あなたが初めて車を売るときには気をつけて欲しいことが3つあります。

 

  • 安く売らないためには査定額を比較する
  • 面倒な業者を避けて公正な業者を選ぶ必要がある
  • 買取業者に協力すると査定額がアップする

 

これらは、車を売るときの基本中の基本です。

 

車以外にも買取サービスを行ったことがある方ならしっくりきますよね。

 

ただ、ブランド物のバッグなどと異なり、車の金額は概ねそれ以上に高いものとなります。

 

もし交渉ごとが苦手という方でも、面倒が苦手という方でもこれを守るかどうかで給料1回分ぐらいの差が出るとしたら少し気をつけてみたいと思いませんか?

 

車を売るのは初めてという方はもちろん、過去に売ったことがある方も基本を確認してください。

必ず査定は比較する

査定は必ず比較をするというのは、多くの場合に競争をさせるためとその価格が適切なのかを判断するために行います。

 

なぜ競争をさせる必要があるのでしょうか?

 

競争を発生させる理由は車買取業者というのは出来るだけ車を安く買いたいのがホンネだからです。

 

つまり、可能な限り安く買おうとしてくるというわけです。

 

あなたは車の相場に詳しい方でしょうか?

 

残念ながら99.9%の方は相場が妥当か判断できません。

 

そのため、業者が提示した額が車の価値であると考えるしかありません。

 

ただし、ここで競争があればある程度、真の車の価値に自動的に近づけることが可能なのです。

 

競争を発生させることで車を安く売ることを防ぐだけでなく、車の市場価値を判断することも出来るというわけです。

 

そのため、1社のみの査定額で判断してはいけないのです。

 

なお、下取額も車買取額と比べてみてください。

 

結局、車を買うときに車を売った代金を充てるなら値引きと比較しても同じです。

 

そして多くの場合には買取のほうが有利である場合が多いのも要注意です。

印象の良し悪しで決めるのではなく査定額で決める

人が感情的に判断するときにはイメージの良し悪しで判断することが多いようです。

 

でもちょっと待ってください!

 

あなたが車を高く売りたいのであればあまり印象にとらわれないでください。

 

接客態度がお世辞にも良いとはいえない業者が最高の買取額を提示することもあるのです。

 

感覚的な良し悪しで判断することは悪いことではありませんが、それが目的と合致しているのか、今一度考えてみて欲しいと思います。

本当に迷惑な査定業者がいるので注意!

車買取業者は印象が悪いですね。

 

車ではなく、二輪車において業界最大手の会社が悪評が絶えません。(気になる方は「バイク買取 帰らない」で検索してみてください。)

 

買取業というのは出張査定などを行っているような物品に関して、実は相当儲かるのです。

 

当たり前ですが、儲かるからわざわざ、無料で出張査定までしても問題が無いわけですね。

 

車以外にもバイクやブランド物、貴金属の価格が高騰しているときにはこれも含まれるかもしれません。

 

それに対して、本などをわざわざ出張で買取に来ることは少ないですね。(量が尋常じゃないときは別)

 

こういった儲かる物品の買取業は、参入するのもそれほど大変ではなく、市場が飽和してしてしまうのも早いのが特徴です。

 

今回、お話の中心である車に関しては、車を買って売ってというライフサイクルがありますので、車というものに価値がある限りある程度問題は無いですが、それでも業者の数が増えてきています。

 

車買取業者のお話に戻しましょう。

 

そんな中で我さきにと競合他社よりも早く、時には強引に買取を行う業者がいるのも事実です。

 

この業者、たちが悪いのが強引な業者は車を安く買うことが多い点です!

 

車買取業者は体育会企業が多く、「買い取るまで帰ってこない」なんていう教育をしている会社もあるだとか・・・

 

そんなわけで、圧迫管理されている末端の営業マンがあなたに高圧的に当たることもあります!

 

こんなのに巻き込まれたら、面倒は増えるし車は安く買われるしで最悪です。

 

これを防ぐ方法は、「実際に車を査定するときの予約時に買取額を比較して高く売れる業者を探す」とアピールしてください。

 

そもそも、安く買いたいという思惑のもと、高圧的な営業をかける場合がありますので、安く買えないならあなたに用は無いというわけですね。

 

結構重要なことなので、【安く買う業者を避ける⇒面倒な業者を避けることが出来る】ということを覚えておいてください。

特定の業者(看板)で決め付けない

車買取業者では、最大手のガリバーが市場シェアの1/3を握っているといわれています。

 

そして急成長した企業でもあります。

 

最大手だから取引件数や知名度が増えることでの影響もありますが、どうしても悪い評判は現在のインターネットでは共有されてしまうようです。

 

ただし、ここでは車を高く売る、安く売らないことを考えるべきであり、特定の業者について嫌いだからと避ける意味は余りありません。

 

そもそも、販売所や担当者によって相当変わってくるもので、こればっかりは依頼してみないと信頼できる人がくるかどうかは分からないとわけです。

 

このようなことから、特定の業者は悪だ!とステレオタイプに決め付けてしまうのがよくありません。

 

あなたの車を売る目的は何でしょうか?

