車を売るときの見積もりはどのようにしていますか?

 

下取りならディーラー、または最近は車買取専門店に持ち込むなんていうのもありますね。

 

ただし、どれも最新のものではないことをあなたはご存知でしょうか?

 

今回は車買取査定を依頼するときに損をしない方法についてみていきます。

今はインターネットで見積もりを依頼するのが主流

インターネットで相場を調べたり、査定の依頼をすることが現在の流れになります。

 

実はこの流れ、少し前から起こっていたことなのですが、そのときにはインターネットにかわって「電話」でした。

 

電話で見積もり依頼をするわけですから、結構めんどくさかったりするのでそこまでメジャーではなかったのですが、現在はインターネットで一度操作すれば後は同じように見積もり依頼が出来るようになって主流となったということになります。

 

それよりも前の方法では、ほとんどの方は下取りに出してしまうというのが多かったわけですが、なぜこの方法から現在のインターネット買取見積もりに変わったのかといえば、交渉であなたが有利になるためです。

 

逆にいうと下取りという方法があなたに不利だったことになります。

 

現在でも車を処分するときには、約8割の方が下取で処分してしまっています。

 

つまり、多くの人はもっと高く車を評価されるべきだったにもかかわらず、安い金額で手放しているのです。

 

あなたは車を買い替えるときに下取を選択したでしょうか?

 

次に下取がどうして不利なのかどうかという点についてみていきます。

過去の方法となった下取りはなぜダメなのか?

下取りは全部が全部、ダメというわけではないのですが、特に買取金額で不利になることが多いです。

 

下取りというのは、あなたの交渉立場が弱くなってしまうのです。

 

これはどういうことかといえば、下取りをするとなればもう他の業者と査定を競うことはありません。

 

つまり、ディーラーからすれば確実に売ってくれるあなたを独占しているわけで、そんな相手から車を高く買う必要はないですよね。

 

ですから、下取りというのは車評価額としては不利であるということになります。

 

ただ下取りも全面的に不利であるというわけでなく有利な点は、書類の手続きなどを買うときと売るときまとめてやってくれるという点でしょうか。

 

それでも多くの方はより多くお金が入ったほうがよいと考えます。

 

あなたもそうではありませんか?

 

もしあなたが、出来れば高く評価されたいのなら交渉力を強くするための施策として、下取以外にも見積もりを得て比較することが大切です。

 

そのため、複数業者に見積もりを依頼するということが重要になってきます。

 

ただ、どのぐらいの業者に見積もりを依頼すべきかということが疑問ですよね。

 

次にそれをみていきます。

見積数は多いほうが良く比較しなければならない

一般に見積もり数は多いほうがよいといわれています。

 

これは比較することで、あなたの交渉力が強くなるからです。

 

先ほどお話したように、ひとつの場所にしか売れないがあなたは確実に売ることが決まっているとしたら、相手はあなたから車を高く買おうとは思いません。

 

車に高い見積もりを付けるからこそ、競争に勝って車を仕入れることが出来るという状態を作ることが大切です。

 

つまりは、相手にも車を高く買う理由を与えないといけません。

 

そのため、見積もり数は少ないよりも多いほうがよいということになります。

損をしたくない方はインターネットで見積もり依頼する

出来れば高く売りたいと考える方は多くても、最高額まで粘ろうという方はある意味では少ないのかもしれません。

 

私も最高額で売るというのは大変だと思いますので、程ほどに高くというところでよいのではないかと考えています。

 

そして嬉しいことに、程ほどに高く売るということが損をしないというところと同じ、つまりは、ある程度高く売ることで損をしないということを同時に達成できるということです。

 

世の中、手間を惜しむとむしられる構造になっています。

 

少しの手間を惜しむことで、数十万円前後変わってくるとしたらあなたはどうでしょうか?

 

見積もりは少ない業者数で済ますことなく、妥当数申し込むべきということになります。

 

まとめると、インターネットで見積もりを依頼するのが現在は主流で、その理由は少なくない業者に見積もりを簡単に依頼して、損することなくほどほどに高く売ることが出来るからです。

 

もし、あなたが車を出来る限り高く売りたいと考えていて、それでも手間がかかるのは避けたいと考えているならばネット査定依頼サービスの詳細を確認してください。

 

⇒ネット査定依頼サービス詳細はこちら【利用無料】

 

以上が車を売るときの見積もり方法となります。

 

お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】