンジも控えていることを考えると、納期の関係からシエンタを無理に買い急ぐ必要はないこと。

 

そして、シエンタを買うならば重量と出力の関係からハイブリッドモデルを選ぶようにしてください。

 

以上、あなたの車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】