最近のサイトは何でもランキング化させてしまう傾向にあるようですが、実際に買取店のランキングなんて意味があるのでしょうか?

 

というのも、多くの方が車買取店の評価というものを気にしていることに、疑問に思ったので書いています。

車買取店の評判は担当者次第

実は多くの方が理解しているはずのに、どうしてガリバーやカーセブンなどの看板に対して評価をするのでしょうか。

 

どの業者がという観点ではなく、どの担当者が良い悪いというレベルでなければあまり意味がありません。

 

ただ、評判を検索してしまうのはやっぱり悪い評判が多いからでしょう。

 

担当者や店舗の方針によってかなり変わってくる部分ですのであまりあてにならないのです。

 

それと合わせてランキングというのも全然あてになりません。

悪評の多い車買取店はなぜ?

それでも悪評が多いのはなぜなのか、という点についてお答えします。

 

まず第一に取引量が多い業者ほど悪評が多くなります。

 

業界最大手のガリバーは市場の取引規模でいうと1/3を持っています。

 

つまり車買取が関わる取引の1/3はガリバーによるものなのです。

 

これだけ多く買取を行っていたらそれは悪い評判も当然出ます。

 

車関連の業界というのは、オープン価格といいますか、客とのやり取りによって価格が変動する面があります。

 

悪い言い方かもしれませんが、気前良く払ってくれる相手からは高くお金を徴収して利益率を高くしているのです。

 

これは車買取店に限ったことではなく、車関連業でお堅いイメージがあるディーラーやメーカー関連も同じなのです。

 

そのため、業界全体がこのようなやり方なので大きく取引しているところほどどうしても悪いうわさや評判が出てきてしまうのは仕方がないことといえます。

どうやって良い買取店を決めたらよいのか?

良い買取店の基準を決めないといけません。

 

あなたは礼儀正しい担当者が来る買取店がよいと思っていますか?

 

個人によって解釈が異なりますから、別に良いでしょうけれども私はそうは思いません。

礼儀の良い担当者=良い買取店?

客に対して失礼の無いように当たる担当者は、接客態度としてはすばらしいのかもしれません。

 

日本国内においては、消費者向けのサービスは礼儀による評価のウェイトが高く、このように礼儀の正しさがその他全てを肯定するというのも分からなくもありません。

 

でもこれは、車を売るというサービスであり、そのときのあなたの目的は礼儀正しくて車を安く買われることでしょうか?

 

おそらく違うと思います。

 

車を売るあなたの望みは出来るだけ高く、そして手間無く買い取って欲しい、これではありませんか?

 

つまり礼儀について考える前に良い買取店の条件というのは高く買ってくれる可能性が高い買取店というのが正しい姿であると私は思います。

態度が悪いとしても車を高く買う業者が良い買取店

接客態度が悪かったりすると他の機能についても低い印象を持ちますが、車買取の場合はそんなことは気にしなくてよいと思います。

 

業者としてはあなたから車を買い取って転売して儲けたい、あなたとしては車を手間なく高く買って欲しい、これを達成できる業者が良い業者でしょう。

 

どうしても礼儀正しい行動を取ってくれる担当者にめぐり合いたいというのなら、それもまた悪いことではないでしょう。

 

ただし、車買取においては査定を依頼する業者数に比例して買取額が上昇する傾向があります。

 

そのため、変なこだわりを持って業者数を制限するとせっかく高く売れる車であってもそれほど査定額が伸びないなんていうケースも少なくありません。

 

あなたの目的は礼儀正しい行動を取って欲しいことでしょうか?それとも車を高く売りたいのでしょうか?

 

今一度考えたうえで、ランキングの評価を利用すべきでしょう。

 

最後に高く買う業者というのは、店舗販売も実施している業者の場合には業者オークションの相場以上にお金を払ってくれる可能性がありますので、こういった業者は良い業者といえるでしょう。

 

以上、お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】