あなたの車は改造していますか?

 

改造車を売るとなるとほとんどの場合には査定額が下がってしまいます。

 

マフラーぐらい変えたって良いじゃないか!と思うかもしれませんが多くの方はそうは思っていないのです。

車に合っていればマフラーが変わっても問題ないケースがある

スポーツカーのマフラー交換は容認されるケースがあります。

 

ただし、あまりにもうるさいマフラーなどはダメです。

 

車を売る側の事情として、保安基準に合う車を販売しなければいけないというものがあります。

 

ですから、保安基準に合致しないような車では、無条件で整備しなければいけないような状況が発生したりするでしょう。

なぜ改造車が嫌がられるのか?

これはユーザー側が嫌がるケースと販売店側が嫌がるケースがあります。

 

販売店側の話でいえば、今話したように保安基準に合致しない車はたとえ現状販売といっても整備しなければいけない義務が発生します。

 

商売をしているのに、このようなリスクをわざわざ背負うなんてナンセンスですよね?

 

なお、どうしても改造車を売って欲しいなんていうケースでは、競技だけに使用することを念書として書かせるケースなんていうのあるようですから、どれほどリスクが大きいか分かりますね。

 

返品や修理依頼を受けるリスクもそうですが、何か事故などが起きたときの補償や評判などを気にしてしまいます。

 

ユーザー側が嫌がるのは、改造してあるような中古車の扱いを考えてしまうわけですね。

 

というのも普通に乗られている車ならおとなしいオーナーが使っていたので、実際はどうか分かりませんがある程度それを期待します。

 

たいして、改造するようなオーナーでは車を荒く使うわけではないですが、改造して使い捨てしたようなイメージを抱いてしまうわけです。

 

ですから、中古車相場としては安くなってしまう、たとえそれが些細な改造であってもです。

悪い評価をされない改造例

ちょっとしたパーツを取り付けたり、交換するような場合には悪い評価はされません。

 

代表的なのはホイールでしょう。

 

これを改造とは言わないなんていう人もいますが立派な改造です。

 

他にもエンジン内の剛性を補強する棒であったり、ライトの色のようなものであれば全然問題ありません。

 

それに対して、もう修復不可能なもの、例えばボディーに穴をあけてカウルをつけるようなものに関しては致命的です。

 

そして最悪なのが、エンジン関連を改造したもの。

 

ターボ車のブースト圧を変更したりしたものは、下手をすると買取不能になることもあります。

 

まあ、これを行うような人は車にある程度詳しいですから、そんなことは当然分かっていると思いますが・・・

 

もし中古車にこのような車が売りに出ていたら気をつけるようにしましょう。

 

ブーストコントローラーなどのチューニングが悪いというわけではありませんが、再び売るときにはかなり不利になるということです。

交換しても純正パーツを取っておけば問題ない

ちょっとした交換程度のものであれば、純正パーツを引き渡せば問題ないケースも多いです。

 

マフラーなんてまさにそのもので、たとえとてもうるさいマフラーが付いていたとしても純正マフラーもセットで引き渡しましょう。

 

また、純正マフラーも社外マフラーも綺麗であれば、交換して社外マフラーはヤフーオークションで別に売るというのもありです。

 

どうせ、査定のときには評価されない可能性が高いですからね。

 

ただし、注意点としては査定前についていたものを査定後に外すのはNGです。

 

評価されないのだから良いでしょう?とかは考えないでください。

 

査定したときの状態をたとえマイナスの要因であっても変更してはいけないのです。(査定士が小遣い稼ぎのためにマフラーを外して個人で売買するようなケースもあります^^;)

純正マフラーがあるならば売るときは渡す

マフラーを変えていたときは、たとえそのマフラーがどんなによいものであっても、またどれほど車に合致していたとしても、純正マフラーがあるなら引き渡してください。

 

正直、これだけをネットオークションで売るというのもまあ悪くはありませんが、どうせ売るなら社外マフラーを売ったほうが良いでしょう。

 

さらに取っておいてもただの鉄材にしかなりませんから、ほとんど価値はないでしょう。

 

ですから、車を引き渡すときにはマフラーに限らずに純正パーツがあるなら引き渡してあげてください。

 

査定士がお小遣い稼ぎをしてしまう可能性もありますが、これについてはまあお互い様ということで、あなたの車について少し良い査定額が付いているかもしれませんから、いちいち気にせずに渡してあげてください。

 

まとめると、マフラーが社外品の場合には査定額が低下する可能性が大きいけれども、純正パーツがあるならしっかり引き渡すことでマイナス補正を無くすことが可能ですから、売るときにはガレージなどを少し探して純正パーツがあったら用意しておくようにしてください。

 

以上、お役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】