誰がどうみてもお金にならないような車は廃車するしかなさそうですが、この費用が無料であったり逆にお金がもらえたりしたら興味がありませんか。

 

というのも実は日本車は廃車をするような車でも価値があるのをご存知ですか?

 

しかもあなたはリサイクル料金を既に払っているのになぜ廃車をするのに費用を取られなければいけないのでしょうか。

 

費用をすでに払っているのにさらにお金が必要なんてよくよく考えるとおかしいですよね。

 

今回は廃車関連のお金についてお話していきます。

お金を払って廃車する時代は終わり

廃車というと車を廃棄処分しなければいけないので、お金や手間がかかるのではないかと思います。

 

だから、ガソリンスタンドなどで廃車無料!なんてのぼりをみると費用無料だからお得だと感じるかもしれません。

 

でもちょっと待ってください!

 

冒頭でもお話しましたけどリサイクル料金を既にあなたは払っていることをお気づきですか?

リサイクル料金が払われているはずなのになぜ廃車費用?

車の廃棄処分費用については既に払っているわけです。

 

そのうえ、料金を取ることだったり無料で廃車しますなんてちょっとおかしくないですか?ということです。

 

正直申し上げますと、実は車には最終的には資源的価値が軽自動車で1万5千円前後、普通車で3万円前後あります。

 

これは鉄くずとしての価値で、解体すればこれだけの価値があるのです。

 

このことを考慮すると、無料で引き取ったり有料で引き取ったりすることについて疑問が出てきませんか?

海外で人気の日本車はパーツ単位で価値がある

日本の車スクラップ広場などを見たときの反応が日本人と海外の人では異なります。

 

日本人「火災など心配なゴミ捨て場だなぁ・・・」

外国人「売り場はどこだ?」

 

車スクラップ広場といえば、もう買い手がいないような車が使えそうなパーツを取り外して山積みにされているような場所です。

 

日本では登録から10年以上経った車や走行距離が10万kmを超えた車は欲しいという人が少ないので、スクラップ処理することが多いのです。

 

土地価格が安い地域にはこのような車スクラップ広場が多く、高速道路が走っているロードサイドや船などをつけることが出来る海岸沿いの近くでは良く見ます。

 

このようなスクラップ、どのような処理になっているか知っていますか?

 

実は海外に輸出してパーツ単位で売られているのです。

 

特に東南アジアでは日本車は信頼性があり大人気なのです。

 

ですから、日本では見向きもされない車を無料で引き取ってどうしているかといえば、一部は資源に、一部は輸出にと部分的に再利用されているわけです。

 

これが無料で引取りを出来るカラクリというわけですね。

 

ところで、無料で引き取っているわけですから、仕入料金は0、かかる費用として輸送費や人件費があるぐらいで、ゴミ処理屋かと思いきや、実は輸出業者なんてことも多く、彼らがあげている利益というのはどの程度だと思いますか?

 

よかったら、外に止まっている会社オーナーや関係者と思わしき方の車を見てください。

 

きっと高級車や外車ではありませんか?

 

まあただで持ってきたものを売っているわけですから儲かるのは当然ですよね。

価値があることを理解したら急にお金が欲しくなりませんか?

実は廃車になるような車でも価値があることについて分かってもらえたと思いますが、どうせならお金が欲しいですよね?

 

ですから、有料で引き取るという業者はもってのほかで、無料で廃車するなんていう業者に車を引き渡すのももったいないという方は、ぜひ買取業者に査定を依頼してみてください。

 

もちろん、査定0円ということを言われるかもしれませんが、ここでちょっとした裏技があります。

 

すぐに車を引き渡せる準備をしていたら、査定が付く可能性があります。

 

すぐ引き渡せるように用意しなければいけないものは、

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券

 

住所が変わっていたら住民票も必要ですが、基本的に印鑑証明書以外は家にあるでしょうから、印鑑証明書、住所が変わっていたら一緒に住民票を役所に取りに行けばOKです。

 

0円といわれたのに何で?と思いますが、出張査定を無料でしている以上、何かしら回収しなければいけないという心理が働きます。

 

これを利用して、せっかく手間をかけてきたのだから、取れるものは取っておかないといけないという心理を利用して、少しでも値段を付けさせるのです。

 

空手で帰るよりは営業マンとしてもよいと考えさせたら儲けものというわけです。

 

ちなみに、もう廃車しか道はないという車についてどのような反応があるかというと、無料出張査定の依頼さえ来ません(笑)。

 

ですから、そうなったときはその後に廃車無料の業者に依頼すればよいということになります。

 

まとめますと、まずは一括で買取査定を依頼して、出張査定を来させたら空手で帰るのはもったいないと思わせるために、すぐ引き渡せる準備をして0円査定でもなんとかお金を回収する。

 

無料出張査定の依頼がこなかったら廃車無料の手続きを依頼すればよいという流れになります。

 

ご活用ください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】