車を早く売ろうと考えていても、使う用事があれば安易に売ることはできません。

 

そうこう悩んでいるうちに車の価値が下がってしまう。

 

そんなときに便利なのが代車手配ですね。

 

この代車は無料で手配してくれるものなのでしょうか?

大手車買取業者においては代車を無料で手配する用意がある

車買取業者としては、できるだけ早く、そして確実に車を売って欲しいので代車を手配する用意があります。

 

これは小さいところでも手配してくれるでしょうけれど、大きなチェーン店の車買取業者ではホームページで明言しているところもあるので安心ですね。

 

無料で手配するところがほとんどでしょうけれども、期間や場合によっては有料になるかもしれません。

 

売却前、売却後いずれにしても確認しておくことが望ましいでしょう。

7日から14日の代車利用が平均的

多くの場合には、使える代車は1週間から2週間以内の利用となります。

 

これが足りないときにはレンタカーを利用したり、有料の代車利用になるでしょう。

 

ほとんどの場合にはこれで足りることが多いようですが、どうしても長く使いたいときにはちょっとした裏技があります。

どうしても長く代車を使いたいとき

これは車を買い換えるときのケースになりますので、ただ車を売って換金するというケースではレンタカーを利用するのが妥当になります。

 

車を買い替えるときには、買う車の納期が以外にも長引くことって多いですよね?

 

そんなつもりはないでしょうけれども、私は物申したい。

 

「車を渡す気が無いのか!!」

 

車オーナーの車を待たされる気持ちは、納車に1年掛かるような高級車以外ならお金を払ったのだから早く持ってきてくれ!と思っている中、納期延長の後にさらに延長。

 

車の生産計画書を見てみたい!と思うほどにフラストレーションがたまるものです。

 

とまあ、話はずれてしまいましたが、納期の延長は1度ならず2度・3度と繰り返されます。

 

そんなときには買い替えを想定したのに、車がこないとなれば車が無いと生活するのが困難な地域では大変なことになります。

 

ですから、そんなことが起こりそうなときには代車の乗り継ぎを提案します。

 

まず車買取店に売却したときに代車を2週間、期間目一杯利用します。

 

その後、車買い替え業者の代車を利用します。

 

車買取店だけでなく、ディーラーにおいても2週間は無料としているケースが多いみたいですね。

 

乗り継ぎを行うと最大で無料で1ヶ月車を利用することが出来ますね。

 

そして、ここが重要なのが、納期は延長し続ける可能性があるので、先に車買取店、後に乗り換え先の代車を使うというところが大切です。

 

2週間の期間で、車買い替え先の代車を使っていましたが、相手に過失があるような納期の延長なら、代車利用無料期間の延長を申し出ることも可能でしょう。

 

通るか通らないかは業者によるでしょうけれども、多くの場合には通るようです。

 

だって、業者が永遠と納期を延長しているわけですから^^;

 

このような圧力をかけることで、納期が早くなるかもしれません(笑)。

 

つまり、ここで重要なのが代車を借りる順番を間違えないようにしてください。

 

現在、使っているものに関して延長するのと、返してからまた利用をするとなれば交渉のハードルは変わってきますよね?

 

何より面倒です。

 

うまく乗り継ぐことで代車を無料で長い期間使うことが出来るでしょう。

車を売る前に代車が使えるか確認しておくこと

最後に、代車は限りがあるので無料で手配できるとしていても、全部使われている可能性があります。

 

例えば納期の延長によって、顧客から圧力をかけられているかもしれません(笑)。

 

ですから、先に代車を使えるのかどうか、重要な用事があるときには必ず確認をするようにしてください。

 

車を売る上で利用する予定がある場合には、代車を無料で手配する用意がありますから、積極的に使っていきましょう。

 

使えるものは使う、これが現代消費生活の処世術ですね。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】