 

損をしたくない、車を高く売りたいと考えているのなら、あまり意味の無いこだわりはやめたほうが無難です。

相手のことも考えてあげると査定額が有利に!

車買取業者もビジネスとしてあなたの車を買い取りにきます。

 

あなたから買った車をどうするかといえば、すぐに業者オークションに転売して差額を儲けるというのがビジネスモデルです。

 

つまり、買取に掛かる期間や手間などを勘案してしまうのです。

 

例をあげましょう。

 

交渉は楽だろうけれども今すぐ売ってくれないと思われる客は相手をしたくありません。

 

反面、比較されて安く買えないだろう相手でも今すぐ売ってくれるとなれば話は変わってきます。

 

転売ビジネスは一回で大きく儲けるのも良いですが、回数をこなすことでも利益を積み上げることが出来ます。

 

ですから、あなたが車をすぐに売れるように車買取業者に協力してあげると、査定額が有利になります。

 

これは競争が成立している場合に有効で、争うことで業者間で利益が小さくなってしまいますが、買い取ることができればすぐに換金できます。

 

あなたが車を出来るだけ高く売りたいという目的と、業者が車を買い取って利益をあげたいという、両者の利益を合わせることが出来ますので、車査定の前に売る準備をしておくことをオススメします!

査定前に用意しておくと良い書類など

車を売るときに必要な書類というものはそれほど多くありませんし、基本的に1日で用意できるものばかりです。

 

ただし、欠品している場合などもありますので、そのときには事前にあるかどうか確認しておくようにしましょう。

 

基本的に以下の書類と名義が異なるケースでは住民票などが必要になります。

 

  • 車検証
  • 納税証明書(自動車税)
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書

 

このほかにも「委任状」「譲渡証明書」という書類が必要ですが、車を売るときに業者が用意するので問題ありません。

 

車検証を閉じこんでいる中に車検証と納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証明書が同封されていることが多く、実際に用意するという意味では印鑑証明書とその実印なのではないかと思います。

 

これらをまとめておくことと高く査定額を付けてくれるなら今日中にでも車を持っていってもよいと、言い方は悪いですがちらつかせることで競争を煽(あお)ってください。

 

本当に面白いほど査定額が変わってきますよ?

 

業者も本気になります!

最初に手間をかけておくと後が楽になる

以上、初心者や初めて車を売る方の注意点についてお話してきました。

 

  • 査定額を比較する
  • 面倒な業者は避ける
  • 業者に協力すると査定額アップする

 

これらを守ることは初心者は当然のことながら、車をよく知っている方でも当然重要です。

 

転売ビジネスをしている方なら、重要さが分かってもらえるでしょう。

 

最後に、車を安く売らずに高く売るとしたら、多少手間がかかってしまうのを覚悟してください。

 

とはいっても、たかだか申込みに10分多くかけ、電話対応とメール対応に1時間ほど、実際に車を見に来るときには1時間~数時間。

 

申込み数によって変わってきますが、大切なのは最初をしっかりしておくと大変後が楽になる点です。

 

というのも、途中でも申し上げましたが高く買う業者だけにきてもらえればそれでよく、安く買おうとする業者は避けるほうが無難なのです。

 

一般に車買取業者の査定をする数に比例して買取額が上昇するなんていわれていますが、これは高く買う業者の数だけだと思ってください。

 

そのため、最初にある程度選別できれば後が楽になります。

 

安く買おうとする業者の相手をするのはあなたも面倒ではありませんか?

 

業者としても安く買うことが出来ないならあなたのもとへきたくなかったかもしれません^^;

 

お互いのためにも、次のような感じでアピールしておきましょう。

 

「査定額を比較して高く買ってくれる業者を求めています!ただし、すぐに車を引き渡せますのでよろしくお願いします!」

 

高く買う業者だけ相手にすることであなたは面倒な時間や手間を避けることができ、後に掛かる数時間を1時間以内に短縮することも可能でしょう。

 

初めて車を売る方の注意点については以上になります。

 

なお、査定依頼はネットが便利で査定料を請求されることなく出張査定をしてくれますので、これからという方は続きを確認してください。

 

⇒ネット査定申し込みサービスの詳細【利用無料】

 

それではあなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】