先に結論から申し上げると残価設定型クレジットを利用して買った車を途中で売ることは結構大変です。

 

でも、車を売る方法が全く無いわけではなく、前例として車を売っている方も多くいらっしゃいます。

 

そのため、確かに面倒ではあるけれども掛かるけれども、残価設定型クレジット途中でも車を売ることは出来ます。

契約にもよって変わるが間に車買取店が入って処理をするのが一般的

残価設定型クレジットを組むときに結構色々な条項について同意しませんでしたか?

 

例えば走行距離はどの程度で、キズが付いたら下取価格に影響があるなどなど。

 

その中で一番重要なのが所有権を留保されていること。

 

この状態では、あなたは勝手に車を売ることが出来ません。

 

当然ですよね。

 

だって車はあなたの所有物ではなく、信販会社のものですから。

 

扱いとしては信販会社所有の車について、使用権をあなたに与えているに過ぎないのです。

 

でも、契約上ではここは難しいところで、一括で返済したとしたらあなたのもののような記述もありませんでしたか?(無い場合には少し話しがややこしくなり最悪の場合には車を売ることが出来ない)

 

私は法律の専門家ではないので、厳密には間違えがあるかもしれませんが、車買取店に間に入ってもらって、この一括返済をして所有権留保を解除するという条項について履行することで車を売ることを可能にしているわけです。

 

つまり、車買取店が一時的にあなたの借入について肩代わりして、その後車を売った代金を精算するような形を取るというわけです。

借入が残らないケースが理想的だが残った場合の処理

特に利用し始めのときは、借入が残るケースのほうが多いと思います。

 

一番の理想は借入金を全部返して、その余ったお金を取得することではじめて車を売ったという実感もわく、つまりは現金を手にするのが最終的なゴールですよね。

 

でもなかなかそれが難しいものです。

 

車を売った代金について精算をしたのちに借入残高が残ってしまったときには、車買取店とのローン契約をすることになります。

 

このことについてネガティブに考える意見もあります。

車を売ったのにまた借入をするという状態に対する意見と反論

確かに車を手放して新たに借金をするなんてナンセンスだ!という主張はうなづけるものもあります。

 

ただし、車を手放さないといけないような事情があるのにも関わらず、車を買ったときの借入について何もしないというのは、お金について困窮している状態を外から見ているから言えることです。

 

当事者にとっては、お金を何とか取得しなければいけない、または支払いを少しでも縮めないといけないと考えているところで、資産を失って借金を減らすだけなんて間違っているとは言えることでしょうか?

 

私はそのような状態、つまりお金に困窮したことがあるので分かります。

 

明日や今月のお金をどうにかしなければいけないのに、そんな正論を言っている余裕などないのです。

 

ただ、言っていることは間違っていませんし、車を買う段階から処分する段階まで全てを理解していればそれが良かったのでしょう。

 

あなたがどう捉えるかは自由ですが、私から言えることはどうか車を出来るだけ高く売ってほしい、これだけです。

借入残高が残らないように車を高く売るのが大切

車を売ると覚悟したのなら、やることは2つあります。

 

  • 残価設定型クレジットで買った車を売る準備がある業者なのかどうかを確認すること
  • 借入残高が残らないように出来るだけ車を高く売ること

 

残価設定型クレジットを精算できるかどうかは、実際に査定を依頼する前に聞いてもよいですし、契約前の最終段階でもよいと思います。

 

査定前に聞いてしまうと査定額が伸びない可能性があり、査定後に聞いてしまうと対応していない業者であるならば車の売却契約が出来ない可能性があり、どちらをとるにしても一長一短です。

 

大手車買取業者では対応しているところがほとんどですが、あなたが交わした残価設定型クレジットの契約によっては対応できないというケースもあります。

 

こればかりは仕方ありませんから、あらかじめ覚悟しておいてください。

 

次に当たり前ですが、出来るだけ車を高く売って借入残高が残らないようにしてください。

 

車を高く売る方法については、簡単にいうと業者間で査定額を比較して、高く買う業者に車を売ることです。

 

そのため、1社のみの査定で売るなんてことは無いように気をつけてください。

 

車を高く売るための方法については、別ページで詳しく説明していますので続きを確認してください。

 

⇒借入を完済し現金を得るために車を出来る限り高く売る方法

 

残価設定型クレジット返済途中の車を売ることは一筋縄にはいきませんが、方法がないわけではありません。

 

借入残高のことも考えると、借金を完済し現金をつかむためにも車を出来る限り高く売ることを心がけてください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】