車を売るとしたときにあなたが取る行動はどんなものでしょうか。

 

まずは情報を調べる?

 

それともすぐにタウンページをめくって電話でしょうか?

 

どちらも正解です。

 

ただ、車を高く売りたいということなら、現代であれば正解は1つしかありません。

 

インターネットで地域の査定業者に査定依頼をすぐにすることです!

 

というのも、査定業者は車を実は安く買いたいなんて思っているわけですし、車の価値は1日単位で下落していくのです。

 

このような状況で、2つの問題点を効果的に解決するのがネットで車査定を申し込むことだったりします。

 

とはいえ、これだけでは実感が湧かないでしょうし、なんだか乗せられている気がするのも否めません。

 

これらについて詳細にみていきたいと思いますのでご確認ください。

多くの業者に見積もりを依頼して比較して売るだけ

やることはそれほど多くありません。

 

交渉の方法や洗車なども必要はありません。

 

なので調べる必要も実はそれほど無いのです。

 

重要なのは車を査定する業者間を競争させて、一番高い業者に売る、これだけです。

 

競争させなければいけませんから、多くの業者に見積もりを依頼する、ということになります。

なぜ見積もりを比較しなければいけないのか?

車買取業者は基本的に最安値で買おうとしてきます。

 

テレビCMでは高く買うって言っていたじゃないか!?なんて思いますけれども、これはセールストークです。

 

業者のために、ひとつ言葉を加えておくとしたら「車を高く買います!(可能性があり)」ぐらいで見ておきましょう。

 

車買取業というのは転売ビジネスです。

 

あなたから車を仕入れて、それを業者オークションにすぐ横流しして儲けるという流れになります。

 

ですから、仕入れる額を安くすれば儲けが大きくなるわけですね。

 

やっていることはシンプルにいえばこのようになります。

 

ここであなたに質問です。

 

安く買おうとする業者は悪いでしょうか?

 

テレビCMで高く買うといっている状況ですから、悪いという意見もあるでしょう。

 

ただ、私は別に普通のことだと思っています。

 

というのも、商売の基本は「安く仕入れて高く売る」ですよね?

 

業者オークションに流すとしたら高く売るのは難しいでしょうから、安く仕入れるしかありません。

 

車買取というのはある意味ではオープンプライスです。

 

自由に価格設定をしていいわけです。

 

ですから、車買取業者としてはそれほど悪いことはしていません。

 

ちょっと厳しい言い方をしますが、車を高く売るという目的においてもしなにか問題があるとしたら車を売る側にあるのかもしれません。

 

というのも、業者としては状況が状況なら高く買う用意があるのに、その状況を作らなかったからです。

 

つまり、車を安く売ってしまうとしたらあなたにも責任があるのです。

 

競争社会では手間を惜しんだり、変なこだわりを持ったりする人はむしり取られる構造になっています。

 

せっかく高く売れる車を少しの手間を惜しんで安く売ってしまってはもったいないですよね?

 

私も出来ることなら高く売って欲しいと思っています。

 

特定の業者だけ儲けさせるよりもみんな儲かったほうがよいですからね^^;

 

ということでもし手間をかけられるなら、車を高く売りたいなら、業者間比較は行ってください。

査定額の比較無しVS比較有りの結果

比較しないときにはあなたの希望最低価格で車を買われてしまいます。

 

ちなみに車買取業者は査定のプロというよりも、車オーナーの希望最低価格を探るプロだと思ってください。

 

実は査定なんて報告されている内容が虚偽でないかを確認したら、スマホのゲームでもしているかもしれませんよ。(査定しているフリ^^;)

 

「希望最低価格なんていわないから大丈夫!」なんて思わないでくださいね。

 

様々な方法で探ってきますから、もう言わないつもりなら何もしゃべらない、目も動かさないぐらいの状態で無ければいけません。

 

なかなか普通の人には難しいですよね。

 

ですから、比較して欲しいのです。

 

比較することで業者間の競争をさせることになりますので、希望最低価格で買うことは談合などをしなければ諦めるしかありません。(談合とは裏で業者間で相談して車を安く買う行為で禁止されている)

 

つまりは、比較しない場合は業者とあなたとの交渉、比較する場合には業者間の交渉となります。

 

比較しないケースでは唯一、あなたが流通相場に飛びぬけて詳しいなら問題ないでしょう。

 

ただ、そういった人は自分で車を売ると思います^^;

 

多くの方は詳しくないでしょうから、査定額の比較をしてくださいね。

損をしたくない人は今すぐ査定依頼が望ましい

車を高く売りたいなら業者間競争は必須ということをお話してきました。

 

それを踏まえたうえでの車を売るときの窓口は、多くの業者に見積もりを依頼できるサービスとなります。

 

とはいえ、実際にどんなものか知らないことには車査定を申し込むのも大変でしょうから、あなたが納得してから申し込みをすればいいと思います。

 

もし、あなたが金銭的な損をしたくないというならば、今すぐネット査定の詳細だけは確認しておくのが望ましいでしょう。

 

⇒ネット査定依頼サービスの詳細はこちら【利用無料】

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】