交換したときはかっこいいと思っていた社外パーツ(いや、今も思っているかも)。

 

いざ、売るときになるとこれらは評価されるのか。

 

こんな疑問はありませんか?

 

もう知っているかもしれませんが、概要を先にいうと社外パーツは多くの場合に評価されず、むしろマイナス査定なんていうことも多いのが現実です。

 

ただ、実際に少し手間をかけるだけでこのマイナス査定を打ち消したり、金銭的に得が出来たりするのをご存知でしょうか?

 

せっかく買ったパーツですから出来れば評価して欲しいもの。

 

もしあなたが少しの手間を負担したとしても金銭的に得をしたいならばこちらでその方法を確認して欲しいと思います。

 

それではまず、査定減額を防ぐ方法からみていきます。

純正パーツがあるなら一緒に引き渡すだけでOK!

純正パーツがあるなら一緒に渡してください。

 

特に外したりする必要はありません。

 

ちなみに外してもらってもかまわないですが、査定前に行ってください。

 

社外パーツは評価されないといわれていますが、それでも評価されている可能性があります。

 

さらにこれは公に言って良いのかわかりませんが、評価されていなくても担当者が外して売ってお小遣いにしようと目論んでいる場合があります。

 

外さないなら純正パーツがあれば一緒に引き渡し、外すなら査定前に外してください。

なぜ社外パーツは評価されない?

あなたがどのような車が好きかわかりませんが、多くの方は車を改造することはしません。

 

そして中古車に流通させるときに一番の関心ごとは欲しい人に対してよい車を提示できるかどうかということになります。

 

つまり、トヨタアクアを乗用目的で乗ろうとしている老夫婦に対して、改造したものを提供しても買うかどうかというと買わないことが多いでしょう。

 

改造は個性が反映される分、中古車の価値として評価すると難しい部分が多いのです。

 

ただし、ホイールなどの多くの方が良しとする改造については評価されるでしょう。

 

また、車の属性によっても変わります。

 

スカイラインGT-Rのちょっとしたスポーツ改造なら、スポーツカーに乗りたい人に受けるようならきっと評価されるでしょう。

 

このように、対象とする属性を考えてみると、改めて流通したときに改造した車が売れるかどうか、という視点で考えてみてください。

 

多くの方が欲しい車体パーツは評価されるということで納得できますか?

カーナビはどうする?

ナビはそれほど評価されません。

 

一昔前にはCDやDVD、少し立ってHD内臓型なんていうのも技術革新のたびに変わってきています。

 

さらに現在はナビがあってもスマホで済ませる人も少なくありませんね。

 

昔はナビがあるというだけで価値があったものです。

 

今としてはただ画面が付いているだけ、これぐらいで考えてください。

 

業者オークションのゴミ箱にはナビが捨てられていることが多いらしく、本当に評価されないパーツなんだと実感します。

 

ただ、一部の高級ナビは評価されるかもしれません。

外装(カウル)交換したものは価値が落ちる可能性大

カウルが簡単に交換できるような、つまりは穴をあけて取り付けているようなケースでなければ問題ないのですが、穴を開けての取り付けはかなり評価が落ちると覚悟してください。

 

というのも、例えばミニバンでカウルをつけるような改造をしている車を見ますが、果たして大多数に派手な外装が受け入れられるでしょうか?

 

外せばなんとかなるならまだしも、穴を開けてしまって取り付けてしまったら評価が落ちるのは当然ですね。

車体シート(レカロ)は外したほうが良い

スポーツカーにはシートを20万円以上する高級シートに換えている場合があります。

 

私もスカイラインに乗っていたときはレカロシートをつけていました。

 

これは中古でも10万円前後で売ることもできるので、できれば外して売ったほうが良いでしょう。

 

ただ、よくあるのがレカロシートをつけるような車は純正のシートも良いものが付いていて、既に処分してしまったような場合。

 

このときには、買取を行うときにレカロシートが評価されることや値段的なものも先に聞いておきましょう。

 

後からではいくらでも何とでも言えますからね。

 

それでもそれほど強い立場になれないことには注意してください^^;

 

やっぱり純正のパーツが一番ですからね。

 

外して個別に売却するならば、査定を受ける前に外しておいてください。

社外パーツを外して単体で売るのもあり

何度も申し上げていることですが、大切なことなのでもう一度。

 

社外パーツは評価されないことが多いので、外して個別にヤフーオークションなどで売却するのもありですが、査定前に外して置いてください。

 

そうでないと、社外パーツは評価されないのに、外されてマイナス査定や違約金などを請求されても文句は言えません。

 

担当者のお小遣いになるケースもありますし、そうでないケースのほうが多いでしょうけれども、査定時点から車の状態を変えるのは違約となる場合が多いです。

 

それさえ守って手間を多少かけられるなら、ネットオークションでパーツだけ売ってみてください。

 

意外に大きな額になるものもありますので、車を売ることで最大限に金銭を得たいと考えているならば、個別に売れば最適でしょう。

 

ゴミ箱行きになるナビなどは、意外に安ければ欲しいなんていう人も少なくありませんので、まずは検索してみると良いかもしれませんね。

 

なお、これから車を査定依頼しようと考えている方は、さまざまな方法がありますが申し込み後に概算額がわかるサービスがお得です。

 

というのも、査定前に概算額を知っておくことで心の準備が出来て精神的に楽ということ以外にも、安い価格で車を売らずに済むという利点があるからです。

 

もしあなたがこれらの懸念があるのならば、サービス詳細について確認してください。

 

⇒概算額が申し込み後にわかるサービス詳細【利用無料】

 

以上、あなたのカーライフにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】