車を売りたいと決まっているなら早く見積もりをとったほうがお得です!というのは根拠のあることです。

 

車の相場は1日単位で変動しているといわれ、フェラーリなどの存在だけで価値がある車は例外としても、レクサスやベンツなどでもどんどん価値が落ちていくのです。

 

特に売る日程が決まっているのにも関わらず、面倒だからといって先送りにする場合があります。

 

これってもったいないことだと思いませんか?

 

もう少し早く依頼していたら数万円の査定額が回収できたのもかかわらず、後回しにしてしまったら損をしてしまうということを言いたいのです。

 

とはいえ、なぜ価値下落していくのかということについて理解することで納得するでしょうから、それを個別にみていきたいと思います。

 

まずはなぜ早く見積もりを取るべきかという点についてです。

なぜ早く見積もりを取らないといけないのか?

なぜそこまで急がないといけないかといえば、車の価値は日々下がってしまうことが理由です。

 

車の買取額というのは業者が使っているオークションの価格に連動しています。

 

ここで良い価格が付く車は高く買取が出来るということになります。

 

このオークションは全国各地でほとんど毎日開催されているために、毎日相場が更新されているというわけです。

 

そして車の価値というのはフェラーリやポルシェのような車でなければ日々価格が下がっていきます。

 

なので見積もりだけでも早く取らないといけないというわけです。

見積もりにも有効期限があるので注意する

早く見積もりを取ったからといって、見積もりには有効期限が存在します。

 

当たり前ですが、毎日価格情報が更新されるのにずっと保留にしてくれるわけがありません。

 

そのため、早く見積もりを依頼しなければいけないことも大切ですが、ある程度引き渡せる日時が決まってから申し込むことも重要です。

急激に車の価値が低下するモデルチェンジ情報

あなたは新しくなる車が発売されるというのに、古い車を買おうと思うでしょうか?

 

私なら買いませんし、買おうと思うなら安く買いたいです。

 

この思惑は車の相場にも反映されているので、モデルチェンジ情報で車の価値が下がってしまうのです。

 

しかも、ここが重要です。

 

モデルチェンジした車が発売されたタイミングではなく、情報が発信されたときに価値が下がってしまうわけです。

 

ですから、一日前にはもっと価値が有った車が、一夜明けたら数万円~数十万円変わるということもあるでしょう。

 

保有している車が何か起こったわけではありません。

 

でも市場価値というのは相対的なものですから、残念ですが仕方のないことなのです。

売る日程が決まっているなら書類を用意しておこう!

車を高く売る秘訣ですが、実は書類を用意しておくことって知っていましたか?

 

もっと具体的にいうと、書類を用意したことで業者はあなたが積極的に車を売ってくれるオーナーであると認めるから高く売れるといったほうが良いでしょう。

 

というのも、車を早く売ってくれる相手に対しては業者としても査定額を有利にしてくれるのです。

 

現在、車を売るときは複数業者に見積もりを依頼して比較することが当たり前になっていますので、そのような状況で業者間競争を起こしてくれたらあなたの車は自然に高く売れるというわけです。

 

車買取業者も慈善事業ではありませんので、無料で出張査定をするのには車を買い取って利益を出すことを目論んでいます。

 

そして、車を買い取れないなら利益を出すことが出来ませんから、売ってくれそうにないオーナーよりも売ってくれるオーナーを優遇するのは当然でしょう。

 

面倒な交渉ごとよりも、業者を本気にさせる準備をする、そのための書類ということになります。

 

車を高く売るときに必要な書類はこちら
  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住所が変わっていたら住民票

 

その他、譲渡証明書と委任状が必要になりますが車買取業者が用意しますので心配要りません。

車の価値が下がる前に見積もりを済ませておく

車を売るということが決まったならまずは見積もりを依頼してください。

 

実際に面倒だと考えるかもしれませんが、基本的に時間を作って家に来てもらって見積もりをしてもらうだけです。

 

申込みも今はインターネットで一発で完了しますので、あなたの手間は次の3つしかありません。

 

  • 車を売るときの見積もり依頼に1分
  • 出張査定の予約対応に1時間前後
  • 実際に車を見て見積もりをするときに1時間~3時間

 

普通の車オーナーであればこれらの時間をかけて数十万円手に出来るお金が変わってくるとしたらやってみようと考えるはずです。

 

時間が経過するごとに車の価値は確実に下がっていきますし、モデルチェンジ情報などのイベントで一気に低下してしまうかもしれません。

 

このようなリスクを負っているということを認識したうえで、損をしたくない方は面倒であっても見積もり依頼だけはしておいてください。

 

そうすれば、後は受身で事が進みます。

 

まとめると、お金を損したくない方は今すぐ見積もり申込みしたほうが良いということになります。

 

なお、ネットで査定を依頼するときには申し込み後にすぐ概算額がわかるサービスを利用すると安く売って損をすることを防げます。

 

もしひいきにしている業者などはなく、損をしたくないと考えているならば詳細を確認してみてください。

 

⇒依頼後に査定概算額がわかるサービス詳細【利用無料】

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】