車所有者が死亡してしまったときには相続手続きをしてから車を売る必要があります。

 

さらにこの相続手続き、状況によってそれほど大変じゃないケースととても大変なケースがあります。

 

もし、あなたが所有者が死亡してしまった車を売ろうと考えているのならば、相続する人間が何人いるかどうかを確認してください。

相続手続きをしてから車の移転登録手続きで売却

順序としてはまずは死亡した所有者から相続をして所有権を移転します。

 

その後に車の登録自体を変更するという流れになりますが、車の登録変更については車を売った相手に委任することが可能です。

 

面倒な言い方を避ければ、相続手続きをすればあなたは車を売ることについて以後の手続きを車買取業者などに丸投げできるというわけです。

相続に必要な手続きと書類は状況で変わる

相続できるのはあなた一人ですか?それとも複数の人がいるでしょうか?

 

あなた一人であれば手続き自体はそれほど面倒ではありません。

 

書類自体は、

 

  • 戸籍謄本
  • 除籍謄本
  • あなたの印鑑証明書
  • 車庫証明書
  • 売却時に必要な書類(詳細はページ一番下)
  • 有効期限内の車検証

 

なお、車庫証明書はあなたと死亡した所有者の住所が同じなら必要有りません。

 

対して、複数の人がいると手間と面倒が発生します。

 

まずは手続き上の面倒が、相続できる可能性がある人間全員の実印(遺産分割協議書に押す)が必要です。

 

これは結構面倒で手間が掛かります。

 

次にたいてい遺産関連でもめている可能性がありますので、全員の同意が必要です。

 

最も同意が得易いのが売却代金を均等に分けるような方法ですが、それ以外では同意を得るのが若干面倒です。

 

つまり、遺産相続できる人が多いと遺産分割協議書に押す実印集めと遺産相続同意させる必要があるのです。

 

さらには全員の関係が確認できる戸籍謄本も用意しなければいけません。

相続後に車移転登録手続きのため陸運支局へ

これは車を売った相手に任せることができます。

 

そのため、車買取店が用意する「譲渡証明書」「委任状」に実印を使用して登録関連に関して委任することになります。

 

売る場合にはここは任せることが出来るので比較的楽ですね。

 

ここで車庫証明書が必要になる可能性がありますので、必要書類をまとめておきましょう。

 

手続きが面倒なのでせめてまとめて書類を取得する

死亡する前に車の所有権を移転しておくととても簡単ではありますけれども、いつ故人となるかは分かるときと分からないとき、またそれが適切でない場面もあるでしょう。

 

ですから、このように手間が掛かることは仕方無いことなのかもしれません。

 

その手間は普通に車を売るよりも多大に掛かるもの、というわけではないですが面倒なのは確かです。

 

出来る限り相続と車を売るときに使える書類で、何回も利用する書類については同時に取得するようにしましょう。

 

印鑑証明書は相続と車を売るときにどちらも必要となります。

 

車を売るときに必要な書類はこちらになります。

 

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住所変更をしているなら住民票

 

相続人があなただけならまだしも、そうでないなら相続手続きは面倒なものになりますので、車を売る手続きをする前に終わらせておきましょう。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】