最近、ホンダ車の人気が落ちたような気がします。

 

これは私の感じているところなので主観が伴っていますが、コンパクトカー対決でいえばトヨタアクアに販売台数の点で負けてしまっています。

 

今回、そんな敗者のレッテルを貼られてしまったホンダフィットの良い点、悪い点についてみていきます。

賛否両論あるが良い車であることは変わらない

まず良い車なのは間違え有りません。

 

ホンダフィットを保有した方なら使いやすい日常車であることは知っていると思いますが、その期待を十分に裏切らないものとなっています。

 

今回のホンダフィットは3世代目なのですが、今までいい意味で個性がなかった外観にスポーティーさが出ているのがどうも問題のようです。

なぜフィットのデザインがダサく感じてしまうのか

私と同じ意見の方も少なくないはずですが、現在の車ユーザーがスポーツ感を求めているのかということは非常に重要だと考えています。

 

というのも、なぜ日常的に利用する車に走る楽しみテイストを外観で演出したかったのか、これは非常に謎なのです。

 

もちろん、そういった外観が好きな方もいるでしょう。ちなみに私も嫌いではありません。

 

ただ、フィットとアクアのデザインを比較すると、どうしても気になってしまうわけですね。

 

例えるなら派手なスキーウェアと派手ではないスノーボードウェアの差ぐらいあるように思えます。

 

少し言いすぎかもしれませんが、現在のユーザーが求めているのは葉で過ぎないスノーボードウェアなのではないかと思います。

 

昔に比べてホンダは元気がなくなった!なんていう意見がありますが、私は外観でこの元気のよさをアピールするべきではないと考えます。

 

コストの面で通らないのでしょうけれども、昔のVTECのような高い技術力を安価な車に搭載するような、そういった技術力のホンダを再び見ることが出来るのでしょうか。

 

スポーツ色が出ている日常車はそれほど見たくない、これが私の意見です。

 

どうもフィットのデザインが空回りしているのはこのようなズレなのではないでしょうか。

アクアに比べて全高が高いことに注目する

ここまでフィットを悪く言いましたが、良いところも当然あります。

 

全高が高いことで、車内スペースが広くなるので特に後部座席に乗っている方にとっては、非常に快適です。

 

高さが全てではないですが、天井が低いと圧迫感を感じてしまうのでアクアと乗り比べたときにはかなり差があるように感じました。

 

気になる方は試乗で乗り比べてみてください。

外観が気に入るホンダファンなら選択するのは有り(だと思う・・・)

どうしてもフィットの話をするときはアクアと比較してしまいますが仕方ないことですよね。

 

ちなみに、軽自動車かフィットかどちらがよいかと考えれば、軽自動車を持つ明確な理由がないならフィットのほうがよいかもしれません。

 

近年は軽自動車ブームでしたが、車体価格はお世辞にも安いとはいえないほどの額になってきています。

 

例えば、ダイハツタントは150万円前後とコンパクトカーとそれほど変わらないものになっています。

 

そして維持費も細かいところまで気にしないなら年間数万円~10万円いかないぐらいとそこまで大きく変わるものでは有りません。

 

ですから、普通車であるフィットを選ぶことはそれほど悪いとは言えませんから、コスト以外で選考したいというなら検討してみてはいかがでしょうか。

 

ただ、皆さんアクアも見に行くとアクアを選んでしまうのですよね・・・

 

ということで外観が気に入ってホンダが好きならフィットを選んでもよいのではないでしょうか。

 

積極的にはオススメはしませんが^^;

 

以上、車選びにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】