車を売るときには査定後、引渡しとなりますがガソリンはどの程度入れておけば良いのでしょうか?

 

車検があるので車については査定士の方が乗って引き取るということです。

 

こんなことまでケチケチするのはどうかと思われますが、ふと疑問に思ったのでよろしくお願いします。

近くのガソリンスタンドまでいける分より多ければ問題なし

さすがに車を自走によって引き取るのに燃料が全く入っていないのは問題です。

 

でも、多すぎるのも逆に問題があります。

 

それは査定時にガソリンの残量の評価は基本的にされないことです。

 

ですから、「ケチケチ」するというよりも、むしろその部分に気が付いたことは経済的な発見をしていますよ。

なぜガソリンが入っていなくても問題が無いのか?

ここはシビアな言い方ですが、評価されないからガソリンが入っていなくても問題ないのです。

 

ちゃんとガソリン残量も査定額に反映されるなら満タンに入れておいても良いでしょう。

 

でも評価されないのにそんなサービスしても仕方が無いですよね。

 

車を買い替える方なら、新しく買った車にガソリンを常に満タンに入れてあげて欲しいと思います。

ガソリンが入っていないと困る問題について

ただし、ガソリンが全く入っていないとなると問題が出てきます。

 

例えば査定時にエンジンをかけて状態を確認しますから、ここでエンジンが掛からないと当然査定額は減額されるでしょう。

 

まあガソリンが入っていないことが明らかならどうかはわかりませんが、業者としてはどんな車かわからないので避けたい、もしくは相当減額したいところです。

 

さらに、ガソリンを補給できないほどにガソリンが入っていないとしたら、車の売主として問題があります。

 

車買取を依頼したのはあなたですから、業者が自走による引き取りをするという事実を知っているのに、ガソリンをほとんど入れないですぐにガス欠になってしまうというのは問題がありますよね?

 

ですから、多すぎることは問題があるけれども、全く入っていないのも同時に問題があるといえるでしょう。

車を売るときは多くガソリンを入れても無駄!少なくてよい

最後にはどうにも歯切れが悪い言い方をしてしまいましたが、つまりは多くのガソリンを入れておく必要は無いでしょう。

 

最近の車はリッター10キロメートルは走りますので、5リットルは入っていれば問題ありません。

 

ガソリンメーターは大雑把にしか確認できませんから、どこまで当てにしていいかは判断に迷いますが、「E」の少し上ぐらいにあれば問題ないでしょう。

 

さすがに20キロメートル車を動かせるのに、ガソリンを入れないで止まってしまったとなれば、それはあなたの責任ではなく車買取業者の担当者不注意によるものになるでしょう。

 

まとめると、車を売るときに必要なガソリンは、ガソリンスタンドまで確実にいける量より少し多めにガソリンが入っていればよいとなります。

 

多いと評価されずにもったいないので、意図して行うのは意外に難しいですが、車を売る前にはガソリン補充をうまく調整してみてください。

 

以上、車を売るときにお役立てください。

あなたは世の中に公開されている
中古車情報が全体の3割であることをご存知ですか?

中古車情報といえば、カーセンサーやGooが有名で、あなたも中古車を買うときにはこれらで情報収集しているのではないでしょうか。

ただ、これらは全体の1/3でしかなく、一般の人がアクセスできるのは従来、ここまでが限界でした。

というのも、中古車情報の編集というのは意外に大変なもので、これら雑誌の編集者は日々大変な手間をかけて雑誌を作っているのです!

そのため、このような労力的限界や業界利益保全の目的もあって、ほとんどの方は3割程度の閲覧しかできなかったのです。

テクノロジーの進歩で閲覧が可能に!

しかし、時代はインターネット全盛期になりました。

今までは編集をしてあなたに雑誌などで届いていた情報はダイレクトにインターネットで閲覧が可能になったわけです!

とはいっても業界利益保全の観点からすべてを見ることはかないませんが、あなたが希望する条件の中古車情報だけなら部分的に提示することはできます。

もしあなたが一般に非公開情報の中古車まで確認したいのなら、好みの条件を決めてからアクセスしてください。

良い中古車を探す秘訣は、少しでも良い条件の中古車があるかどうか、その情報量が鍵を握っていますのでできるだけ多くの情報を集めて、良い選択をしてくださいね。

⇒7割の非公開中古車情報を確認したい方はこちら【利用無料】