事故車というと結構広い範囲の車を指します。

 

例えば、ちょっとバンパーをぶつけてしまった場合にも事故車となるかもしれません。

 

車を派手に損傷してしまったら当然事故車であり、これは修復暦車になるかもしれません。

 

また修理していない車を事故車となる場合もあります。

 

ですので、それぞれを事故車とまとめることなく、ここでは分けて考えてみていきます。

 

まずはちょっと車を損傷してしまったケースで、まだ直していない状態です。

修理をしないで査定に出したほうが最終的に有利!

少しの損傷では、修理したほうが査定額がよいのではないか?と考えるでしょう。

 

事実、修理したほうが査定額は上がります。

 

ただし、最終的に金銭的支出と車を売却して得る金銭的収入を比較すると修理しないほうがお得です。

 

どうしても欠陥があるものを査定されるのは気持ちのよいことではありませんが、これには明確な理由があります。

なぜちょっとした事故車は直さないほうが良いのか?

車を直すとなるとそれなりに修理費用がかかります。

 

そして修理すれば査定額が当然にあがるのは当たり前ですね。

 

でも、修理費用で支出した額を査定額の上昇分で回収できるかといえば、ほとんどの場合には回収できません。

 

理由としては、車買取業者は自社内に修理工場を持っているケースや関係会社によって業者価格で修理することが出来るのです。

 

あなたは一般価格で修理を依頼していますが、業者価格での修理では修理工場の利益などが多く付加されている一般価格のほうが高くなるというのは当たり前です。

 

ですから、業者としても自分のところで安く修理できるのにわざわざ高いお金を出して修理してもらったとしても評価できる査定額は業者価格基準になってしまうわけですね。

 

このような事情から、修理はしないほうが最終的に得られるお金としてはお得なわけです。

事故車と修復暦車の違いは大きい

ここまで事故車と修復暦車について、詳細に説明をしていなかったのでこちらで簡単に説明をします。

 

事故車といえば、事故を起こしてしまった車であり修理した車もある意味では事故経験があるということで事故車、当然事故をしてから修理していない事故現状車についても事故車です。

 

修復暦車とは、ちょっと簡単に言い過ぎてしまうとしたら、大きな事故をした車、厳密には現在の自動車の骨組み構造はモノコック構造というもので作られているのですが、この骨組みを損傷してしまった場合は修復暦車となります。

 

このモノコック構造は、軽くて剛性も高く居住性も良いのですが交換が出来ません。

 

そのため、一度損傷を受けると直すことは不可能で、どうしても交換するとしたら全取替えでそれは別の車になってしまうという具合です。

 

ですから大きな事故があって、この骨組み部分の損傷をした事故車は修復暦車といって、とても大きく価値を下げるわけです。

 

今回は分類のお話ですので、修復暦車は事故車の中に含まれるもので、特に程度が酷い事故を経験した車ということで考えてもらえたら良いでしょう。

 

車を買うときには、事故車ではなく修復暦車と記載されることも多くなってきましたので、このような車は大きな事故を経験している可能性があると考えてください。

事故車専門買取業者の印象について

これは私の印象ですが、車を売るときには最終的に事故車が売れなかったら事故車専門買取業者を利用すべきです。

 

というのも、事故車買取専門業者では事故車であることを前提に買取価格が安くなってしまう傾向があるからです。

 

これら業者が扱っているのが事故現状車、つまり事故を起こして修理をしていない状態の車です。

 

言い方が悪いですが、このような事故現状車は安く買うことが出来るので、査定額が伸びにくいのです。

 

誤解して欲しくないのは事故車買取業者が査定をつけないというわけではなく、ちょっとした損傷なら普通の車買取業者を利用すべきということです。

 

素人ではどこまでが酷い損傷なのか判断が難しいですから、車の一部がなくなってしまうような場合を除いて一度買取査定に出すほうがお得でしょう。

ぶつけた・つぶれた程度なら普通の買取査定のほうが良い

買取査定のほうが高く買う可能性がありますので、事故現状車であってもまずは買取査定を利用してください。

 

その結果として、あまりにも酷い事故車だから買えないとなれば事故車専門業者に買取を依頼すればよいと思います。

 

なぜこのように段階的なことが出来るかといえば、それぞれ出張査定が無料なためです。

 

有料であれば決め打ちをしていくべきでしょうけれども、無料ならユーザーが有利なのはどちらなのか、それを気軽に試すことが出来ます。

 

最適な選択を無料で確かめることが出来るということです。

 

まとめると、事故車を売るときは修理をする必要は無く、事故現状車であっても先に買取査定業者に依頼をしたのちに、無理であれば事故車専門業者に買取を依頼してください。

 

以上、事故車を売る上でお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】